« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

ベートーベン7番弾き終える

 終わったどー。

 2014年8月から始めたリスト編曲・ベートーベン交響曲7番第2楽章の攻略がやっと11月の中頃で終了した。3ヶ月もかかってしまったのは、そろそろ老人力がついてきたおかげ。・・・赤瀬川さん、天国でもトマソン見つけてね・・・・。

 弾き通すと10分かかる、私にとっては初めての大曲で、暗譜した最初のぺージも今ではまた楽譜を開かないと弾けなくなってしまった。

特に時間がかかったのがこのページ。

Pb180004_convert_20141118095612

Pb180005_convert_20141118095630

↑対位法が使ってある変奏。カツァリスの演奏で21分あたり。

 これを私のような下手くそは、モチーフが上手く引き出せない。内声部のスタッカートをバタバタと強く弾いてしまうのです。フォルテシモになった見せ場も運指が難しい。そこん所はカツァリスの演奏などは素晴らしいです。やっぱり演奏家は違う。

 でも、楽譜から鍵盤に置き換えるのは楽しかったです。この楽譜を校訂されたピアニストの小林仁さんも、楽しい作業だったと後書きで述べておられました。

 ベンちゃんの作曲の極意(動機労作)が良くわかりました。タータッタ・ターターという主題とモチーフの使い方、改めて作曲のプロだと感じますな、彼は。

 リストがピアノ化にあたって苦労している様もジワジワと分かります。ピアノは弦楽器・管楽器のように音を持続できない。ここにどうしても無理やゴリ押しが生じる。そういう無理はこの曲では少ないけれど、5番「運命」、6番「田園」の編曲を聴いたところ、私でも一台のピアノでオーケストラの楽器編成を代用する限界を感じた。

 この編曲は練習曲としても優れていると思う。右手でレガートとスタッカートを同時に弾く練習(最初のページ)、三連符とのクロスリズムの練習や↑対位法の練習など。アマチュアピアニストの方、ぜひこの名曲を練習曲として利用してみてください。チェルニーなんかよりよっぽど楽しくピアノを続けられますよ。指が届かない10度音程の箇所はオクターブ移転やアルペジオでやってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KLX125、2014年ラストランか?

原付2種ツーリングメモ

2014年、11月11日、晴れ、最高気温18度。

 これまた久しぶりにKLX125を走らせた。

Pb110005_convert_20141114085653

↑高山市リンゴ畑。高山の林檎はウマイす。

Pb110010_convert_20141114085752

↑高山市丹生川町かな?。乗鞍岳はちょっと冠雪。最近、クマちゃんの出没多し。鉢合わせたらドーシヨー。

 と、いうことで、恐らく今年最後のKLX125離陸でした。明日から寒気が日本列島にやってきて、最高気温も12.3度前後となりそう。KLXで走るには最低15度の気温は欲しいですな。

 2014年度は1000キロも走っていないです。12月で5年経ちますが今だオドメーターは15000キロ未満。来年はどうかな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒソヒソ声ナレーションは苦手

Guide_type_a2

 最近のテレビ番組で、世界遺産や大自然・絶景を紹介する内容のナレーションは、おしなべて女優さんによる声のトーンを押さえた低めのヒソヒソ声になっているものばかりなのは、どういうことなのだろうか。

 おそらく・・・・ これから後世に伝えるべく、こういう世界遺産というモロく繊細なものは、ヤボで大きな声を掛けると壊れてしまいそうなので、小さな声で解説しますよ。みなさんも聞き耳たてて、ソォーッと見てください。そうやって、みなさん現場に赴いても大事に大事にしましょう。自然に生息するか弱い動物たち、小鳥たちを脅かさないように、地球にも優しい、静かな・しずかーなオ声のささやき声で語って見守りましょう・・・・

 というディレクターさんの演出なのだろうけど、私、アレ、あのヒソヒソ声、苦手なんですわ。

 女優さんの発声だから、滑舌は悪くないのだけど、全体に低周波ぎみの声の響きがテレビの筐体にフンフンと微妙に共鳴してしまい、耳に不快なうえ、ちょっと聴きづらくもあるのです。

 これを録画しておいて、1.3倍モードで再生すると周波数が上り、ちょうど良い感じに聴こえるので、番組のディレクターさんよ、もう少し声のピッチを揚げて喋ってもらうようにしてくださいな。

 一方・・・・ベテランアナウンサーさん、特にNHK・ヒストリアなんとかの渡邊あゆみさんなどは、逆に声が大きいのはもちろん、滑舌が良すぎて、口の周りを動かす筋肉が活発に動いているのが分かり、これがまた私には気になって聴いていると疲れてしまう。つくづく自分はウルサイ人間だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »