« ショパン、エチュードOP10-1中高年のための攻略法 | トップページ | めっちゃ涼しい »

2010年

洋画メモ、NO,129、NHKBS
1984年、MGM、116分
原題: The Year We Make Contact.
監督・撮影: ピーター・ハイアムズ、 音楽: デイヴィット・シァイア、SFXスーパーアドヴァイザー: リチァード・エドランド
出演: ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン、ボブ・バラバン、ケア・デュリア
---------------------------------------
 劇場でリアルタイムで観て、ブラウン管テレビで2度見、今回、ひさしぶりにBSで再見。
エドランドの当時のアナログな特撮が現在観てもあせない。ミニチュア制作・宇宙船の巨大感、存在感が素晴らしい。
 ただし、木星表面上のCG雲の動きは視覚的には素晴らしいが、天文物理的には秒速100メートルの嵐といえども宇宙から雲が動いて見えることはありえず、これはやりすぎだ。
 このCG発注で制作費をかなり取られたせいなのか、宇宙船内の造りにアラが出ている。特にディスカバリー号の内部は、鮮明なBS映像ではハルの目玉付近などにクローズアップするとベニア板のような安っぽさが感じられる。
 さらに劇場で当時観たときから看過できないのは、そのディスカバリー号内部のコンピューター・ディスプレイが、「2001」では21世紀現在で我々が目にしている通りのフラット画面であったものが、これがなんと時代錯誤なCRT(ブラウン管)に置き換えられていることだ。
 映画が制作された1984年当時の撮影ではまだ普及していないフラットテレビの採用は無理だったとしても、これはもうプロダクションデザイナーの未来感覚の欠如か怠慢のなにものでもない。木星のCGなどに予算を組まず、こういうところに金を使って「2001」制作当時の方法を踏襲すべきであった。(プロジェクターで動画を裏側から投影させる方法)
P6290001_convert_20180703084452
↑CRTディスプレイのせいで、2001年より退化してしまった2010年のディスカバリー号。こんなことで、「2001」ファンをガッカリさせてはいけない。
 
 また、回転式人工重力部ではないセクションで出演者がスタコラ歩いているという物理的なエラーが目立つ。
P6290002_convert_20180703084821
 「2001」でもこういうエラーシーンはあったが、グリップシューズで床に足をくっつかせているという設定で、ワザと鈍い歩き方にしているのだが。
 
 一人の陽気なロシアンクルーがモノリスに接近し、不明になっただけで命を落としたと断定しているシーンが、なんかピンとこない。モノリスから平和メッセージ音声も地球に送られるという筋を付け加え、その行方不明になった彼の音声にすれば良かったのでは。
 ケア・デュリアという面白い名前で、今だ他の出演作品を観たことがないという地味な俳優さんが、「2001」の出演時から全然容姿が変わっていないのに驚く。撮影からほぼ20年経っているというのに。(特殊メークで若作りしているかもしれないが)
 
 ヘレン・ミレンのロシアなまりの英語を駆使した演技が上手い。

|

« ショパン、エチュードOP10-1中高年のための攻略法 | トップページ | めっちゃ涼しい »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/73791782

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年:

« ショパン、エチュードOP10-1中高年のための攻略法 | トップページ | めっちゃ涼しい »