« 入院生活2 | トップページ | インシテミル »

入院生活3

「からだじゅう全体に油がたまって衰弱し

吸収と排泄の調和がとれなくなっている。」

             -「赤ひげ」-より

↓1ヶ月たって、左側と右側の手術あと。

Dscf0001_medium_2 Dscf0002_medium_3

・整形外科というところ

 まず、入院患者の8割は高齢者であった。したがって、認知症ぎみの人もいる。私の隣の病室から、早朝、「かんごふさーん!!!、かんごふさーーーん、ハラヘッターーーー!!!」という男性の大声が聞こえたものだ。おじいさんはナースコール・ボタンというものの存在が分からないらしかった。

 大声というより奇声に近い声は隣の病室だけでなく、他の病棟からも聞こえてきた。この病院に精神科はないのだけれど。またナースセンターで大声で怒鳴り込んでいる高齢の患者も見られた。歳をとると自己中で我儘になる。ちょっとしたことでクレームをつけてくる。

 看護師さんの献身的な姿には頭が下がった。整形外科の重症患者は動けない。食事にせよ、排泄にせよ、呼ばれっぱなしだった。ナースセンターからコールの音楽(バッハのメヌエット)が深夜以外、鳴り止まないことはなかった。この病院は防音対策がおざなりで、30メートルは離れている私の病室までバッハが聞こえてきたのである。おかげであの音が耳に浸み込んでしまった。看護師に訪ねると、整形外科が一番ナースコールが多いという。納得。

 防音対策がなされていないと書いたが、どういう状態かというと、朝6時頃から口を濯ぐ水・オシボリの各室分配の音でたたき起こされ、その後も投薬の準備、朝食の配膳の音、廊下・トイレの清掃の音やドアの音、会話が9時ごろまで病室内に筒抜けでヤカマシかった。老朽化した病院なので我慢するしかなかったが、実はこの病院、別の場所に新築中で、来年オープンする。新病棟は改善されているだろう。入院するのが1年早かったわけだ。

・抜糸

 手術後2週間目に抜糸した。実は縫合されていたのは刑事・コロンボのエピソードであった融ける糸とホチキス状の金具であった。したがって糸は消えて無く、切開した場所に数十個取り付けてあるホチキスを取り外した。 これが結構痛かった。ペンチのようなもので外すたびに痛い注射を打っているようなもので、顔をしかめた。ケーシー氏は「後半分です」、「もうじき終わります」とはげましてくれた。その後レントゲン撮影し、ギプスを取り付けた。ギプスは石膏状のものを想像したが、ジェルの薬品で浸された青い包帯状のもので、患部に巻き付けた後、凝固するというタイプのものだった。色はピンク、青、薄青と選べたが自分は薄青にした。

・リハビリテーション

 入院して二日目、まだ手術もしていないのに、もうリハビリ室に呼ばれた。第一日目は松葉杖歩行の練習。35メートルの距離で行ったり来たりをやらされた。これが結構疲れる。初めてリハビリ療法士というものを見たが、彼等の仕事はマッサージ半分、患者への励まし半分であった。対人術・話術が無ければあの仕事は勤まらない。松葉杖の練習では階段を下るのが怖かった。登りは前につんのめっても階段が支えてくれるが、下りだとすっ転んでそのままガラガラと落ちてしまうからだ。

・退院

 入院生活18日目にて退院。予定より少し早めに病院を脱出した。病院の表へ出た瞬間、季節は夏から秋に変わっていることを実感。これから自宅ではもう車椅子には乗れない。松葉杖生活となる。

 ギプスはその2週間後に取り外し、L型のパットをあて包帯を巻くだけの状態となった。入浴はバスタブに浸かる動作がスッテンと転びそうで怖いので、シャワーだけにしている。ギプスをつけている間はゴミ袋をギプスに巻き、ガムテープで防水してシャワーを浴びていた。

 自宅の寝床は2階にあるので、階段の昇り降りは座って一本の足と2本の手と尻を使っている。これは普段の10倍くらい時間がかかる。

 まだ6週間は松葉杖だという。リハビリのための通院は任意で来てよいと療法士に言われた。まあこれは1週間に1回くらいとなるかな。骨折した箇所は手術の痕でなく、あちこちがピリピリと痛い。これは療法士によると手術で神経が切れた部分が、痛いという信号を発しているのだという。自分でもマッサージするのだが、足の動きが鈍い。腫れて筋が突っ張っている。ほんとうに歩けるようになるだろうか。

 でも、まあ、前向きに考えるとするか。

                  THE END.

 

|

« 入院生活2 | トップページ | インシテミル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アランさん、こんばんは(^^♪

その後調子はいかがでしょうか?
とっても大変そうですが、また、バイクに乗ることを考えてリハビリに励んでくださいね。
でもご家族の方はバイクに対する嫌悪感が強いかもしれませんね。

アランさんの気分しだいですね。
アランさん如何お考えですか。

では(^_^)/~

投稿: saka | 2011年10月22日 (土) 00時36分

sakaさん。こんにちは。
ケガへのお心使いありがとうございます。

家でもリハビリしているのですが、
なかなか右足はいうことをききません。
使わないので足全体が細くなりました。
ただ、ジワジワと回復している感覚はあります。
12月にはなんとか歩きたいですね。

家人はバイクに乗るなとは言いっていません。
あきらめているようです。think
来年4月には乗るつもりです。

投稿: アラン・墨 | 2011年10月22日 (土) 15時28分

こんばんは。
アラン・墨さんの大変な時に変なコメントばかりしてしまい、
反省の日々です。本当にすみませんでした。
吉本ずっと観てなかったのですが、今週から旧作と新作を
録画してお勉強しております。どうぞ宜しくお願いいたします。
一日も早いお怪我の完治を祈ってます。weepclover

投稿: ぱんみ | 2011年10月22日 (土) 20時21分

ぱんみさん。ぜんぜん気にしていませんよ。
むしろ、お相手いただき楽しんでいます。
また、怪我のご心配ありがとうございます。catface

吉本新喜劇は毎週観ていますが、
今日もそうだったけど、茂蔵が出るのは
さすが飽きましたね。新幹線と滑る階段のやつ。

安尾信之助が出るとだいたい観ます。
ぱんだうさぎ姉御とは島木譲二のギャグ合戦しました。
「ワンダフルフル・フルーツポンチ」cherry

投稿: アラン・墨 | 2011年10月22日 (土) 21時10分

アラン・墨さん。ありがとうございます。
私も茂蔵さんとファーン飽きました。
一番好きなのは信之助さんです。あと珠代ちゃんとオクレ。。
久しぶりに観たら(GAORAで)、奈臣実ちゃんが一段と可愛く
なってましたpig。アラン・墨さんとのギャグ合戦のお相手は、
全部アチキでした。。。すみませんdash

投稿: ぱんみ | 2011年10月22日 (土) 21時56分

ぱんみさん。いつもありがとうございます。
やっぱり疑問符男・安男が面白いですよね。
彼が登場してくるのを待っているんですよ。smile
オクレは自分のギャグに本人が笑ってしまうのが可笑しくて。
島木さんは病気で入院中らしいですね。いかにも血圧高そう。
またギャグ合戦しましょう。

投稿: アラン・墨 | 2011年10月23日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/42569905

この記事へのトラックバック一覧です: 入院生活3:

« 入院生活2 | トップページ | インシテミル »