« 操演とは | トップページ | オズの魔法使 »

スーパー8

洋画メモ、NO,88、シアター

2010年、パラマウント

監督- J.J.エイブラムス、撮影- ラリー・フォン、音楽- マイケル・ジアッキーノ

出演- ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ロン・エルダード、ブルース・グリーンウッド

-------------------------------------------

 画質が悪くて気になった。 粒子が粗い。まるで16ミリ映画のような粗さ。

 これはいったいどうしたものか。1979年が舞台なのでナツカシ調にしたのか、あるいは8ミリ映画の話なので、あえて粗くしたのか不明。 だから、照明の暗いシーンではフィルムの増感現像のように、なおいっそう粒子がブツブツの粗れ粗れに見える。

 私が観た地方の映画館で掛けられたフィルムだけの問題なのだろうか。大都市のシアターで観た方がいたら、どうだったか教えていただきたい。

 内容はちょっと期待はずれ。前半ではアクビをする観客もチラホラいた。

 本編よりも予告編が出来すぎたし、我々の世代はスピルバーグという名前に弱く、ついつい映画館に足を運んでしまう。

 「未知との遭遇」、「ジュラシックパーク」、「宇宙戦争」、「イット」、 ・・・「グーニーズ」・・・あ、これはないか。・・・ 等々が混ざった映画。あるいはそれら映画へのオマージュ。

 軍隊の行動が分からぬ。殺そうとしていたのか捕まえようとしていたのか。

 そいつが少年を捕まえてお互いお見合いしただけで解決か。

 エンドロールでは画面左の8ミリ映画を観客は凝視するので、ピクサー映画のNG集のようにスタッフの名前はスルーされてしまう。 無視されるスタッフがかわいそうだ。

 

|

« 操演とは | トップページ | オズの魔法使 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

これは映画館まで足を運ぶ必要がなさそうですね。
スピルバーグの名前が出てきたら期待しちゃいますよchick

投稿: マーちゃん | 2011年7月 6日 (水) 10時35分

映画館、1000円の日でしたが、
館内は10人くらいしかいなかったのですよ。
やはり、お暇なときにでも、レディースデイの1000円でお気軽にご覧ください。
監修・スピルバーグって、なんか胡散臭いです。
いままで、それで結構コケた映画もありましたな。

投稿: アラン・墨 | 2011年7月 6日 (水) 21時27分

ちょっとご無沙汰してます、元気してますか。


僕としては8ミリは最初がダブル、次いでスーパー、おしまいがシングルと全部こなしたから観たいのですが「どんな巨匠も年齢に感性は反比例する」が持論ですからノー・サンキューでパスです。

前回のインディアナでがっくし枯渇を見ましたもん。

投稿: ロンリー・マン | 2011年7月 8日 (金) 23時26分

ロンリー・マンさん。こんにちは。
私は8ミリはダブルとシングルしかないと長い間思っていました。
それで、スーパー8というタイトルは何を意味しているのか分からず。(最初は8人のスゴイ少年たちのことかと・・)
検索して調べてやっと分かったしだいです。笑
ルーカスやコッポラもそうですが、監督業は重労働なので加齢とともに意見をいうだけの仕事が増えるようですね。

投稿: アラン・墨 | 2011年7月 9日 (土) 10時24分

こちら無風で暑いです。


「ワタシニモ・ウツセマス!」と後年国会議員になった女優を使い、8ミリを普及させたF社はエラいです(笑)。
それまでは特にご婦人方はフイルム装填が苦手ではなかったかしら。直射日光を避けながら苦労したと思います。
まっ、オープン・リールからカセットを発明した同じ発想ですけどね。言うは簡単、トライしたヒトはやはりエラいですよ。

投稿: ロンリー・マン | 2011年7月 9日 (土) 10時41分

こちらも無風に近いです。最低気温の例年は18度前後なのですが、ここ5.6年は20度を超えています。

シングル8の扇さんのCMは、はっきり憶えています。
高校のとき、そのカメラを部活で使用しましたが、ジーという音がいいもんでした。
あの音を現在のムーピーカムで擬似音として出したら面白いですね。

投稿: アラン・墨 | 2011年7月 9日 (土) 11時11分

再三でごめんなさい。


今、クローゼットを見てきました。


撮影機、古い順。エルモ(W、名機)、キヤノン(Su)、エルモ(Si)。


映写機、古い順。シネマックス(W)、フジ(汎用)、コパル(Si)。どれも最悪!。


*日本の映像機器の会社は名前ほどは楽ではないから現存する会社は多くないですね。
何か悲哀を感じます。

投稿: ロンリー・マン | 2011年7月 9日 (土) 11時32分

ロンリー・マンさん。こんばんは。
かなりの撮影機をお持ちですね。
フィルムも大切に保管されていることと思います。
撮影も映写も今のデジタルビデオとは違った味わいがありますので、ジャンルとして消えることはないと思います。

投稿: アラン・墨 | 2011年7月 9日 (土) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/40629887

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー8:

« 操演とは | トップページ | オズの魔法使 »