« CB1100で花見に行く | トップページ | ジェットエンジンのモヤモヤ »

コンピューターのチカチカ

 子供のころ、テレビや映画のSFモノの画面で登場するコンピューターの操作卓などが、ランプの点灯でチカチカと発光ディスプレイされているのを見るのが大好きだった。

001_convert_20130421094120

↑特に20世紀フォックス系の映画、テレビ番組・・・・「宇宙家族ロビンソン」「原潜シーヴュー号」「巨人の惑星」「タイムトンネル」「バットマン」・・・などでは、この操作卓が画面の隅っこ鎮座されていて、これを見るだけでもワクワクしたものだった。

003_convert_20130421093946

↑、ジュピター2号、ロアーデッキの操作卓。下層部にもサブ・コックピットがあったことをご存知ですか?。

005_convert_20130421094019

↑映画「The Fantastic Voyage」・・・あのムチャクチャな邦題が前から気に食わないので原題で書きました・・・でもチラッと登場。

また、この操作卓もお好みでした。

002_convert_20130421094037

↑ジュピター2号、アルファコントロール発射準備中。

004_convert_20130421113209

↑もちろん、「The Fantastic Voyage」にも・・・

 さて、これらの撮影小道具品。たいていは美術スタッフが適当にコンピューターの廃品などを仕入れてきて、後は技術部がランプがチカチカするようにマルチバイブレーター回路などの電気仕掛けを取り付けたものであるが、少なくとも一番上の物体はバローズという会社のコンピューター操作卓をそのまま使っている。

 これが分かったのは、以前、NHKの番組「地球コンピューター」の中で古い映像としてこれが映り、バローズ製となっていたからだ。そう、これはホンモノのコンピューター操作卓なのである。・・・・

 追記: ウィキペディアでこの操作卓はバローズB205型のものと判明。ついでにB205の操作卓と磁気テープデバイスが登場する映像を紹介したHPも発見した。

 http://www.angelfire.com/scifi/B205/onscreen.html

・・・・ただし、ランプの点灯回路は技術スタッフが取り付けたものだろう。実際のコンピューターの操作卓ではレジスタ、アキュームレーター、プログラムカウンターなどのビットを示すランプ表示は高速に点滅し、映画やテレビの中のようにのんびりと点滅しないからだ。

 あ、忘れていました。コンピューターといっても50年前のモノですぞ。当時は6ビットマシンなどもあって、タンスくらいの大きさのコアメモリーで記憶容量8キロバイトなんてのがザラにありました。

↓さすがメリケンのファン。このB205コンソールを造ってしまった人がいた。

|

« CB1100で花見に行く | トップページ | ジェットエンジンのモヤモヤ »

宇宙家族ロビンソン」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

特撮間連を検索していたら、こちらに辿り着きました。

アボット、メディンクス、円谷と懐かしい話ばかり。

ところで、私も「宇宙家族ロビンソン」の第1シーズン持っています。VFX は古いですが、ストーリーに惹かれてしまいます。

この記事のバローズのコンピュータ、長い間、ハネウェルのものだと思っていましたが、情報ありがとうございます。
もう一つアーウィン・アレン作品に出てくるコンピュータ、ジュピター2号には搭載されていませんが、他の回には出ており、タイムトンネルには出突っ張りの、IBM AN/FSQ-7 がありますね。60年台から70年代のアメリカの映像作品の大型コンピュータのシンボル的存在、実際はSAGEという防空システムで、1950年代から80年代初期まで使用されたのレーダースクリーン関連の部分ですが、グーグルマップのご先祖様みたいなシステムです。

ご存知かもしれませんが、以下に登場作品の紹介があります。
http://q7.neurotica.com/Q7/

なんと、今だに現役、スーパーガールのテレビシリーズにも登場します。1983年の ウォーゲーム などは、設定に相応しいコンピュータですね。

ということで、今後ともよろしくお願いします。

投稿: すっとこどっこい | 2017年1月30日 (月) 19時01分

すっとこどっこいサン。ようこそ。
コメントありがとうございます。
あの「タイムトンネル」などに登場するタンス型電算機はIBM製と教えて頂きありがとうございます。気になる存在でした。ブラウン管のオシロスコープパターンが良かったですね。
小生、ドクター・スミスより年上の還暦前のブリキの空き缶となりまして、体力・精神力ともにデリケートで、特撮記事も疎かになってきましたが、またネバー・フィアー、アラン、ヒアーで特撮記事をしたためて参ります。
また、いろいろご教示ください。

投稿: アラン・墨 | 2017年1月30日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/51316941

この記事へのトラックバック一覧です: コンピューターのチカチカ:

« CB1100で花見に行く | トップページ | ジェットエンジンのモヤモヤ »