« 東京五人男 | トップページ | 地下鉄に乗って »

姉妹

・・再編集・・

邦画メモ、NO,72、NHKBS

1955年、独立映画、白黒、スタンダード、94分

監督- 家城己代治、 撮影- 小塚誠一、 音楽- 大木正夫

出演- 野添ひとみ、中原ひとみ、河野秋武-(資料によっては信欣三となっているが、撮影の段階で河野氏に交代したのだろう)、川崎弘子、多々良純、望月優子、内藤武敏、加藤嘉、北林谷栄、殿山泰司、織田政雄、(長男を演じている子役は松山栄太郎さんか省二さんではなかろうか)

---------------------------------------

 野添ひとみがバスに乗って嫁にいくシーンで驚いた。(えっ?、妹や弟たちは結婚式に出ないの?)・・・ 4人の兄弟たちは普段着のまま、姉と両親、仲人、叔母さん夫婦を乗せた乗り合いバスを停留所で見送る。子沢山で、まだ貧しかった当時の家庭では、一家全員で結婚式・披露宴に臨むということはなかったかもしれない。

 最初から映画を観ていて自分はズーッと笑顔のままだった。中原ひとみの可愛らしさといったらない。形の良いしっかりした眉毛とパッチリ大きな目、きれいな二重瞼、ちょっと不細工な鼻。それに、男性の耳をウズウズさせる不思議な声。ハミガキのCMでしかほとんど彼女を知らなかったのだけれど。

 彼女は当時19歳だという。私は設定年齢どおり14.5歳だとして観ていたので見事ヤラレタ。

追記: ナ・なんと、「38歳の未亡人みたい」と妹に悪口を言われた野添ひとみは中原ひとみより一歳年下であった。

 彼女のバストのふくらみは、映画を観ている最中は撮影のために詰め物を入れているのではないかと想像したが、後で実年齢を知り本モノだと確信した。中原さん、失礼しました。m(__)m

Dscf0006_medium

 彼女は、あの年齢のドタバタしたオテンバ、無作法を実に上手く演じている。

 この映画は本当に好きだ。だいたいあの昭和30年ごろが気に入っているのである。1950年代に青春を送りたかった。

 加藤・北林家や発電所周辺家庭の貧しさというものが好きなのである。貧しい話大好き。

 水力発電所マニアなのである。ダムマニアでもある。当時の水力発電所内の描写が見られてうれしかった。それにしてもあの二人、トランスがブンブン唸っている高圧施設や、歯車・ベルトが傍でゴーゴー廻っている発電所内をスイスイと歩いているが、これは考えられないことだ。

Dscf0001_medium

 あの発電所は映画では延川発電所となっているが、検索した所、ヒットしなかった。私は当初、彼女らの下宿先が信州・松本なので、撮影地は梓川ぞいの大野田という地域の発電所ではないかとグーグルアースで見当してみたが、橋を渡った川向いの町並みや地形が映画では存在しないので、これは間違いであろう。なお、走っている乗り合いバスは山梨交通であるから、やはり山梨県内の発電所と思われる。あの発電所周辺が今はどうなっているか知りたい。

追記:あのバスの発着駅は「おざわ」という駅名であったので、あの周辺かもしれない。

------------------------------

追記:ロケ地発電所は、1797Hawaiiさんの情報にて早川第一発電所と判明しました。

・・・・所在地:山梨県南巨摩郡早川町榑坪
交通:JR身延線 身延駅で下車。
身延駅より雨畑又は奈良田行きバスに乗車、増野バス停の次の発電所前バス停にて下車、徒歩すぐ。

R02309p4

↑現在の発電所
------------------------------

 楽しい描写の中にも社会派・家城監督は格差社会、労使問題、男尊女卑?(男性の浮気は許されて女性の浮気には厳しいという社会)の問題をチクリと刺してくる。見事な構成。

 (こんち)中原ひとみは毎月いくらの小遣いをもらっていただろうか。彼女は1杯40円のお汁粉を2杯食べて、2杯友達におごっている。それに便箋5通とカーネーション2本、新聞の代わりで済む栞を3つ買っていた。当時の40円では中華ソバが食べられたが、今ならラーメン平均600円くらいの価値だろう。すると現在の金額で4000円くらいの小遣いを貰っていたことになる。中学生にしてはちょっと多いように思える。

 

|

« 東京五人男 | トップページ | 地下鉄に乗って »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

中原さん、キュートですnote ほんと、可愛い~
野添さんより年上だなんてビックリですよ!!!素のふたりが、当時、どんな感じだったのか知りたいです。

映画の舞台がどこなのか、私も捜しましたが、わかりませんでした。山梨県内の発電所でしたか・・・。

アラン・墨さん、ダムマニアだったのですか。多趣味でらっしゃいますね。

私は没落物語が好きです(笑)。「安城家の舞踏会」はドストライクでした~♪

投稿: マーちゃん | 2012年1月30日 (月) 20時40分

あ、忘れてました。
私、「ボンボンと悪夢」です。←星新一の小説。笑

そうですか、マーちゃんは没落マニアでしたか。太宰の小説に「斜陽」というのがありましたね。あれも華族没落の話でした。
私はその没落した家の廃墟マニアです。安城家の廃墟を探索したいですね。

ダムや発電所を通りかかると必ず停まって発電量などのスペックを調べます。人類の創った巨大建築のなかで一番好きですね。

中原さん。あんまり映画やテレビで見ないですね。気に留める女優さんではなかったのですが、ちょっとファンになりました。野添さんはタイプではないです。すみません野添さん。
撮影現場では映画と真逆で中原さんがおしとやかだったりして。

投稿: アラン・墨 | 2012年1月31日 (火) 10時16分

 こんにちは
暑い夏に、通りかかった者です。
 映画「姉妹」のロケ地は山梨県早川町の五箇地区榑平にある東京電力早川第一発電所のようです。    下記のサイトの映画/ロケで出てくる写真をクリックすると大版の写真のなります(NO。23です)
 花嫁姿の野添ひとみさんと地元の方たちが写っています。コメントも有り、参考になりますね。
 野添さんきれいですね。 
http://fm-hayakawa.net/photo/index.php

投稿: 1797Hawaii | 2012年8月19日 (日) 15時14分

1797Hawaiiさん。情報まことにありがとうございます。
以前、あの発電所をグーグルマップで見つからないかと探したのですがギブアップしていました。

野添さんの花嫁スナップさっそく拝見いたしました。
私の夢は、あの場所に行って映画カットと現在の様子と見比べてみることです。いつか行ってみたいですね。

投稿: アラン・墨 | 2012年8月19日 (日) 22時47分

アランさま

 早速、早川第一発電所の写真アップしてくださり、拝見しました。

 前回、「榑平」と地名を誤って書いてしまいましたが、正しくは、アランさまが書いているように、「榑坪」ですね。「くれつぼ」と読むのでしょうね。
 NHKのホームページの「山田洋二が選んだ日本映画・家族編」の「姉妹」の視聴者投稿欄に、早川町出身の女性の投稿文があり、自分や、母親、親類が、映画の中にエキストラで映っているようです。当時、部落では一大イベントだったのでしょう。
 昔の映画で、ロケ地がはっきり特定できるのは稀ですよね。
 野添ひとみさんも御主人の川口浩さんも50台で亡くなられてしまいましたね。お二方とも、私は、大好きな俳優さんでした。野添さんの声の質も、透明感があって好きでした。
 中原ひとみさんはお元気で、トークショウなどにもお出になっておられますね。
 映画「姉妹」は名作ですし、歴史的価値も高い作品と思います。
 私も、このダムは一度、見に行ってみたいです。

投稿: 1797Hawaii | 2012年9月 2日 (日) 22時30分

1797Hawaii さん。再びコメントありがどうございます。
前回は貴重な情報ありがとうございました。
私も発電所に訪れたいのですが、私の住んでいる飛騨高山からは結構な距離なので、機会があったら・・というところです。

映画の中でダム鉄橋周辺に小さな集落がありましたが、エキストラのみなさんはその辺りから出演なのでしょうか。また松本市内の撮影もありましたね。

映画では野添さんと相思相愛だった内藤武敏さんも先日亡くなられました。感慨無量ですね。

投稿: アラン・墨 | 2012年9月 2日 (日) 22時57分

この映画の存在を最近知りDVDで観ました。
おそらく私が子供の頃(70~80年代)に
見ても何とも思わなかったでしょう。
昔の日本映画を観ると、よくある事とはいえ、
登場人物からロケ地に至るまで、思わず映像を
何度も静止してネットで調べてしまいました。
おかげで見終わるのに4時間かかりました。
あらゆる意味で、この映画は感慨深いです。

投稿: あっきい乃助 | 2015年7月18日 (土) 01時30分

あっきい乃助さん。ようこそ。
私よりずっとお若い世代のようですね。古い映画をご覧になって現代と比較する楽しみをお持ちで素晴らしいです。私も同じことをしてしまいます。
昭和20、30年代のニュース映画を観るのも大好きです。デジタル化されたものは静止画がはっきり写っていて分かり易いですね。

投稿: アラン・墨 | 2015年7月18日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/43909144

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹:

« 東京五人男 | トップページ | 地下鉄に乗って »