« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

ゴリラ紅葉の道を行く

ゴリラ・ツーリングメモ

 2012年10月27日、半年前オイル交換し、チェーンのメンテナンスをしたままホッタラカシにしていたホンダ・ゴリラを引っ張り出し、半日ツーリングした。

 目的地は高山市荘川町の御母衣ダム湖。車なら国道158号線を走って1時間、高速を使えば40分で到着するところであるが、さて、今年32歳のゴリラではどうなるか。

 午後1時、エンジン点火、キック一発で始動。アイドリングも安定している。タンクに三分の一ほど残っていたガソリンも1年前のもの。ここがスーパーカブ系エンジンのすごいところ。ただし、カタログ出力の2.6馬力、トルク0.3kg/mはとうてい発揮できない。購入した当時より明らかにパワーは落ちていて、感じるところ、1.8馬力、0.2キロくらいになっているかもしれない。

002_convert_20121028091412_2

↑高山市赤保木町、こういうところを走るのがゴリラの真骨頂。

008_convert_20121028091538

↑高山市清見町キャトルパーク、サイド。ここを走ると「大脱走」マックイーンのジャンプを思い出す。言っときますが映画では本人ではなくスタントマンがやっていますからね。

009_convert_20121028091953_3

↑国道158号線に入る、上を走るは中部縦貫道・無料区間。125cc以上でなければ走れません。小鳥峠に向かって長い上り坂を進む。ゴリラはこれくらいの傾斜からトップギアの4速から3速に落とし、かろうじて30キロをキープできる。エンジン回転数は6000くらいに感じる。最大トルクを発生するあたり。

010_convert_20121028091748_4

↑小鳥峠までの道のり、標高800メートルあたりで紅葉が見ごろになってきた。ゴリラは速度がトロイので、途中停車して景色探訪、走っていてもオモシロ物体発見ができる。遅いなりの楽しみがある。・・・早い話、ワキ見運転がしやすい。

011_convert_20121028092055

↑「ひとつ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。←ホンダさん。このコピーCMに使うんだったら著作料払ってね。

 20分かけて小鳥峠頂上に到着。車・CBなら10分とかからないですが。木に隠れて見えないが、温度計は14度を指している。対策をしているので寒くない。清見町夏厩でガス5.5リットル給油、9リットルの満タンになる。ゴリラはこれで500キロ走れマッセ。

018_convert_20121028092211

↑紅葉はこんなようなものでした。いたるとこに撮影者の停車あり。

021_convert_20121028092337_5

「もうひとつ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。松の木峠頂上。

土曜日だけあってオートバイがスイスイ通り抜ける。相変わらずCB1300が多いなー。

022_convert_20121028092440_4

↑松の木峠を下った六厩の公園前で、いつも国道から右へ別れ新軽岡峠道に入る。それは、国道でこの先現れる軽岡トンネルが小型バイクにはオッカナイから。狭く暗いトンネルで後ろから80キロ以上で迫ってくる車は恐怖でっせ。最近は取締をめったにやらないのでみんな高速なみに飛ばしている。

023_convert_20121028092528_3

↑トンネルができる前はこれが国道でした。これでトラックやバスもバンバン走っていた。雪道では私もカウターステアでドリフト走行していました。

024_convert_20121028092644

「三つ山越しゃHONDAらっだホイホイ」。新軽岡峠頂上。

これですべての峠を制覇した。「♪HONDAらホダラダ・ホーイホイ」

旧軽岡峠というのも全くアサッテの方向にあり、過去同じくゴリラで探検したが廃道になっていて走行は無理でした。

 026_convert_20121028092757

↑「むろや」という蕎麦屋のそばにある峡谷。ここも撮影ポイント。

031_convert_20121028092912

↑午後3時、御母衣ダム湖に到着。2時間も掛かってしまった。本来ここは水で沈んでいる所。今年もちょっと渇水状態。

 ↑の鉄橋を渡る度に、いつかあの地に降りたいと思っていたのでようやく願いが叶った。降りていく道はかなりのダートで普通車にはキビシイ。もちろんゴリラには無問題。

029_convert_20121028093009

↑索漠とした大地。この寂しさがたまらん。

034_convert_20121028093110_7

↑田んぼの跡。ここにあった集落が湖水で沈んだのは昭和36年ごろ。

032_convert_20121028093154_4

033_convert_20121028093257_7

↑生活の跡。このお碗を使っていた人は今どうしているだろうか。

 現場からは20分で立ち去り、今来た道を逆に進める。明るいうちに帰宅したい。というのもゴリラのヘッドライトは行燈並みの暗さなので。

 帰宅は午後4時30分。全走行距離110キロ。久しぶりに乗って楽しかった。走り終わって疲れていないのにも驚いた。スピードが遅いためメットの風切音が小さく、それが疲労軽減につながっている。スピードとは何かも考えさせられる。時速30キロでもけっこう速く感じられ、CB1100で60キロの感覚に近い。ずーっと路側帯の白線の上をマイペースで走っていれば、車もバイクも迷わず勝手にスイスイと追い抜いてくれるし、こちらもバックミラーに現れたモノでアドレナリンを分泌させることもなく、極めてラクチンである。50ccには50ccの世界があると改めて感じ入った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

優れモノ、パナソニック・シェーバー

 昔は「松下電器」あるいは「ナショナル」製品だったものが、現在は洗濯機や冷蔵庫まで「パナソニック」というブランド名に統一されてしまった。

 ソニックは音に関する言葉なので、洗濯機などのシロモノ家電にはちょっとヘンだが、万能という意味のパナが付いているので「細かいこと言わないで」ということか。

 私の若いころは松下電器といえば巷で揶揄された「マネシタ電器」というイメージがあり、ソニーが新製品を出すとすぐさま似たようなものを出し、その姑息なやり方にワラッタもので、自分も「ナショシタデンキ」とふざけて呼んだこともあった。マネシタものでも優れていて安ければいいのだが、高いのに他社より性能が劣っていたものがあったからである。

 それを実感したのは姉が所有していたナショナル製ステレオラジカセを使用した時のことで、私のモノラルのソニー・ラジカセ、スタジオ1980より値段が高く、ステレオ録音という、よりHi.Fi志向のオーディオ製品にもかかわらず、ワウ・フラッターが酷くてピアノ曲やオルガン曲は音が震えてしまって聴くに堪えず、使い物にならなかった。また、再生・早送りなどのボタン・スイッチ類の造り付が悪くてイビツに並んでいたものだ。

 そんな訳で、ずっーとパナソニックの製品は遠慮していたが、最近、長年の誤解?を払拭する事態が起こってしまった。

 3年前にたまたま「どんなもんだい」とヤケクソで購入したパナソニックのシェーバーがスゴイ製品だったからである。

 その製品はパナソニック・シェーバー、「ES-RW30」、2009年、中国製。

003_convert_20121018091424

 なぜヤケクソに購入したかというと、それまで10年以上同じものを買い替えながら使っていたドイツ製B社のシェーバーの替刃、特に網刃がいつも1年たらずで穴が空いてしまい、おまけにその交換費用も内刃とセットで3-4000円と馬鹿にならない値段、・・

・・・最近、ネットのスレッドでボッタクリ商品は何かというテーマがあり、プリンターのインクと並んでシェーバーの替刃というのが出ていた・・・

 ・・で、それが何年経ってもちっとも安くならず、とうとう堪忍袋の緒が切れたからで、「それなら替刃2回分の交換費用と大差ない値段の日本ブランドを買ったるわい」とフンガイし、家電売り場でタマタマ手にしたのがこのパナソニックのシェーバー。

 どうせ中国製パナソニック、網刃など半年と持たないだろうとタカをくくっていたが、使ってみてビックリ。全体の剃り味はB社のものと大差なく、それどころかアゴの辺りのキワ剃り性能はB社より良いのである。

 それになんと言ってもスゴイのは、網刃も内刃も3年経った現在、穴も開かず、剃り味も変わらず全く交換していないということだ。

 B社のシェーバー本体価格は2万円を超えたと記憶しているが、それがパナソニック製だとほぼ同性能のものが、B社の替刃費用2回分で買えてしまったのだ。

 これはいったいどういうことか。つまり自分はドイツ製神話に踊らされていたのだ。ドイツ製だから間違いがない。高いからいいモノだという思い込みがあった。

 消耗品の値段が高いということも、ドイツ製品、ヨーロッパ製品の価格には、彼ら労働者が取得する夏休み1ヶ月の有給休暇分が含まれているからではないか。ボッタクリ価格はドイツ人のバカンス費用にも充てられた分が反映されているという訳だろう。

 ドイツ製品。例えば自動車にしても、ドイツ製新車が出ると評論家諸君は手放しで日本車より優れていてる点をあげつらうが、私は日本人全体も、ドイツ車は値段が高いから性能も良いだろうという思い込みに惑わされているところがあると思う。

↓日本の自動車評論家が語る日本車と外車(特に欧州車)

 国産車重い:もっと軽量化しろ     外車重い:剛性感がある
国産車軽い:剛性不足          外車軽い:剛性十分
  国産車高い:ボッタ栗           外車高い:妥当
  国産車安い:安物             外車安い:バーゲンプライス
国産車ハイパワー:無駄         外車ハイパワー:刺激的
  国産車ローパワー:物足りない     外車ローパワー:必要十分
  国産車派手デザイン:恥ずかしい    外車派手デザイン:素晴らしい
国産車地味デザイン:華が無い     外車地味デザイン:シンプルイズベスト
国産車低燃費:エゴ            外車低燃費:エコ
国産車高燃費:こんな時代に全く…  外車高燃費:気にしない
国産車頑丈:それだけが取柄      外車頑丈:完璧
  国産車故障:ポンコツ           外車故障:それも愛嬌
  国産車オーバーステア:危険な車   外車オーバーステア:楽しい車
  国産車アンダーステア:退屈な車   外車アンダーステア:安心な車
  国産車パクリ:ポリシー無いの?    外車パクリ:こっちが先でしょ?
  国産車脚硬い:乗り心地悪い      外車脚硬い:スポーティ
国産車脚柔かい:フニャフニャ     外車脚柔かい:乗り心地良い
国産車排気音大:うるさい        外車排気音大:やる気にさせる
国産車排気音小:歩行者危ない    外車排気音小:優れた静粛性
  国産車高評価:メーカーの犬      外車高評価:当然
  国産車低評価:当然           外車低評価:車音痴にはわからない



 しかし、高速道路で火を噴いて停止している車は、たいてい高級ドイツ車や高級イタリア車である。それに故障の修理代は大衆車でも高い。

 自分もパナソニックのシェーバーで考えを新たにした次第。・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CB1100レコード盤舗装を走る

- 再編集 - 

CB1100、NO,13

Dscf0009_medium

 上は飛騨市古川町、神原峠のカーブ。

 路面に通称「レコード盤」と呼ばれる縞模様のミゾが掘られているカーブ。神原峠の九十九折カーブは、ほとんどこの状態。

 多くのライダーは、この路面の走行では、バイクがどういう挙動をするかを身をもって体験していることであるが、特に細いタイヤのスーパーカブやオフロードバイクでは、飛行機が乱気流に突入したごとく、目に見えない何者かがハンドルを右・左にゆさぶっているような感覚があり、冷や汗もののハンドル修正操作を強いられる。 

 このライダーには大不評の路面処理は、冬場の凍結時を想定した、まったく車だけの対処法であり、二輪車の安全は無視したものである。

 飛騨地方かいわいの、レコード盤舗装のある道路で、もっとも恐怖心を感じるのは、41号線の下呂市萩原町から小坂町の中間にある一区間300メートルくらいのところ。そこは溝が新しく深く、もっともハンドルを取られやすいので注意が必要。交通量も多く、平均速度も70-80キロは当たり前で、おまけに交差点まで存在する。

 飛騨地方にはもう一つ、バイクには不適当な路面処理が存在する。「カラー舗装」というものだ。車線全体に赤や青の塗料でぬりつくされた道。 

Dscf0006_medium

 上は飛騨市古川町、

  41号線・戸市カーブの昇り方面カラー舗装。

 事故が多いので注意して走行せよという意味らしいのだが、この路面は塗料のせいか、微妙に細かい凸凹があり、バイクのタイヤにバタツキを発生させ、グリップ感をスポイルさせてしまうのだ。だから怖くて、とても車体を寝かせられない。この舗装もバイクのことを全く考えられていない。

 レコード盤とカラー舗装のダブルパンチでライダーを直撃する道は、高山市、41号線、宮峠、一宮側である。ここは全国のライダーに悪名をとどろかす最低の峠である。

 できるならば、この峠で細いタイヤのバイクは避けたほうがよい。私はKLX125を使う場合、大廻りになるが、位山・刈安峠を利用する。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

KLX125八尾町へ行く

原付2種ツーリングメモ

 2012年10月8日、富山県八尾町をツーリングした。「おわら風の盆」で有名な町だ。といっても盆踊りをする繁華街のある場所が目的地ではなく、大長谷川上流の点々と廃屋が見られる人里離れた地区である。

 ここはもうバイク、軽自動車で7回近く訪れている。岐阜県側の楢峠を越えて国道(酷道)471号線を下っていくと、岐阜県とはまったく違う佇まいの民家がポツリポツリと現れ、その半分が廃屋となっていて、その寂れぐあいに惹かれのだ。…お住まいのみなさん、すみません。

↓楢峠から岐阜県飛騨市側眺望。全国の酷道ファンが必ず撮影するポイント。ここまで自宅から40分。

001_convert_20121009104342

↓峠を越す。そろそろ紅葉が始まる。

002_convert_20121009103152_3

004_convert_20121009103350_2

↑国道なのに、この道幅。これが酷道と呼ばれる所以。車同士の離合はどちらかが退避帯までバックしなければならない。この日にはなんとトヨタ・ハリヤーが向こうからドヤ顔で走って来た。所々落石あり。

003_convert_20121009103259_2

↑川の清流すぐサイド、緩やかな下りの気持ちいい道もある。オートバイ、チャリには最適。尚、大型オンロードバイクでも走れないことはないが、特に岐阜県側が所々舗装が荒れていたり青ゴケが生えていたりしていて私は走る自信がない。

011_convert_20121009103624_3

↑峠を下って15分。大長谷川沿いの国道を挟んで、やがて見えてくる廃屋の一つ。こういうタイプの造りが多い。寄棟というのか切妻というのか忘れてしまったが、この辺りは豪雪地帯でもあり、玄関前の板覆いは雪を防ぐ対策だろう。

010_convert_20121009103929

↑地区由一の交流センター。公園も付属しているが、トイレはセンターの中にあるものを利用するしかない。JAも売店も一軒もなく、自販機がこのセンター前と、近くの建築会社の社屋の前にあるだけ。

012_convert_20121009103507_4

↑やはり、こういうデサイン、造りの家が多い。

005_convert_20121009103726

↑川の小さな橋を渡った荒地の奥にポツンと存在する八幡神社。もう3回訪れているが、参拝したことはなかった。

 この神社が夢に現れるということもなかったが、ずーっと気になる存在だった。なにか自分を呼んでいるような気配も以前から感じていたので今回は参拝した。国道を通行する人もまず気が付かない場所であり、忘れ去られた神社のようだが、当日は草刈もしてあり綺麗にされ、お祭りの支度がされてあった。今回のツーリングの目的の一つはこの神社再訪にあった。

006_convert_20121009103840_3

↑神社の隣には廃屋が1軒、これまたポツンと存在する。この家を買ってリホームし、隣の神社の世話をしながら人里離れたこの地で孤独に暮らしたいと考えることもある。この廃屋から300メートル離れるとまた小さな廃屋が1軒あり、さらに500メートル離れると人が住んでいるような家が1軒ある。

007_convert_20121009104048_3

↑八尾町市街地。ガソスタを探して国道472号線を走り続け来てしまった。ここまで国道ぞいには1軒のGSもありませんでした。この市街地に出るには「寂れた地区」からダム湖ぞいの国道を走るか、または谷折峠にも通じる・・・八尾町中島の橋のたもとから入る道・・・のワインディングロードを走るかの二通りがあるが、オートバイは断然峠道の方が面白い。

追記: 谷折峠は2012年10月8日現在通行止めでした。

009_convert_20121009104253_2

↑その帰りの峠道の途中、清水の湧いているところがあったが、工事で水が汚れ飲めませんですと。・・・

014_convert_20121009103052

↑帰り道、午後4時頃、日が陰り再び楢峠で一枚。はるか向こうの街並みは最初、飛騨市古川町と思ったが、拡大すると高山市の一部のようにも見える。

 全行程178キロ。八尾町のGSから自宅まで78キロだった。意外と近い。国道41号線経由だと100キロいくと思う。

 燃費は最近計算しないが45キロ/リッターくらいではないか。面白いのはタンクの容量での燃料補給がCB1100とほぼ同じということで、KLX125も走行距離200キロでそろそろガソスタを探さなければならない。その時の補給量は4リッター前後というところ。ただし、これは心配性の人間の話であり、実際はKLX125は220キロ以上からボチボチ燃料警告灯が点き、そこからも30キロは走れると思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

愛車、20万キロ突破

2012年9月29日、15年間乗ってきた愛車がついに走行距離20万キロを超えた。

002_convert_20120930112826

↓数字を指した場所はこの辺り。

004_convert_20120930112906

 どうということもない田舎の交差点だけど、この車を手に入れたときに退職した勤め先から極めて近いというのは不思議なめぐりあわせ。

 初めてのトヨタ車として購入したものだが、どんな車名かはゴカンベン。親爺が乗るような車ではないし、飛騨では私の車の他に同じ色のものは今まで2台しか見ておらず、特徴のある目立つ車なので、名前を言ったり姿を写真でさらすとちょっと恥ずかしいのです。

 でもまあスペックを言えば車好きなら分かるでしょう。排気容量1300cc、ツインカムターボ、最大135馬力、最大トルク16キロ、自重1.1トン・・・リッター100馬力でこの重量なのでソコソコ速いクルマです。

 これまで、たいしたトラブルなしでこれてトヨタ車の品質がどんなものか良く分かった。

 ただし、自分はトヨタ車のファンではありません。現在、トヨタにもレクサスにも私の気に入る車は1台もありません。

 いい歳して、今だ小さいのにコマネズミのように速いホットハッチが好きなんですね。今、これに該当する車というと、VWポロGTIくらいでしょうか(TSIでも充分速い)。ミニクーパー・・・あれのどこがミニなのだ・・・にも速いのがありますが好みではありません。

 しかし、ほんとうに今の自分の車の楽しさと同じものを備えたクルマが現れないですな。レギュラーガソリンでリッター100馬力超でっせー。今のちょっと速いスポーティーカーからオトッツアンがふんぞり返ってチンタラ走るラグジュアリーカーまで、みんなプレミアムガソリン仕様になりくさっちゃって。なんで高いガソリンで走ってエコなのかね。

 この車、完全にオシャカになるまで乗りますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »