« ガキの頃欲しかったものゲット、9R-59D | トップページ | 敬愛なるベートーベン »

2011年1月8日

今朝7時半の外気温と室内(シャック)の気温。

Dscf0001_medium

 今冬初めて氷点下10度を下回った。室内も氷点下で、内側の窓ガラスの湿気も凍り付いている。この部屋はリフォームされてなくて、壁には断熱材が入っていない。

 こういう状態で暖房はつけず寝ているので、地球のCO2増加防止に貢献していると負け惜しみを言う。

 アメリカ人の住む家・アパートというのは、24時間、あらゆる部屋・廊下を都市ガス・あるいはセンターから配管されているスチームで暖房している。しかも留守の時でもつけっぱなし。アイツらのエネルギー使用量、CO2排出量はムチャクチャだ。

 しかも、それが世界的に普通だと、アメリカの生活が世界の基準であるとカン違いしているので始末におえない。

 日本の、肌に触れる最小限の空間を、最小限のエネルギーだけで温めるコタツという賢い暖房を見習えっツーノ。

 年末・正月のテレビ番組は相変わらず観るものが無かった。

 さんま・ダウンタウン・ナイナイ・・・・・等々。これらイジメッ子面したタレントが、人の体験談をチャカして笑わすという番組は、今までも面白いと感じたことが無く、今もチャンネルを偶然合わせても5分と観ていない。それをダラダラと長時間番組にするのは制作予算を抑えるためだという。

 と、新年早々グチを言ってしまった。

 今日のこの寒さ。嫌いではないです。

 キリッとした、肌を刺すような寒さ。ちょっと快感ですね。

 午前10時半現在、空はアッパレ日本晴れ。外はまだ氷点下。

-------------------------------------------

追記: 午後2時、1ヶ月ぶりにKLX125を動かした。

 本体は軒下に置き、バイクカバーをかけておくだけだったので、年末から今日までの寒気でバッテリーはひょっとして弱っていて、エンジンがかからないかもと予想していたが、キーをひねるとヘッドランプは煌々と照り、液晶メーターは勢いよくイグニッションの儀式を見せてくれた。

 セル一発でエンジン始動。スゴイ。さすが日本設計・タイ製。タフだ。

 せっかくなので、ユニクロのウォーニングパンツとアノラック(昭和な言い方)を重ね着するという軽い出で立ちで軽く10キロほどツーリング。プロテクターをつけていないので少し不安。えてして、こういうときに転倒・怪我をするものだ。

 気温は2度くらい。快晴。日当たりのいい道路はドライの状態。途中、圧雪路もあったが、時速10キロ以下で体制を崩さなければ楽勝に走れた。楽しいね。

 帰り際、ガソリンを満タンにしておかなかったので、スタンドに寄り給油した。長期保管の時は満タンにしないと、タンクの内面に水滴がついてサビるという。

 

 

 

|

« ガキの頃欲しかったものゲット、9R-59D | トップページ | 敬愛なるベートーベン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アランさん、こんばんは(^^♪

1月8日は少しバイク乗れたみたいですね。
良かったです。

実は今日1月10日私、ブログで知り合った『しのみぃ』さんとそのお仲間の方達、私含め合計7名で日生のカキオコツーリングに行ってきました。
私にとってはこうしたブログメンバとのツーリングは初めてのことですが、新しい出会いができてよかったと思います。それにね、カキオコが思った以上に美味でまた気に入ってしまいました。

アランさんとも是非オフでお会いしたいものです。その際はヨロシク!

では(^.^)/~~~

投稿: saka | 2011年1月10日 (月) 22時30分

sakaさん。こんばんは。
今、10時50分ですが、また冷えてきましたぞな。
外気温マイナス9度です。
はい、初ツーリング、寒くても楽しかったですね。でも早く春がこないか指折り数えています。
カキオコ・・・失礼ですが存じませんでした。それでググッてみたらオイシソー。腹が鳴るではありませんか。家でもやってみようかな。いいこと教えていただきました。
こちらにツーリングの際はぜひ漬物ステーキとケイチャンを食してください。・・・ググッてね。

投稿: アラン・墨 | 2011年1月10日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/38386875

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年1月8日:

« ガキの頃欲しかったものゲット、9R-59D | トップページ | 敬愛なるベートーベン »