« 妖怪百物語 | トップページ | 樹木はバッキバキ »

マコさん、柔道ウメー

 先日、BS12で「泣いてたまるか」を観ていたら、ゲストに岩松マコさんが出演していた。

 この番組は1966年ごろ制作されていたので、恐らくマコは「砲艦サンパブロ」の出演後、日本に呼ばれたのだろう。あるいはプロモーションのついでかもしれない。彼の役柄はアメリカから短期の英語の先生として日本の高校にやってきたというもの。

 その一シーンで柔道部の部員が彼に柔道の相手をけしかけるのだが、部員は意に反して彼にコテンパンにやられてしまうのであった。

P5020018_convert_20150515103416

 その時のマコの払い腰や足払いの技の見事なこと。カッコイイのなんの。

P5020019_convert_20150515103502

「いっぽん!!!」、 下窓で覗いている一人は沢田雅美。

 ま、演技ですから相手はワザとセーダイに掛けられていますけど、動きも素早く素人でないことはよく分かる。マコさん柔道もやっていたのですな。

 「砲艦サンパブロ」では港の桟橋でゴロツキどもに追いかけられた彼は全力疾走しているけど、このカットで相当な運動神経の持ち主だと感じていたものです。

 ・・・その後、彼は桟橋の柱に縄でつるし上げられますが、撮影時、本当に痛く苦しかったとDVDのオーデイオ・コメンタリーでマコさんは語っておりました。蛮刀で胸を切られ血が滴るカットの小道具の仕掛けもバラしておりました。

|

« 妖怪百物語 | トップページ | 樹木はバッキバキ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/60005261

この記事へのトラックバック一覧です: マコさん、柔道ウメー:

« 妖怪百物語 | トップページ | 樹木はバッキバキ »