« テルマエ・ロマエ | トップページ | 夏休みのテレビといえば »

CB1100で涼む

CB1100、NO、22

005_convert_20120806105454

 ↑メットはアライのMZシリーズです。フルフェイスと比較すると、顔面正面アゴから不時着したらちょっと心配ですが、視界はぐっと広がって風通しもよく快適です。

 タンクバックには何が入っているかというと・・。

 汚れたメットを拭くタオル、車検証などの書類、健康保険証、スペアキー、水ペットボトル(ピーチ味のヤツうまいね)、救急袋(マキロン、ムヒ、バンドエイド、サロンパス、ビニールテープ、飴玉5つ)、カメラ、無線電話、財布、それにホンダのキャップ・・・です。

----------------------------------------- 

 2012年8月5日、午前9時、ほぼ一か月ぶりにイレブンを走らせた。

 いつもは昼過ぎから走るのだが、飛騨高山も最近の夏は最高気温が午後2時ころから35度、36度と上昇。私の子供のころはせいぜい最高32度くらいだったのですが、近ごろは温暖化で都会並になり、最低気温も23度あたりまで上昇している。

 それで、このクソ暑い午後の炎天下、ジャケット着て股火鉢になんか乗ってられますかという心情。それでも結構みんな乗っているのを見かけますな。半袖スタイルで。

 オリ(飛騨弁で「わたし」)はそんな恰好、怖くてようやりません・・・。

 それで、昼前に走ることを思い立ちました。まあ、この時間なら30度を切っています。

 避暑先はうちのバーサンが「岐阜県の北海道」と言っている高山市六厩(むまい)。標高900メートルの盆地にあります。冬は氷点下20度まで下がる所です。夏の気温はというと、今回は手前の松の木峠の温度計が午前10時ごろで25度を示していました。まず、35度なんてことはありません。近くには別荘がいっぱいあって、残念ながらこの地には(他の地も)自分の所有しているものはないのですが。

 午前中に高原を走るのは快適ですなー。股火鉢から降りてメットを脱ぎグローブを外し、座っているだけでもさわやかな涼風が肌を撫でていきます。

 夏のツーリングはバイク装束に準備する段階でもう汗まみれになるし、走っていてもたいてい夕立にあって雨の中走るのは凹むし、このシーズンあんなもの乗れるかと、しばらく車のほうに浮気して、エアコンの効いた運転席からライダーを気の毒そうに見ていたけれど、やっぱり走ってみるとオートバイって楽しいねー。やめられないね。

追記:↓ 8月10日午前10時イレブンで走ったときの158号線、高山市小鳥峠頂上。

    「ヒャッホー!!! 涼しいぜよー」

004_convert_20120810132202

|

« テルマエ・ロマエ | トップページ | 夏休みのテレビといえば »

CB1100」カテゴリの記事

コメント

アラン・墨さん、こんばんは(^^♪

お盆期間いかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、暑さと、天候不順と、お尻不順でほとんど乗れていません。
気持ちはあるんですがね。
飛騨高山の夏だったら私ももっと乗れるかもしれないなぁ~。

うらやましいです。

では(^_^)/~

投稿: saka | 2012年8月15日 (水) 22時56分

sakaさん。こんばんは。
こちらのお盆は15日までは過ごしやすかったのですが、本日から蒸し暑さがぶり返しています。
バイクには10日より乗っていません。
やっぱり1週間に一度はバイクにまたがりたいですね。
sakaさん、病だれのほう、はやく完治なさってください。これからがバイクのシーズンですものね。good

投稿: アラン・墨 | 2012年8月16日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/46596479

この記事へのトラックバック一覧です: CB1100で涼む:

« テルマエ・ロマエ | トップページ | 夏休みのテレビといえば »