« 仮面ライダーエグゼイド | トップページ | 「スパイ大作戦」のやり方 »

クインシーの「ソウル・ボサノバ」

 
 
 この音楽、つい最近までクインシー・ジョーンズの曲だと知りませんでした。sweat01sign03
彼のファンからすると「えーーーーsign01sign03sign02」・・・でしょうか。サーセンthink
 
 しかし、こういうことは誰でもあるんではないでしょうか。ずーっと気になっている音楽・曲なんだけれど、誰の何という曲だろうか。ちょっと知りたいな。
 でもまあ調べるまでもなく、もののついでに分かればいいや。というやつですな。
 10年ほど前から、スマホなどにメロディーを口ずさむだけで曲名を教えてくれるアプリもあるようですが、そんなシチメンドクサイものは中高年のGGIは使う気力がありません。
 
 さて、この曲、私と同世代で中部地方にご在住だった方々は、学生時代にラジオから流れる名古屋モード学園のCMテーマで覚えたという記憶があるはず。
 自分もそうで、それ以来40数年以上、いい音楽だからレコードでも買おうというほどのことでもなく、気に食わない曲ということでもなく、テレビやラジオ、スーパーマーケットなどで流される、ピッコロとフルートの二重奏
 
 「ツィラタ・タタ、 ツィラタ・タタ、 ツィラタ・タタ、 ツィラタ・タタ、・・・」
 
 というシツコイ動機の繰り返しに、いったいこれはいつまで続くんだろうと面白がってノホホンと聴いておりました。これはメディアが長いイントロ部分を省いて、この繰り返し部分だけを流しているせいでもあると思う。
 全体を通しで鑑賞すると、「ツィラタ・タタ」は8回のリフレインを2組×2演奏し、2組目は伴奏も変えて飽きさせないよう巧妙に作曲されているのが判る。弾むシンコペーションリズムもあいまって、誰の耳にも忘れられない強烈な印象を持たせる名曲ですな。
 イントロ部分のピアノの強烈な三連符連打もカッコイイ。
 
 尚、自分は中学2年のとき、クインシー・ジョーンズのLPを購入しております。
「ドッタラット・ラッター」のアイアンサイドや、「WHAT`S GOING ON」など、後にTV「ウィークエンダー」でおなじみになった曲が入っているヤツです。そのアルバムにはソウル・ボサノバは入ってなかったのです。
 Q・Jファンの方々、ソウル・ボサノバの名を知らなかったこと、これでお許しくだされ。
 
 
 

|

« 仮面ライダーエグゼイド | トップページ | 「スパイ大作戦」のやり方 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/70159808

この記事へのトラックバック一覧です: クインシーの「ソウル・ボサノバ」:

« 仮面ライダーエグゼイド | トップページ | 「スパイ大作戦」のやり方 »