« 噴射しているイメージ | トップページ | TV番組「逃亡者」の素性 »

ジェラード警部、加藤精三さん逝く

 俳優の加藤精三さんが2014年1月17日に亡くなられた。

 合掌。

 故・納屋悟朗さんが、生前、「声優という職業はありません」と、いつも、かたくなに、声だけの役者など存在しえないと語っておられたので、加藤さんも俳優という肩書で記憶にとどめておきたい。実際に舞台、映画やドラマに、目立たないけれど生身で出演しておられた。

 加藤さんの吹き替えは、自分の世代では「巨人の星」の星一徹がおなじみだけれど、最近、アメリカの1960年代ドラマ「逃亡者」を、ほぼ毎晩DVDで観るようになってからは、やはり逃亡犯キンブルを執拗に追跡するジェラード警部の、あの押し殺したような冷徹な低い声が強く印象に残る。

003_convert_20140119100411

 ドラマ「逃亡者」の放送は3年間続いたので、加藤さんもジェラード警部を演じたバリー・モースには深い思い入れがあったのではなかろうか。加藤さんと3年間、録音スタジオで付き合った、キンブルのデビット・ジャンセンを吹き替えた睦五朗さんも、ジェラード警部、とうとう亡くなったのかと感慨深い思いをされたと思う。

|

« 噴射しているイメージ | トップページ | TV番組「逃亡者」の素性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

この方、無無無。にはメガトロンの
声の人、というイメージが付いています。

ルパン三世とかもそうですが、物まねの
モノマネが出てくるくらいイメージが固定化
されるのを、役者さんは嫌がりますね。
この方はどうだったんでしょう。。

投稿: 無無無。 | 2014年1月19日 (日) 20時06分

こんにちは。
メガトロンはトランスフォーマーのですね。
変身ロボ系はチョット観ていませんでした。悪党の声だと想像できます。
スタトレDS9のオドーも、ちょっと観た程度です。
やっぱ私、古いですね。
スカーレットのブラック大尉とUFOのシドなど、あんまり目立たない存在でした。

投稿: アラン・墨 | 2014年1月21日 (火) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/54664495

この記事へのトラックバック一覧です: ジェラード警部、加藤精三さん逝く:

« 噴射しているイメージ | トップページ | TV番組「逃亡者」の素性 »