« ショパン、エチュードOP10-1再び練習する | トップページ | 2010年 »

ショパン、エチュードOP10-1中高年のための攻略法

 私のように、中高年となられてピアノを再開されたアマ・ピアニストで、ショパンのこのエチュードをどうしても弾いてみたいとお考えの方々。スローテンポでもいいからお終いまで弾けたらなと練習を始めたところ、演奏困難箇所にぶち当たり挫折してしまった方々。
 そんなピアノを嗜む紳士・淑女に、オクターブしか指が届かない自分が、不肖ながら鼻毛ぬきつつノホホンと考えた、姑息??な攻略法をお伝えします。
 まず第一に、私たちは体の成長はストップして、手首は固まってしまっているので、若い人がやっているようなクラマーなんとか・・・チェルニー何十番・・・などの難易度の高い練習曲によるハードな予備練習はお止めになったほうがよろしい。残された人生は短いのでこの際近道でいくべきで、音大を受験するような努力は指を痛め、徒労に終わるだけです。        
 自分はこの曲を弾く前はハノンを数曲弾いて指をウォーミングアップする程度ですませています。
 その次の予備練習としてはユーチューブで知った、右手を三連符にして弾く方法。指が広がる真ん中部分は和音にする練習が身になります。
 この練習は本当によく効きます。ぜひやってみてください。なんなら弾くにくいところはしばらく三連符式で弾いておけばいい。しだいに右手が柔軟になっていくのが分かります。
 そして、この曲を弾いていて最も悩ましい、いやショパンが我々に与えた修行とも言える30小節からの苦難の運指法について。
 ここは楽譜の指示通りで弾くのが本道だけれども、音楽的にはしっかりしたフォルテ音で弾くべきところを、自分の場合、無理をして突っ張った指の弱い音でヘナヘナ弾くと、盛り上りに欠ける演奏になってしまいます。
 
 そこでこの運指法(赤字)を実践してみました。
まず30小節目の最初に出くわす、薬指を痛めそうなあのいまいましいやつは・・・
P7050001_convert_20180705110357
↑(コルトー版)、ゼンオン版では5・4・2・1
これで解決できます。
32小節もこの要領で5・2・1・2とやります。
P7050002_convert_20180705110439
どちらも最後の2指は黒鍵と黒鍵の間の白鍵ではなく、手前の白鍵に指を当てます。
↓35小節目昇り、4と5の広がりが難しい方は、こうしましょう。これはショパン的運指で、これを見た彼もニガ笑いするのでは。それとも怒り出すか。
P6260004_convert_20180626095753
↓そしてその下り36小節も1と2の捻りを利用。
P6260005_convert_20180626095838
48小節、再現部直前の大アーチ下り部分も1と2の捻りで弾く。
P6270001_01_convert_20180627092053
 
 以上の運指で弾くと、強いフォルテ音で演奏することが出来ます。ただし、これはこれで結構難しいのですが、少なくとも指を痛めることはないでしょう。
 
 また、左手の指を使う方法は、この小節でおなじみ?ですね。
P6260001_01_convert_20180626095535
これはエンディング大アーチでもやれますな。
P6260006_convert_20180626095944
 以上。ピアノの先生が見たら卒倒するかもしれないですが、一応最後まで曲を弾き通す手段の一つとして試してはいかが。同時並行で楽譜通りの運指も気長に練習していきます。
 
 以上、これは、あくまで私的な攻略法なので、たかがピアノ音楽だと思って楽譜の運指に拘らず、あきらめず、悩まず、気楽にやってみて下さい
 

|

« ショパン、エチュードOP10-1再び練習する | トップページ | 2010年 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/73751353

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン、エチュードOP10-1中高年のための攻略法:

« ショパン、エチュードOP10-1再び練習する | トップページ | 2010年 »