« 三本和彦さん、GGIになったな | トップページ | ラザール・ベルマンの思い出 »

KLX125でマターリ走る

原付2種ツーリングメモ

 2013年5月、KLX125でちょくちょくとマッタリ走っています。

↓残雪の乗鞍岳をバックに。

001_convert_20130518085731

 このマシンも今年12月で4年目に突入。それでも走行距離は13500キロでなので、おとなしい乗り方だと思う。点検でブレーキパットの減りを診てもらったが、まだ問題ないという。他のブログを見ると7500キロで交換し、ディスクも3ミリに減っていたなんて記事がありましたが。

 おとなしい走りになっている原因は、このバイクでは時速62くらいからの振動が激しいためで、必然的に50キロから60キロで走れる下道を選んでしまうから。交通の激しい国道で4輪車やトラックにいじめられながら70キロ以上をキープしようすると、バイブレーションと心労でこの歳では大変疲れるのです。それにオフロードもめったにキバッて走らない。汚れるからです。コカしたくないからです。クマちゃんが怖いからです。なんという軟弱さ。

 やっぱり、原付2種バイクは法定速度で走るノリモノだと感じる。KLX125だと慣らし運転の5000回転、時速55キロ付近がもっともコンフォータブル。エンジン音もサラサラと耳に心地よい。新緑の景色の中の田舎道を土の匂いを感じながらノンビリ走るのは至福の時間。おっと、そういう道で出会う例のマークがついた軽自動車には注意、注意。

010_convert_20120926093816
 

↑昨年秋に取り付けたシールチェーンは大変調子がいいです。交換後、もう10回以上ツーリングに行っていますが、今だ特に伸びた感じがしない。お勧めします。

|

« 三本和彦さん、GGIになったな | トップページ | ラザール・ベルマンの思い出 »

原付2種ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

何気に、後ろの景色が雄大過ぎますが。。coldsweats02
125cc でそんな場所に行けるのが素晴らしいです!
(ウチも大差ないか。国立公園歩いて行けるし。爆)
原2、良いですね!
その散歩感が、とても心地よい様に思います。

投稿: 無無無。 | 2013年5月19日 (日) 16時29分

無無無さん。こんばんは。
写真の場所は15分で行ける場所です。標高800メートルくらいですかな。
後ろの乗鞍岳は約3000メートルですが、2800メートル付近までバスで行けます。左の方にうすーく道路が見えていますが乗鞍スカイラインちゅー名前です。

仰る通り原付2種は気楽ですね。そのせいで事故起こしてどないすんねんて、2年前これでコケて足折りました。coldsweats01

投稿: アラン・墨 | 2013年5月19日 (日) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/51674295

この記事へのトラックバック一覧です: KLX125でマターリ走る:

« 三本和彦さん、GGIになったな | トップページ | ラザール・ベルマンの思い出 »