« お天道様ありがとあんした。 | トップページ | 犬の永久運動クソワロタwww »

「プレデター」のプロップガン

 デジタルリマスターされた映画「プレデター」で、撮影用プロップガンがどういうものか記録できたのでアップします。

↓銃口の先に注目。実際の銃口には見られない筒の中にさらに小さいノズルが見えている。あの小さなノズルから空砲弾の燃焼ガスが噴出するようになっている。これが撮影用プロップガンの印。

Dscf0003_medium

 それにしてもカメラマンは気が付かなかったか。シュワちゃんは長時間この状態でカメラに銃口をさらし、プロップガンの正体をパラしている。

↓撃ちすぎて赤熱している銃口の中のノズル。

Dscf0001_medium

 小さなノズルがある理由は、付けないままで空砲弾を撃つと、飛んでいく弾がない為、発射ガスの反動が弱く、弾送りと薬莢排出のメカが動かなくなるからである。それで銃口を細くして抵抗によるガスの反作用を増しているという訳。それにしても向こうのドンパチシーンというのは、オリジナルが本モノの鉄砲だけあって反動や衝撃がすさまじく迫力がありますな。

 本モノが使えない邦画の銃撃シーンも昔よりはかなりマシになってきた。CGで銃口の炎を描き足しているからである。日本映画の数十年前の撮影用鉄砲ときたら、小さい火薬をセットして「パチン・パチン」と屁のような炎と煙で反動も無く、観るに堪えなかったものだ。

↓チェーンガンの発射はカタルシス満点。

Dscf0002_medium

 このガトリング式マシンガンは正式には「ミニガン」(M134ミニガン)という名称だが、GEの商品名である為か映画では使えないのだろう、吹き替えで聞いたところ「チェーンガン」と呼んでいた。・・・(ウィキでは誤訳であると記してある)・・・チェーンガンはガトリング式とはちょっと違うのですが。

 こいつの実際の使用では駆動用に24ボルトの大型バッテリーが要るそうで、とても人が持ち運びながら手に持って撃てるシロモノではない。だからこれは映画のウソである。力持ちのターミネーターだけは全て持ち運べるという設定なのだろう。

 ミニガンは一秒間に100発撃てる性能だけれど、それだと作動不良を起こしやすいので通常は毎秒50発の速度で発射するそうな。すると、この映画では背中にしょっているマガジンは500発位の弾倉に見えるので、約10秒で撃ちつくすことになる。映画では結構長時間撃っていますな。

|

« お天道様ありがとあんした。 | トップページ | 犬の永久運動クソワロタwww »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アランさん

プレデターは本当に終止突っ込みどころ満載ですよね〜
(ジャングル行くのに食料持ってるの?とか.笑)
なのに勢いでみせちゃってるのか気になりにくい??という
不思議な作品です。
これこそ監督の手腕なのか不明ですが
とにかくここまでラフな作りのものを
「魅せる」ことができる作品こそ
本当の娯楽なのかもしれません。

投稿: 特撮太郎 | 2012年5月25日 (金) 11時37分

特撮太郎さん。こんばんは。
シュワちゃんやスタローンの出る映画は基本的にツッコミどころ満載でしょうか。
彼らには一発の敵の弾丸もカスリもしませんよね。
また、この作品もミニガンを準備する傍らでサブマシンガンという頼りない装備をジャングル・ゲリラ戦に使っています。これは可笑しなことでしょう。

しかし、オールロケでスタッフ・俳優の苦労がしのばれます。ムカデや毒虫がいる中で、よくあれだけのカット数をこなしてますね。

投稿: アラン・墨 | 2012年5月25日 (金) 22時56分

こんにちは。

このプレデター、は後にライバルとなるエイリアンと同じくモンスターアクション、ホラーアクションのジャンルの一つですが、寧ろ人間側の主役であるシュワルツェネッガーの肉体美を引き立てる役として架空の存在を設けた印象がありますね。


「ステルス」機能を装備した設定も最後の最後まで正体を顕わさない工夫のひとつでしょうか。出来る限りシュワちゃんの八面六臂の活躍をメインに据える意図が感じられます。


エイリアンではタイトルロールのモンスター(クリーチャーでしょうか)の圧倒的なまでのおぞましい存在感が映画の主導権を握っていて逆に恐怖に怯える人間が脇役に回っている。


どちらも名の知れたキャラクターですが、初出の作品でのあしらいが対照的で中々面白い、と思うのは私だけなのでしょうか?(笑)


マシンガンのプロップのお話も面白く興味深いですね。一般の人には作り物の銃口の様子まで気を配らないでしょうし、その辺は監督も「目をつぶった」のかもしれませんし、そもそも監督自身も気付かなかった可能性・・・は、多分ないでしょうね^^;

投稿: ワン | 2012年6月 2日 (土) 14時17分

ワンさん。こんばんは。
プレデターは地球人よりはるかに文明が進んでいます。それなのに残虐・非道、他の知的生命体に思いやり無し。ここが目のつけどころですね。よく考えましたね。
エイリアンは昆虫といってもいいので、叩き潰すのになんらためらいが起きません。これも良く考えられています。
プレデターのステルス処理は当時のマッキントッシュ(フォトショップ?)を使ったようですが、画像に古さを感じません。

プロップガンの銃口の中のノズルはBS放送テレビ「コンバット」で発見しました。HD画面じゃないと気付かないですね。1960代のテレビではだれも気付かなかったでしょうが・・・

投稿: アラン・墨 | 2012年6月 2日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/45402048

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレデター」のプロップガン:

« お天道様ありがとあんした。 | トップページ | 犬の永久運動クソワロタwww »