« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

ショパン、マズルカOP30-3

2018年、2月、ショパンのマズルカOP30-3を弾き憶えた。
 短い曲なのに、かなり弾きごたえのある曲で、ショパンのマズルカの中でも名曲に数えられると思う。ピアニストもリサイタル、録音でマズルカを弾くとなると、たいていプログラムに入れる1曲。
 聴いても、弾いても何が魅力があるのかというと、まず、ff(フォルテッシモ)とpp(ピアニッシモ)の極端な弾き替えが面白いというのがある。まさに現代のグランドピアノの魅力を引き出せる曲なのだ。ピアニストがこの曲を好んで演奏するのもそういう魅力があるからだ。
 ショパンの時代のピアノはダイナミックレンジも狭く、残響時間も短いので、ショパンがタイムスリップして今のこの曲のコンサートグランドピアノによる演奏を耳にしたら、ホール全体に轟くff音と、ホールの隅にも届く繊細なpp音の表現力に驚愕するのではないか。そんなことを想像するのもまた面白い。ショパンは強弱記号にpppやfffを使うことは極めてまれだが、もし現代のグランドピアノで作曲したら、ロシア後期ロマン派のようにffff、ppppなんて記号を楽譜に表記するかもしれない。(ただし、鍵盤の重さに閉口するだろうな)
 中間部の微妙に転調して変化するフレーズもマズルカらしく楽しい。自分はこのフレーズの左手の和声変化も好きだ。
P2270006_convert_20180227092016
 
再現部手前の共鳴効果をねらった押さえっぱなしのF音・・・・この部分はホロヴィッツの演奏が記憶に残る・・・・は手の小さい人泣かせのところで、自分は小指で弾くバス音の届かないところは右手を交差させ人差し指を使う。(ただし、右手の最後の6度の和音が途切れるので一瞬だけペダルで音を保持させる)↓
P2270007_convert_20180227092058
P2270008_convert_20180227092229
↑バスの♭Eと10度音程のB音に指が届かない。
 ここは残念ながらソステヌートペダルは使えないが、ユーチューブを見ると、右手の指と交代して弾いている人もいた。
 何度弾いても楽しい曲で、また三度や六度の練習曲としても、チェルニーのつまらない練習曲を嫌々繰り返すよりよっぽと身になる。
 
ホロヴィッツの名演奏
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいじょぶかいな、ファルコン・ヘビーロケット

スペースX社の大型ロケット、ファルコン・ヘビーが2018年2月初旬に打ち上げ成功した。
 ロケット開発史上、成功したものではサターン5型の次に匹敵する打ち上げ能力ということで、ロケットはまた新たなステージに入った。
 このロケットのスゴイところは、リフトオフではシンプルなロケットエンジンを同時に27個も点火していることで、これと同じ多エンジンクラスター型としてはエンジンを30個点火させた旧ソ連のN-1が該当する。
N1
 このように沢山のロケットエンジンを束ねると、エンジンの一つ二つが故障して停止する確率も高くなり、その対策が必要となる。
 その方法は一つが万一停止すると、その対角線上のエンジンも自動で停止させ、ロケット全体の推力バランスを保つというもので、N-1でその方式が採用された。
 たぶんファルコン・ヘビーもこのようにプログラムされていると思う。
 
↓ファルコン・ヘビーのエンジン配置Photo_2
Aのエンジンが故障停止したら、Bのエンジンも自動で停止させる。
 
 少なくともエンジンを二つ停止させるので、全体の推力はかなり余裕を持たせなければならない。
 ただし、ロケットがガントリーで上昇し始めた数秒でエンジンが4ペアの八つも停止したら、全推力が不足してミッションアボートとなり、なんとか海上上空まで横移動させてから自爆というシーケンスになるだろう。ガントリーの上空で落として地上爆発を起こすと施設がエライ損害を被るからだ。
 と、自分みたいなド素人がエラそうに述べたけれど、世界のロケット工学者も、よく27エンジンクラスターを試したものだなと驚いているのではないか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »