« ありがとう | トップページ | 高山祭ぶらぶら »

日本の特撮は世界一だ!!!

・・・・・と大きな声でお叫びになった御仁がおられた。

 今から35年ほど前だったか、日本テレビ「ほんものは誰だ」という土居まさる司会の番組でのことである。

 その、プログラムの内容は、3人の紹介者のうち、だれが特撮のエキスパートであるかを当てるものであったが、正解により素性が明らかになったその特撮スタッフが、日本の特撮の一例として・・・

 (多分にそれは、いかに日本の特撮技術がスゴイかという意思表示を感じさせた)

 ・・・スタジオでミニチュアをセットし披露したデモンストレーションは、円谷特撮で「ゴジラ」から延々と行われてきた以下のお馴染みのカットの再現であった。

004_convert_20140402090244

↑1954年、「ゴジラ」

005_convert_20140402090312

↑1956年、「ラドン」

 このミニチュアの戦闘機に火薬を装填したミサイル(ロケット弾?)を発射させ、ワイヤーでガイドさせる特撮が、デモとして再現、紹介されていたのだが、これが意外であった。

 はっきり言って自分は、円谷特撮映画を見始めた少年のころから、この特撮が、今さら、これ見よがしに再現するほどにスゴイ特撮だとは感じていなかったからである。

 いや、それどころか、飛行機のミニチュアの造りと撮影は雑でオモチャっぽいし、ミサイルをガイドするワイヤーははっきり見えてしまっているし、ミサイルの発射・飛行方向がランダムでいい加減で動きがチョコマカしているので、円谷特撮のなかでも自分にとっては見たくない、嫌な特撮カットだったのである。

 この、当時、既に「スターウォーズ」や「未知との遭遇」のsfxが巷で話題になっているときに、番組に出演した日本の特撮スタッフは、過去の使い古した特撮技術を「ゴジラ」から四半世紀近く経ったテレビ番組のスタジオで、相変わらず雑なミニチュアモデルを使い、ワイヤーを張ったミサイルを「パン・パン・パン」と飛ばして見せてくれたのである。得意げな顔で・・・。

 当時、自分は高校生だったか浪人生だったかは憶えていないが、これにはあきれてしまい、顔が赤くなるのを感じたことだけは憶えている。

 「円谷特撮でも他に優れたものがあるではないか・・・例えば高圧ガスの噴出を利用した爆発水柱など・・・、どうして今さら、こんなのを・・・・」という心境だった。

 そして、番組終了間近、回答者席のゲストの一人がこう叫んだのである。

 「日本の特撮は世界一だ!!!」・・・・

 こう、大きな声で、お叫びになった御仁は、実は桂小金治さんであった。

 「ああ、日本人の標準的な特撮というものの見方、評価はコンナものなのかな」と、当時自分は感じた。と同時に「井の中の蛙、大海を知らず」という言葉も頭をよぎった。

 私は桂小金治さんになんの遺恨もない。たぶん、ああ叫ぶよう、放送作家が番組の台本に書いたのかもしれない。

 最近、松竹「抱かれた花嫁」を観て、寿司職人を飄々とこなす小金治さんの演技力に感嘆して、もっと小金治さんの出演している映画を観たいと思っている。

 

 

|

« ありがとう | トップページ | 高山祭ぶらぶら »

円谷英二の特撮」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ご無沙汰しています。久々のミニチュア特撮ネタ、やはり墨さんの拘りが貫かれていますね。私も全くの同意見ですが、まあ番組の構成上の演出か否か、出演者の「世界一」の発言はともあれ結局はさして根拠のない主観に根ざすもので、そもそも各国の映像技術に関する評価、序列のはっきりした基準もない以上あながち否定も出来ない。

つまりぶっちゃけ「言ったもの勝ち」という訳ですが(身も蓋もなく・・・)、私がある意味で興味を引いたのは円谷英二と彼の創立した円谷プロの一種のブランド化、更には神格化が浸透した風潮を感じた点です。まさに「世界に冠たる」日本の誇る映像の大家、あるいは製作拠点として多くの衆人は見做している訳ですが、一種の崇拝にも近い心境がいつしか行き過ぎた盲信を促してしまった。もしくは促しかねない状況を半ばなし崩しに生み出した、とも考えられますね。

要するに世界規模、水準を見据えた競合、競争意識は純粋な技術的表現の品質や向上への期待、創造力を旺盛に刺激する「精緻な特撮」の要求というよりも寧ろ民族的、国民的心理を踏まえた面子や自尊心を満たす事が一番の目的な気がします。それゆえに「世界一」の発言に至っている。

私は黒澤明の一連の作品の凄み、リアリズムに触れ強く感銘を受けますが、私の反応は「国際的な映画賞」を受賞し、世界に名を知らされた為ではありません。偏にひとつひとつの氏の手掛けた作品の高い「質」にすべては感じ入った為ですね。

勿論、「円谷」作品や、本邦で手掛けられた他の「特撮作品」に対しても同様ですし、他国の作品であれ評価の土俵にナショナリズムな差異も格差もありません。飽くまで個々の作品毎の質、表現に関する「良し悪し」に限ります。そして評価を下す最終的な基準は自分自身の、一鑑賞者としての極めて個人的な目線を常に絞り定めたいと思っています。

そしてもう一つ付け加えるなら、墨さんの「基準」、特撮に関する評価判断は私の感覚と程好くマッチしている、という事ですね^^

これからも他の話題同様、特撮に纏わるお話、楽しみにしています。

投稿: ワン | 2014年4月30日 (水) 23時48分

ワンさん。こんばんは。
仰る円谷特撮のブランド化には私も抵抗を感じていました。「世界に誇れる日本の特撮」云々には個人の価値観もかかわってくるでしょうが、もうちょっと、その世界の特撮を観てから具体的に比較して評価してほしいものです。どこが誇れるのかと。
もう一つ、抵抗を感じるものは、日本は特撮監督をスターのレベルに祭り上げしまったことです。特に東宝はオープニングクレジットで映画監督の次に特撮監督、特技監督の名前をデカデカと表示していることです。特撮は特撮と感じられない、気付かれないのが最高の特撮なのであって、特撮監督の名を映画の看板にしたのではオシマイですね。

投稿: アラン・墨 | 2014年5月 1日 (木) 22時00分

なぜ円谷特撮はすごかったのでしょうか。それは彼らが、『ハワイマレー沖海戦』以前に、陸海軍の委託を受け東宝航空教育資料製作所(戦後は新東宝スタジオになります)で、軍事マニュアル映画を多数作っていたからです。
真珠湾攻撃のマニュアル映画すらあったのです。
勿論、全部戦後焼却されて1本も現存していませんが。

私は円谷英二を批難しているのではありません。そういう時代だったのですから、仕方がなかったと思います。

詳しくは、拙書『黒澤明の十字架 戦争と円谷特撮と徴兵忌避』(現代企画室)をお読みいただければ、こうした疑問は氷解すると思います。

投稿: 指田文夫 | 2014年6月 8日 (日) 19時27分

指田文夫さん。情報の提供ありがとうございます。

投稿: アラン・墨 | 2014年6月 9日 (月) 17時00分

悩んだけどやっぱり書こう
あんたの特撮に対する考え方や視点や知識にはある程度以上の正しさがあるのはわかるが、
その語り口もそこに滲み出る思想も、ただ自分の国のやり方を見下して罵って「俺は子供のころからこんな進んだ物の見方ができたんだぜ!」という本音がちらついて気持ち悪い
せっかく外国の(ある一面の視点からすれば)大変優れた技術を紹介してる記事でも、毎回のように余計な悪口が書いてあってうんざりする
年齢だけはいい年なんでしょう?言葉にはお気をつけなさい。こっちが知りたいのは特撮のコツや技術であってあんたの主観的な悪口じゃない

そこに紹介されている飛行機特撮は塗の雑さなど自分には認識すらできないし、ワイヤーなどまるで気に成らないほどの「画面自体の魅力」に満ちた「別の現実」を表現できているように感じられます

投稿: anamochi | 2014年6月13日 (金) 16時13分

anamochiさん。コメントありがとうございます。
「はじめまして」というマナーも忘れるほどご立腹されているようで申し訳ありません。

小生、以前から貴殿の仰るような記事の書き方をしておりますが、お気に触るところは謝罪いたします。どうもすみません。

ですが悪口も私のクセってもんでして・・・最近「木枯らし紋次郎」にはまっていまして・・・今後も改めるつもりはありません。貴殿のように気に障る方もおられる一方、私の書き方に納得されている方もおられるかもしれません。

>こっちが知りたいのは特撮のコツや技術であってあんたの主観的な悪口じゃない。
・・・・私は貴殿の知識のために書いているのではありません。自分が書きたいように書いています。

私は貴殿のお言葉を別に不快には感じておりません。こういうご意見をありがたく思っています。

投稿: アラン・墨 | 2014年6月13日 (金) 17時15分

アランさん

大変ご無沙汰しております。
件の話題に関しては残念ながら盲目的に賛美する方々が大勢いるのも
現実ですよね。

で、そういう人らにも2種類いると思っています。
ひとつめは、今の技術の方が優れてはいるのは認めるが
当時の古い技術は自分の思い入れがあるから好き。という派。
もうひとつは、是が非でも何が何でも技術の面でも
今だにトップクラスなのが(昭和の)日本の特撮....と主張する派...。
(私は前者です・笑)

後者のタイプの人が力説しているところに
昔の私は平気で水をさすような事を言ったりもしましたが
今は黙って聞いてあげています(苦笑)


古い物の味わいとか趣とか雰囲気は当然認めます。
でも技術の部分までも今も世界一と私は思えません。

だってまったくホンモノに見えない.....その一言につきますから。

投稿: 特撮太郎 | 2015年3月 8日 (日) 12時20分

特撮太郎さん。お久しぶりです。コメントありがとうございます。
自分は、例え革新的な方法を編み出しても本物に見えなきゃアカンなーという見方です。ミサイルをワイヤーでガイドするのはグッドですが、それがハイスピード撮影もせず、カメラも振動させず固めて撮るのはやっぱり「ホンモノと思って観てね」という精神にしか感じられません。円谷特撮では寒天を使った海原もそうです。アイデアは優れていて撮り方がいいと本物に見えるんですが、空気感のない失敗作もいくつかあります。

投稿: | 2015年3月 9日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/55612338

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の特撮は世界一だ!!!:

« ありがとう | トップページ | 高山祭ぶらぶら »