« ウルトラホーク1号はVTOL機だった。 | トップページ | CB1100目覚める »

KLX125で豪雪地帯を走る

原付2種ツーリングメモ

 2011年2月26日、午後、今年の初ツーリングを実行した。

 当日、高山市は快晴、最高気温は9度前後で、これは3月下旬の気候。2.3日前には13度まで上昇し、道路の雪はすっかり融けてドライとなった。この状態が続けばバイク乗りは何とかなる。

 目的地は特にないが、いつもの日当たりのいい道、車の少ない道を走ると飛騨市古川町と、すぐ隣の河合町に着いてしまった。この時期、まだまだ日陰のある道は凍結していることがあるので、町並み・山並みの日の当たる東側を選んで走ってしまう。

Dscf0002_medium

↑飛騨市古川町野口。

Dscf0006_medium

Dscf0005_medium

↑、飛騨市河合町。

 飛騨でも屈指の豪雪地帯。ただし、こういう地域ほど除雪体制がしっかりしているので道路に雪は全くなく、スイスイ走れてしまう。ここらへんの家の屋根は堆積した雪を崩れやすくするため先端を尖らせてある。

 KLX125は先月、3キロほどチョイ乗りしたのだが、それから約1ヶ月半、軒下にカバーを掛けてホッタラカシにしていた。その間、強烈な寒気がやってきて、最低気温・氷点下10度以下という環境にさらされ続けていたのだが、本日のエンジン始動ではセル一発のみで快調に暖機運転の心地よいサウンドを奏でてくれた。

さすが日本設計・タイ製。

 やっぱり多少寒くても、制限速度でもオートバイは楽しいね。それにこの時期、虫がメットに激突しないので視界は良好、眺めも最高。 寒いにはこういうメリットもある。 

 河合町の温度計は4度だった。

 50キロ走ったところで帰宅。

 今度はホンダ・ゴリラにバッテリーを取り付けて始動。 バッテリーは放電しきっていてニュートラルランプも点かなかったが、この6ボルト・ゴリラはマグネット点火なので、キック5・6発で始動した。 コイツも軒下に何ヶ月もホッタラカシだったが、悪環境での始動性にはいつも感心してしまう。さすがスーパーカブのエンジン。世界のホンダ。

Dscf0007_medium

 5キロほど近所をチョイ乗り。また、これはこれで楽しいね。時速35キロでもスピート感満点。前にも書いたけど、KLX125よりも、CB1100よりもゴリラの運転が一番神経を使う。よくこんなのに30年も乗ってきたなー。

 それに、2.6馬力は明らかにアンダーパワー。 去年、オイルにゾイルを混ぜたら、若干、トルクが増し、レスポンスも良くなったが、それでもちょっとした坂では、みるみる速度が落ちてしまう。

 12ボルト・ゴリラは、たしか3.4馬力に増強されていたが、それでもキツイだろうな。

スタジオ・ジブリではないが、もう二馬力ほしい。

|

« ウルトラホーク1号はVTOL機だった。 | トップページ | CB1100目覚める »

原付2種ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

アランさん、こんばんは(^^♪

高山市は本日地震があったんですよね。
テレビでやってましたよ。

私今回失礼をしたばかりなので、高山という単語に敏感になっていました。
そこに地震ですのニュース。
即反応しちゃいました。

建物によっては壁が剥がれ落ちたものとかも報道されていました。

大丈夫でしょうか?

バイクに乗れるくらいの良い天気になってよかったです。本日私も120km程度乗ったのですが、とっても気持ちよかったです。
今日はまさにバイク人の啓蟄かも!

では(^.^)/~~~

投稿: saka | 2011年2月27日 (日) 20時59分

sakaさん。こんばんは。
つい、今しがたも震度2くらいのが一発きましたね。
こんなこと人生初めてです。なかなか収束しません。火山でも噴火するんでしょうか。
我がボロ屋は無事でしたが、軽いものは床に落ちたり倒れていました。
私も全国ニュースに出てビックリです。
120キロのツーリングはいいですな。私も来週はイレブンでそのくらい走りたいですね。

投稿: アラン・墨 | 2011年2月27日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/39033954

この記事へのトラックバック一覧です: KLX125で豪雪地帯を走る:

« ウルトラホーク1号はVTOL機だった。 | トップページ | CB1100目覚める »