« フランソワのショパン・バラード1番 | トップページ | 雪が降らない »

昔のりんごが喰いたい

Photo

 本日のシロちゃんファミリーの、のせ猫儀式、石抱きの刑は紅玉りんごによるものだった。

 この紅玉という林檎がまだ栽培されていることに、ちょっとうれしさを感じた。

 というのも、今時スーパーでは、こういう酸っぱいリンゴは並んでなくて、めったに口にできなくなったからだ。シロちゃんちで栽培しているということは、ネットなんかで探せばなんとか食えるかもしれない。まったく生産停止になったわけではないんだね。

 ワシの子供時分、昭和30年代から40年代前期では、りんごというと、国光かこの紅玉だった。そして家の茶箪笥に鎮座しているワインは赤玉だった。わかるかなー、わっかんねーだろーなー。

 また、あの紅い酸っぱい林檎が喰いたい。

 スーパーの店長さんよ、仕入れてよ。アップルパイを作るには酸っぱいリンゴのほうがいいんだよ。

|

« フランソワのショパン・バラード1番 | トップページ | 雪が降らない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/63042261

この記事へのトラックバック一覧です: 昔のりんごが喰いたい:

« フランソワのショパン・バラード1番 | トップページ | 雪が降らない »