« 幻想即興曲を楽に?弾く法 | トップページ | 北のアノ国は・・・ »

ある日どこかで

洋画メモ、NO、127、NHKBS
1980年、ユニバーサル、103分
原題: 「 Somewhere In Time.」
監督: ヤノット・シュワルツ、撮影: イシドア・マンコフスキー、音楽: ジョン・バリー
出演: クリストファー・リーブ、レイ・スターク、クリストファー・プラマー
 
------------------------------------------
 タイムスリップ物のSFなのだが、低予算で制作されたので、タイムマシンメカの設定やスリップするのに合成シーンなどは無い。ベッドに横になって過去を瞑想するだけで時間旅行ができるというから、これはこれで金の掛からないウマイ方法を考えたもんだ。
 
 撮影はミシガンのグランドホテルで行われた。ちょっと敷居が高そうなホテルで、私のような田舎者の日本人が泊まったら、居る場所に困るような雰囲気の場所。
 
 音楽はラフマニノフの「パガニーニ・ラプソディー」18変奏が使われていて、主人公はこの曲を愛聴している。ラブロマンスにもってこいの選曲。流れている演奏はピアノよりオーケストラ・パートの扱いがなかなか印象深い。
 尚、ストーリーの舞台は1910年代だが、この曲は1930年代に発表された。
 
 
 ホテルの湖畔のガーデンであの当時のエエトコの子女が佇んでいる描写は、構図は違うがあの有名な絵画にソックリ。
 
Photo
 
 終盤で、主人公は現代に戻ってくるのだが、こんな終わり方でいいの?、とガッカリする観客がいるかもしれない。自分にも何か物足りない結末。それに懐中時計はどうなったんだ。
 
 クリストファー・プラマーが出演していて、例の映画のトラップ家を模したオマージュカットがある。
 
 もう一方のクリストファーはこの映画の後、落馬で人生が変わる。スーパーマンではなかった。惜しい、もったいない。合掌。
 
追記: 
 気が付かなかったが、撮影フィルムには現在のシーンではコダクローム、1910年代の過去のシークエンスの撮影には淡い色調のフジフィルムが使われているという。今だったらこういう画質の調整にもデジタル処理で済ませるだろうが、当時のフィルム撮影の映像も奥行きが感じられていいものだ。
 
 
 
 

|

« 幻想即興曲を楽に?弾く法 | トップページ | 北のアノ国は・・・ »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/70617073

この記事へのトラックバック一覧です: ある日どこかで:

« 幻想即興曲を楽に?弾く法 | トップページ | 北のアノ国は・・・ »