« WTC・平均律第2巻1番プレリュード | トップページ | The Martian.(オデッセイ) »

CB1100、兄貴分と並ぶ

CB1100、NO,38

 2016年6月4日午後、いつもの山坂道、R158、飛騨市数河峠を下り、神岡町の道の駅で一服。

 標高およそ900メートル近い峠の頂上の温度計は21度を指していたが、そこから500メートル?くらい下った神岡町では26度くらいの体感温度だった。フェーン現象というやつである。これくらいの気温からライダーは疲れを感じ始める。

 そこで、体力温存のため、道の駅では450円という高めのソフトを食べたが、ちっとも旨くなかった。濃厚な乳脂肪の味を期待したのだが。

 さて、帰ろうとバイクの前でメットを着けていると、自分の後から停車していたホンダ金翼のオーナーさん(たぶん自分と同年代の男性)が近づいてきて、イレブンの4本出しについてお尋ねなられた。

P6040001_convert_20160605100758

 「CB750の音を再現したと聞きましたがどうですか」というので、キーを廻し一瞬3000回転まで吹かしてみせる。違法マフラー装着ハーレーのダラビチ下痢便音よりは、はるかに音はおとなしく、はるかに良いサウンドだと思うけれど、道の駅のお客にとっては所詮ウルサイ騒音なので、即座にエンジンを停止。自分も本来、カラ吹かしという無意味で迷惑な行為は嫌いなのです。

 さて、どんなものか、自分はCB750の排気音を生で聴いたことがなく、金翼氏もそのようで、お互い結論を得られない表情でおわった。

 今度は自分が金翼について教わると、この重量450キロのバイクは立ゴケしても起こすのは案外難しくないということが分かった。重心が低いうえに、目立たないエンジンガードとリアガードが機体を高角度状態で支えるため、ベタっと倒れず訳なく起こせるようだ。

 これは、知らなかった。ずーっとこのバイクは倒れたら起こすのに、自分以外の助っ人が要るだろうなという固定観念を持っていたのだが。

 金翼に取り付ける低速時に飛び出すランディング・ギアのような側車が販売されているが、あんものは要らないと金翼氏は仰った。

 なるほど、勉強になりました。うーん、白いゴールド・ウィング。カッコイイ。見なおした。ちょっと欲しくなった。でもタケー。

 その後、兄貴分(本当はCB1100の兄貴はCB1300なんですけどね)の金翼氏は富山市へ、自分は高山市へ離陸・帰還したのでした。

|

« WTC・平均律第2巻1番プレリュード | トップページ | The Martian.(オデッセイ) »

CB1100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/65854407

この記事へのトラックバック一覧です: CB1100、兄貴分と並ぶ:

« WTC・平均律第2巻1番プレリュード | トップページ | The Martian.(オデッセイ) »