« ベートーベン「英雄」第二楽章の柱時計 | トップページ | CB1100ぼちぼち走る »

刑事コロンボのメシ

P5030027_convert_20160503091624_2

・ブラックコーヒーにゆで卵、そしてピーナツバターを塗ったパンにレーズンを乗せ半分に折ってサンドイッチにしたやつ。

 刑事コロンボのメシというと、旧作ではクラッカーを砕いたやつをチリソースにふりかけるというもの・・・(あれで腹の足しになるのかね?)・・・だったようだけど、これが1990年代のシリーズとなると、↑のメシが追加された。

 これだって腹の足しになるのか分からんけれど、レーズンはカロリー追加となって多少、忙しい捜査活動でのエネルギー不足を補えるかもしれない。

 で、どんな味か試そうと、ピーナツバターはアメリカのもので作ってみました。

 たいして旨いもんじゃありませんな。レーズンがゴリゴリする。

 あるエピソードでは、コロンボが捜査現場の人んちの冷蔵庫から勝手にジャムを取り出して、さらに上塗りして食べようとするシーンもありましたが、どうやらそれが彼の一番贅沢な携帯食のようだ。

 アメリカ人の弁当というと、ピーナツバターのサンドイッチが定番のようで、それに追加でジャムやゼリービーンズを挟むという、日本人からみたら味覚音痴と言えるような食べ方をする。

 新・刑事コロンボは最近のBSで観るようになりました。初見であります。

 今のところ一番印象にあるのはミセス・コロンボが殺されるというエピソードかな。彼女を埋葬する墓地のシーンから過去にフラッシュバックするというのが今までになく、ちょっと変わってて面白い。

 でも、ドライな旧作と違い新作シリーズは、なにか人間関係や男女関係のドロドロが目立って、自分の好みではないです。ファンにも賛否両論の声があるようですな。

|

« ベートーベン「英雄」第二楽章の柱時計 | トップページ | CB1100ぼちぼち走る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/65288725

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事コロンボのメシ:

« ベートーベン「英雄」第二楽章の柱時計 | トップページ | CB1100ぼちぼち走る »