« 座頭市 地獄旅 | トップページ | バッハの後妻、アンナ・マクダレーナの作曲 »

CDプレーヤー換えたった

 2016年3月30日

 ほぼ15年使ってきたデノンのCDプレーヤーが作動不良になったので、昨日新しいものと交換した。

↓お役御免となったヤツ。値段はたしか3万くらいのものだったと思う。

P3300002_convert_20160330090807

 これは、まず4.5年前から円盤の出し入れが不調となって、たびだひ蓋の辺りに指パッチンでショックを与えないと円盤ホルダーが出てこなくなった。また、一旦飛び出してすぐまた閉じてしまうという人をオチョクッタ動作まであった。まあ、これはどのCDプレーヤーでも共通の最初に現れる経年劣化不良でしょう。

 こうなっても再生はちゃんとできるので、だましだまし使い続けたけれど、これが、とうとう昨年あたりから再生音でも問題が発生した。

 「パサッ、パサッ・・・」というノイズ、それに「パチッ、パチッ・・・」という静電気的ノイズまでも発性するようになり、レンズクリーナーを使ってもダメとなりました。とうとう絶命と判断。15年間ありがとう。

 それでアマゾンから取り寄せたのがヤマハ・CD-S300。注文して20時間で到着。

P3300003_convert_20160330090911

 前の機械の位置にスッポリと納まる。もちろん、納められることを計算して機種を選定したのだけれど、どのメーカーもオーディオ機器の横幅のサイズはアンプであれプレーヤーであれ、ほぼ同じで、機種交換ではX軸方向への空間的不便が起きない。不思議なもんですな。なにかメーカー間での取決めでもあるのでしょうか。

 さて、コイツの評価。

 中高音の明瞭度が上りました。モーツァルトのシンフォニー40番では、以前よりビオラ、バイオリン、管楽器が冴えますな。ピアノ音楽はまだ聴いていないのでなんとも。

 低音は変化無し。もっともチッコイ・スピーカーでアンプは出力10W+10Wなのでこんなものでしょう。ドン・シャリというけれど、もともと自分は低音のドン・ドンは抑え目が好きなので気にならない。

 コイツの機能にはディスプレイのLED表示を消して、そこから発生するノイズを抑えるというのがありますが、その効果は自分には分かりません。

 以上は真空管・半導体ハイブリットの中華アンプにオンキョー小型スピーカーを接続してのレポート。

 メインのデノン半導体アンプ・・・出力40W+40W、日立エジンバラ151・スピーカーでの再生はまだ試していないので、どうなるのか楽しみ。

P3300004_convert_20160330090940

↑普段はデノンのヤッスイ・アンプを2台使用して、それぞれ片チャンネルだけ使うという「2階建てアンプ」というやり方をしてます。これも15年前の設置だけど、マアマアのサウンドだと思いますよ。

 まあ、家一軒買えるほどのシステムを使ったマニアの方から鼻で笑われる「貧乏人オーディオ」だけれど、彼らが使っているハイエンドのスピーカーケーブル5メートル分か、インシュレーター5コくらいの費用だけで結構いい音が出ていると思うと、自己満足でもニヤニヤしてしまう。

 ナニ?、世間はハイレゾだって?、アナログ円盤プレーヤーもあるからイイッス。そのうちに。

|

« 座頭市 地獄旅 | トップページ | バッハの後妻、アンナ・マクダレーナの作曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/64719374

この記事へのトラックバック一覧です: CDプレーヤー換えたった:

« 座頭市 地獄旅 | トップページ | バッハの後妻、アンナ・マクダレーナの作曲 »