« 好人好日 | トップページ | CB1100で涼む »

テルマエ・ロマエ

邦画メモ、NO,78、シアター

2012年、東宝、108分

監督- 武内英樹、 撮影- 川越一成、 音楽- 住友紀人

出演- 阿部寛、上戸彩、市村正親、北村一輝、宍戸開、勝矢、笹野高史

------------------------------------------

 期待していたほどではないが、ほどほど面白かった。漫画が原作であるが、「ガンツ」のように原作を見ていない人には説明不足でサッパリ面白くないということはなかった。

 まあ、よくチネチッタまで出っ張って撮影したものだ。ローマのセットはアチラのドラマで使われたものを再利用し効率がよろしい。そのローマのセットのシーンは日本で撮影したものも交じっているそうで、ローマ撮影との違和感がなく美術・衣裳・メーク・スタッフに拍手。

 ローマ人の役に掘り深い顔の日本人俳優を当てたというのがこの映画のミソで、後程出てくる「平たい顔」という言葉の意味とともに、自虐的アイロニーが込められている。外国人が観たら、日本人自身も気にしているんだと分かって笑ってもらえるだろう。

 その「平たい顔の人」たちの演技が少しクドくて鼻についた。上戸彩が故郷の温泉旅館に着いたとたん掃除をさせられるところから、半素人の役者さんも交じって最近のテレビドラマ調・・・そう、「のだめカンタービレ」・・・のような、過去の「スチュワーデス物語」から延々と受け継がれたオーバーな演技カラーとなり、私にはああいう演出は苦手である。それに絶妙なアドリブ的タイミングで芝居の間を駆使する名役者・笹野高史さんの持ち味を発揮できていなかったと思う。

 オペラ歌手がカットの間に出て歌ったり、タイムスリップでは簡単な水槽と人形になっているお笑いには自分は反応しなかった。

 劇中流れるベルディやプッチーニの有名な音楽が、映画館のほどほどの音響設備のおかげか素晴らしかった。私はオペラには興味が薄いのだけれど。

 この映画は各国からオファーが来ているそうだが、ぜひ中国人には観てほしい。彼らの中には日本人というのは、すべての公衆浴場でも男女混浴で入り、ゆえに変態民族であると思い込んでいる人がかなり居るから。

 映画館を後にしたとき、銭湯の暖簾をくぐって出てきたような幸福な気分になった。日本人というのは、穏やかな水やお湯の流れ、淀み、お風呂を視覚的に体験しただけでも血圧が安定するのかもしれない。

|

« 好人好日 | トップページ | CB1100で涼む »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。不定期に顔を出してすみません(苦笑)。


この映画、未見なんですが私も中々面白そうだ、という印象を持っていました。阿部寛のような濃い顔の役者さんをローマ人として見立てるなど所謂「ギャグ」の要素として(元々一種のギャグ漫画のジャンルでしょうから)原作の雰囲気を上手く映像の世界に落とし込んでいるようですね。

それにしてもあちらローマの言葉(イタリア語?)と日本語が使い分けられているようですけど、本場のローマで主役陣は堂々と日本語を話していますね。あれはつまり「吹き替え」としての演出なのでしょうか?イタリア語の台詞を意味は分からずとも話せない事もないのでしょうが、こちらも「ギャグ」の一環と考えても差し支えないようですね。


「特撮ファン」の私はやはりその手の場面も気になりますね。セットが殆どでしたか?


投稿: ワン | 2012年8月 4日 (土) 11時08分

ワンさん。コメント不定期でもたいへん有難く感じております。

阿部さんも濃い顔ですが、北村一輝さんが一番でしょうか。腹話術のいっこく堂もそうですが九州より南方出身の人は濃いですよね。coldsweats01

ローマのシーンでローマ人・日本人とも日本語を喋っているところからスクリーンの右端に一瞬バイリンガルというテロップが入ります。本当はラテン語なのですというジョークで済ませています。仰る通りギャグでやっています。
でもまあ、ベン・ハーなども英語ですしね。日本語で勘弁してねということなんでしょう。

投稿: アラン・墨 | 2012年8月 4日 (土) 22時38分

アランさん

暑い日がまだ続きますがいかがおすごしでしょう?

テルマエ鑑賞しました。
いやはや、あんなフザケタ事(日本人がローマ人役)を
やってのけて、しかもお客さんを呼んでしまってるところに
拍手喝采です!
もちろん漫画原作だからとかギャグっぽいからアタリマエとか
そんな事言うだけ野暮
「これは、こういう映画なんです!」と言い切ってる感が
すごく潔いし、お客も同意してました(笑)
こういう空気感、特撮作品にもっとほしかったなぁ.....

投稿: 特撮太郎 | 2012年8月 8日 (水) 09時44分

特撮太郎さん。こんばんは。
ご覧になりましたか。
ロングランしてますよね。東宝も予想外のヒットらしいです。
自分はレンタルDVDが出たらで見るつもりでしたが、たまたま1000円の日に映画館に行きました。

仰るとおりです。たかが映画じゃないか、固いこと言わないで・・という乗りですね。
自分はロケ地イタリアなどの外国にもリリースされるという意識もあって、外国人が笑う様子を想像して面白さが増しました。

投稿: アラン・墨 | 2012年8月 8日 (水) 22時23分

これ、すごく観たかったのですが、観に行けませんでした。アラン・墨さんの記事を拝読し、映画館に足を運ばなかったことを後悔しています。

投稿: マーちゃん | 2012年8月11日 (土) 14時27分

この映画は土肥中では7月から掛けられています。遅いんですね。今月末までです。
そちらでは4月からだったでしょう。

たしかこの映画もフジテレビ出資だったはずですから、半年もすればテレビ放映でしょうね。
まあ、テレビドラマを長くした感じの軽い映画ですので、お気軽にこの次ご覧ください。

投稿: アラン・墨 | 2012年8月11日 (土) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/46525500

この記事へのトラックバック一覧です: テルマエ・ロマエ:

« 好人好日 | トップページ | CB1100で涼む »