« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

CB1100、嫁ぎ先決まる。

CB1100、NO,45
2019年1月7日
P3300005_convert_20150331090815
 委託販売で売り出していた我がイレブン、CB1100がとうとう売れて、本日譲渡契約をしてきた。まさかこの真冬に売れるとは思ってもみなかったし、まさかアノ値段で売れるのも意外だった。
 購入した店でもある例のナントカ男爵では、買取では大30枚くらいであると見積られていた。
 お店曰く、「初期型であり、8年も経っている」、「数が多すぎて値が低い」というわけである。これには自分は納得しなかった。
 雨では走らず、夏の濡れたトンネルも走らずだったので、表面の目立つ錆は無く、エンジンの放熱フィンのメッキも剥げていない。もちろん露天駐車ではなく、ドライな環境保管であった。
 さらにツーリングの前には、いつもワックスがけして、メッキ部分、タンク、ホイールはピカピカにしていたから、一見、新車に見間違える状態であった。
 2回立ちゴケはしたが、キズはミクロサイズで目立たたない。そして走行距離は16000。
 そして、これもまた大28枚したピカピカのアールズギア4本出しマフラーと、2回使っただけのK750シート付き。
 なんでこれがたった30枚なんじゃーーー!!!。納得できん。買取はバツ。アホちゃうか。
 というわけで、自分は30に1.5倍にした額で委託販売とすることにした。
 ここで驚いたのは、委託販売価格は、自分の希望金額に展示手数料が追加された大55枚くらいのものだと思っていたのが、それは勘違いで、バッチリお店の利益が加算され、新品のCB400クラスに手が届く金額になっていたことだ。
 それで「アカン、これは売れない、また引き取ることになるだろう」と悲観していたのだ。委託展示を始めたのは2018年10月末ごろからで、これからオフシーズンになるし、あの値段では2019年5月からが勝負だとずっと予想していたのだが杞憂に終わった。アレコレ考えず果報は寝て待てだった。こんなに早く嫁ぎ先が決まるとは。
 イレブンのオーナーさん。お買い上げありがとうございます。可愛がってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパン、ワルツ、イ短調・遺作

2019年、1月6日
 ショパンの遺作のイ短調ワルツを弾き憶えた。
P1060001_convert_20190106134309
 演奏しやすく可愛らしい曲で、私は10代ころの作品だと思っていたが、亡くなる1、2年前のものだという。
ワルツというよりはマズルカといってもいいのではないだろうか。
 ショパンのワルツ入門曲としては、同じく遺作のロ短調ワルツが有名であるが、この曲のほうがよりやさしく、オススメである。
↑アシュケナージの演奏が素晴らしい。バートン先生のは情感を込めすぎ。
 
 ホロヴィッツの伝記によると、彼の弟子がショパンの新しいワルツが発見されたことをホロヴィッツに知らせると、彼は不機嫌に「ルービンシュタインのところに持って行けよ」と、けんもほろろだったという。このワルツのことだろう。しかし、ルービンシュタインがイタリアで録音した最終版にはこのワルツの演奏は無い。
 1955年に発見されたということだが、1960年代の全音のワルツ集にはこの曲は入っていない。版権の問題があったかもしれない。自分が使った楽譜は1978年に編纂されたドイツの原典版集である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »