five-of-nine.cocolog-nifty.com > スタンリーフォト

小鳥峠のクマちゃん
2011年1月17日大雪
CB1100
807真空管
車の化石
牛首峠、記念碑
車の化石
KWM-2A、内部
KWM-2A、内部
KWM-2A、正面
車の化石
車の化石
飛騨高山のホワイト犬
お地蔵さん
FT-101E
FTdx-9000コンテスト、評
車の化石
アンテナ群
ムセンキ群
ヤエスのムセンキ群
コリンズ、KWM-2A
車の化石

<< 前 | トップページ | 次 >>

FTdx-9000コンテスト、評

FTdx-9000コンテスト、評

メインシャック、メインリグ

カスタマイズはミュー同調ユニット3.5メガ-14メガ、およびデータマネージメントユニット。
ミュー同調はアッテネーター代わりに使用している。あまり効果は感じられない。特に14メガでは無用の長物。

ディスプレイのバンドスコープはスケールを固定し、矢印が動くコマンドのほうが見易い。
筐体の重量は27キロくらいあるので、修理・改造での梱包・移送は困難を極める。
受信音は本体内の2スピーカーのため、そこそこ聞きやすい。送信音は100ヘルツから2900ヘルツに設定している。私はハイファイSSBに興味がなく、普通に聴こえればよい。

固定リンク