« リモコン最高!!! | トップページ | カーナビの帰宅案内って? »

「逃亡者」三昧終わる

P2200003_convert_20140224094757  

 2013年11月に購入した「逃亡者」のDVD全シーズン120話を、2014年2月下旬ですべて観終えてしまった。

 このテレビドラマは本国アメリカでは1963年から1967年にかけて放送されていたので、だいたい4年分の放送を、朝ドラ感覚で1日に1本から、時には3本立てで鑑賞したことになる。

 ストーリーは1本読み切りが多く、キンブルは毎回、いきなりアメリカのどこかの州のどこかの町に現れる。だから1本観ると、次はどこでどんな事件に巻き込まれるのかと楽しみで、ついつい続けて次の回を観てしまうことが多かった。

 第三シーズンまでの白黒作品では、アメリカの片田舎が舞台になることが多く、1940年代の丸っこいピックアップトラックなどが画面に登場して、レトロな雰囲気をもりあげてくれたが、そういう場所ではたいがい、キンブルという、よそ者を嫌うシチュエーションに展開するものだった。

 カラー化された第四シーズンからは都会で事件が起こることが増える。また、プロデューサーが交代したせいか、殴り合いなどのファイトシーンも増えた気がする。そういうときは、リマスターされた鮮明な画面ではデビット・ジャンセンの代わりにスタントマンが演じていることがはっきりと分かった。

 さらに、うつむき顔のデビット・ジャンセンに女心をくすぐられる女性視聴者のために、女性ゲストとの恋愛シーンも盛り込まれるようになっていた。

 最終回は前・後編に分かれるが、いきなり終わらせたような感じが否めない。もうちょっと、この無実の男のロードムービーを観たかったものだが、「逃亡者」の元となった実話に信憑性の問題が発覚し、視聴率も落ちて終わらざるをえなかったようだ。

 この最終回の前編では、ジェラード警部が、キンブルの妄想にすぎないと断定していたはずの片腕の男を取調室で問い詰めて、事件当日のアリバイを厳しく追及する。そこでは、憎々しかったジェラードが実に頼もしく見え、全エピソードのうち、もっとも見応えのあるシーンとなっている。

・記憶に残るゲスト

 ロバート・デュバル、テリー・サバラス、レスリー・ニールセン(極めてマジメな役)、ウォーレン・ウォーツ、ドナルド・プレザンス、ウィリアム・シャトナー、ミッキー・ルーニー、チャールズ・ブロンソン(スペシャルゲスト)、ティム・オコーナー

P2200002_convert_20140224094824

↑ジェラードの妻・マリーも一緒に、無実になったキンブルを見送ってほしかったなー。

|

« リモコン最高!!! | トップページ | カーナビの帰宅案内って? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/55116971

この記事へのトラックバック一覧です: 「逃亡者」三昧終わる:

« リモコン最高!!! | トップページ | カーナビの帰宅案内って? »