« 初春狸御殿 | トップページ | ロボジー »

カッコいい音楽、バッハ平均律、2番

 自分の音楽ボキャブラリーはたいしたことはなく、円盤を使った鑑賞でも、いままで聴いてきたクラシック曲では、せいぜいLPレコード100枚、CDでは200枚くらいのものだけれど、その中でもっとも「カッコいい音楽だな」と感じた1曲はバッハ・平均律・・・第一巻の2番のプレリュード。

P10600041_convert_20150113105756

 なぜカッコいいのかと申しますと、このトッカータ風の律動が何事にもブレずに、意志を貫いて邪魔するものを蹴散らすがこどく、暴走機関車のようにグングン突破していくからです。

エレキで奏したのがコレ↓

「かっけー!!!!!」

2ページ目の終わりにもって行く展開もカッコいいのです。

P10600051_convert_20150113105826

 ちょっとしたレシタティーボ(叫び答えるような展開)で、なにか大事件の終局に向かうようで、これはもうロマン派の音楽。ショバンのプレリュードにも影響を与えたと思われます。自分でも、お終いの4小節は弾き終わって「カッケー」と呻ってしまいます。

 この曲は練習曲としても優れていて、つまらないハノンなんかの練習に嫌気がさした人は、この楽譜を指慣らしの一曲としてピアノの譜面台に置いていても損は無いですぞ。

↓グールドの演奏と楽譜。自分はこの演奏はあまり好みではない。

↓素晴らしい演奏。拍手shine

|

« 初春狸御殿 | トップページ | ロボジー »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/58567314

この記事へのトラックバック一覧です: カッコいい音楽、バッハ平均律、2番:

« 初春狸御殿 | トップページ | ロボジー »