« ショパン、ワルツOP34-2 | トップページ | ショパン、ワルツOP69-1遺作 »

猫を飼い始める

2018年10月
 のら猫を半分飼っている。
これがブッサイクなやつで、常に目ヤニが垂れていて、体つきもエサを定期的にやり始める前は他のノラより痩せて貧弱だった。
 飼うようにした理由は、このネコの鳴き声が小さく、やたらミャーミャー鳴かず、「ハウーン」というオネダリしているような可愛い声だったから。この「ハウーン」にはまいってしまう。
 家の周りをうろついているノラは他にもクロ、シロ、サバ、が居て、みんな体格が良く活発でエサを十分もらっているように見えたが、このブッサイク猫だけエサにありついていないようで、私が作ってあげたダンボールのベットもクロなどに押しのけられて占領されてしまうこともあり、彼らに隷属されているみたいで、そんなことも愛おしく感じた。
Pa180002_convert_20181018091518
 このブッサイクは最初は人に警戒してなかなか近寄らないのでオス・メスが分からず名前のつけようがなかったが、しだいに接近し始めたある日、後ろ向きでしっぽを上げたときにニャン玉が見え、オスと判明した。それで顔の目ヤニの模様が歌舞伎の隈取模様みたいなので「カブキ」と呼んでいたが、今は役者名の團十郎にしている。
 大人のノラはなかなか人に慣れないというが、團十郎も最初はエサをやっている最中でも頭を撫でようものなら、反射的に嫌がって退いたが、2か月ほど経った今では、ネコのオヤツをあげた後、自分の膝にピョンと乗ってきて、顔の周りやケツの上のマッサージを「ゴロゴロ」言いながら委ねるようにまでなった。
 これから冬に向けてどんどん寒くなるので、室内飼いに慣れさせようと計画しているが、ノラにはノラの世界があって、外で自由に自然をパトロールできる彼らの幸福を奪うことはできないかもしれない。今でも、室内でエサを食べた後、しばらく部屋でくつろいでいるが、10分くらいで出口を求めてソワソワしだす。それで、冬でも出入りできるバッタン・ドアを部屋のどこかに設置しようと計画している。

|

« ショパン、ワルツOP34-2 | トップページ | ショパン、ワルツOP69-1遺作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/74421470

この記事へのトラックバック一覧です: 猫を飼い始める:

« ショパン、ワルツOP34-2 | トップページ | ショパン、ワルツOP69-1遺作 »