« 優れモノ、パナソニック・シェーバー | トップページ | CB1100秋を走る »

ゴリラ紅葉の道を行く

ゴリラ・ツーリングメモ

 2012年10月27日、半年前オイル交換し、チェーンのメンテナンスをしたままホッタラカシにしていたホンダ・ゴリラを引っ張り出し、半日ツーリングした。

 目的地は高山市荘川町の御母衣ダム湖。車なら国道158号線を走って1時間、高速を使えば40分で到着するところであるが、さて、今年32歳のゴリラではどうなるか。

 午後1時、エンジン点火、キック一発で始動。アイドリングも安定している。タンクに三分の一ほど残っていたガソリンも1年前のもの。ここがスーパーカブ系エンジンのすごいところ。ただし、カタログ出力の2.6馬力、トルク0.3kg/mはとうてい発揮できない。購入した当時より明らかにパワーは落ちていて、感じるところ、1.8馬力、0.2キロくらいになっているかもしれない。

002_convert_20121028091412_2

↑高山市赤保木町、こういうところを走るのがゴリラの真骨頂。

008_convert_20121028091538

↑高山市清見町キャトルパーク、サイド。ここを走ると「大脱走」マックイーンのジャンプを思い出す。言っときますが映画では本人ではなくスタントマンがやっていますからね。

009_convert_20121028091953_3

↑国道158号線に入る、上を走るは中部縦貫道・無料区間。125cc以上でなければ走れません。小鳥峠に向かって長い上り坂を進む。ゴリラはこれくらいの傾斜からトップギアの4速から3速に落とし、かろうじて30キロをキープできる。エンジン回転数は6000くらいに感じる。最大トルクを発生するあたり。

010_convert_20121028091748_4

↑小鳥峠までの道のり、標高800メートルあたりで紅葉が見ごろになってきた。ゴリラは速度がトロイので、途中停車して景色探訪、走っていてもオモシロ物体発見ができる。遅いなりの楽しみがある。・・・早い話、ワキ見運転がしやすい。

011_convert_20121028092055

↑「ひとつ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。←ホンダさん。このコピーCMに使うんだったら著作料払ってね。

 20分かけて小鳥峠頂上に到着。車・CBなら10分とかからないですが。木に隠れて見えないが、温度計は14度を指している。対策をしているので寒くない。清見町夏厩でガス5.5リットル給油、9リットルの満タンになる。ゴリラはこれで500キロ走れマッセ。

018_convert_20121028092211

↑紅葉はこんなようなものでした。いたるとこに撮影者の停車あり。

021_convert_20121028092337_5

「もうひとつ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。松の木峠頂上。

土曜日だけあってオートバイがスイスイ通り抜ける。相変わらずCB1300が多いなー。

022_convert_20121028092440_4

↑松の木峠を下った六厩の公園前で、いつも国道から右へ別れ新軽岡峠道に入る。それは、国道でこの先現れる軽岡トンネルが小型バイクにはオッカナイから。狭く暗いトンネルで後ろから80キロ以上で迫ってくる車は恐怖でっせ。最近は取締をめったにやらないのでみんな高速なみに飛ばしている。

023_convert_20121028092528_3

↑トンネルができる前はこれが国道でした。これでトラックやバスもバンバン走っていた。雪道では私もカウターステアでドリフト走行していました。

024_convert_20121028092644

「三つ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。新軽岡峠頂上。

これですべての峠を制覇した。「♪HONDAらホダラダ・ホーイホイ」

旧軽岡峠というのも全くアサッテの方向にあり、過去同じくゴリラで探検したが廃道になっていて走行は無理でした。

 026_convert_20121028092757

↑「むろや」という蕎麦屋のそばにある峡谷。ここも撮影ポイント。

031_convert_20121028092912

↑午後3時、御母衣ダム湖に到着。2時間も掛かってしまった。本来ここは水で沈んでいる所。今年もちょっと渇水状態。

 ↑の鉄橋を渡る度に、いつかあの地に降りたいと思っていたのでようやく願いが叶った。降りていく道はかなりのダートで普通車にはキビシイ。もちろんゴリラには無問題。

029_convert_20121028093009

↑索漠とした大地。この寂しさがたまらん。

034_convert_20121028093110_7

↑田んぼの跡。ここにあった集落が湖水で沈んだのは昭和36年ごろ。

032_convert_20121028093154_4

033_convert_20121028093257_7

↑生活の跡。このお碗を使っていた人は今どうしているだろうか。

 現場からは20分で立ち去り、今来た道を逆に進める。明るいうちに帰宅したい。というのもゴリラのヘッドライトは行燈並みの暗さなので。

 帰宅は午後4時30分。全走行距離110キロ。久しぶりに乗って楽しかった。走り終わって疲れていないのにも驚いた。スピードが遅いためメットの風切音が小さく、それが疲労軽減につながっている。スピードとは何かも考えさせられる。時速30キロでもけっこう速く感じられ、CB1100で60キロの感覚に近い。ずーっと路側帯の白線の上をマイペースで走っていれば、車もバイクも迷わず勝手にスイスイと追い抜いてくれるし、こちらもバックミラーに現れたモノでアドレナリンを分泌させることもなく、極めてラクチンである。50ccには50ccの世界があると改めて感じ入った。

|

« 優れモノ、パナソニック・シェーバー | トップページ | CB1100秋を走る »

ゴリラ・ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

ゴリラ、良いですねー!
本当、再販して欲しいバイクの一つです。
(エイプは、何かちがうんだなぁ。。)
もっとも、とんでもない値段にはなるでしょうが
第三国でも結構、売れるような気がしますけどね。
軽いバイクが欲しい、今日この頃であります。。

投稿: 無無無。 | 2012年10月28日 (日) 18時37分

アラン・墨さん、こんばんは(^^♪

ゴリラ30年の歳月を感じさせないですね。
愛情の賜物でしょうか。
昨日私もモンキのオイル交換をしました。ギヤの入りがスムーズになった気がします。

ゴリラは4速なんですね。
いいなぁ、モンキーは3速です。
燃費はリッター100ですか?
こりゃまた、すっごいですねぇ~。
モンキーさん、私の要求に耐えようと必死ですんで、
燃費はなんとリッター40未満となっています。

ちょっとモンキーのおしゃれ計画をしている今日この頃です。

では(^_^)/~

投稿: saka | 2012年10月28日 (日) 22時02分

無無無さん。こんばんは。
イレブンの負傷、痛み入りますが復帰してまた良い写真レポート楽しみにしています。
モンキ・ゴリラは団塊の世代から人気がありますので人は嫌な顔せず受け入れてくれますね。
田舎の田んぼ道走っても住人から歓迎してくれるように感じます。
ぜひ再販してほしいですね。

投稿: アラン・墨 | 2012年10月28日 (日) 23時35分

sakaさん。こんばんは。
ひょっとしてsakaさんがこちらをツーリングされてお蕎麦を食されたのは「むろや」ではないでしょうか。
私もあのあたりを走りつくしています。
ゴリラはイッチョ前にマニュアルでして4速ですね。モンキは遠心クラッチ版とマニュアル版があったと記憶しています。
私のゴリラはシフトダウンでギア入りにくいです。
2速へはダブルクラッチが要ります。それでニュートラルも出にくいですね。coldsweats01

燃料タンクは9リッター入りです。燃費は55キロ/Lくらいでしょうか。

投稿: アラン・墨 | 2012年10月28日 (日) 23時45分

こんばんは。

長年の相棒さんとのツーリング、秋の色を充分に満喫した様子が写真からも伺えます^^本当に、紅葉の色付き、美しいですねー。

峡谷の写真、私は特に好きですね。いかにも「和」の装いを秀逸な季節感と共に強く感じさせます。墨さんの軽妙な表現に支えられた紀行文の味わい深き行間を如実に伝える白眉です。

お茶椀のかけら、気になります。人通るところ同じ人の息吹をまた感じるもの、ですね。

季節の色、風の匂いをこれからもまたどうぞ感じて下さいね^^

投稿: ワン | 2012年11月 1日 (木) 22時43分

ワンさん。こんばんは。
紅葉の撮影は難しいものですね。自分は曇り空の下のくすんだ色合いが好きなのですが、なかなかうまく写りません。ワンさんに気に入ってもらえた峡谷の写真はそんな感じに撮れたかもしれません。

フィルムの撮影も現在廃れていませんので、また復活したいですね。

最近、映像データはDVDなどのデジタル記録よりもフィルムのほうが長持ちするということを知り、驚いています。

投稿: アラン・墨 | 2012年11月 2日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/47615923

この記事へのトラックバック一覧です: ゴリラ紅葉の道を行く:

« 優れモノ、パナソニック・シェーバー | トップページ | CB1100秋を走る »