« KLX125でガレ道走る | トップページ | 宮谷-明ヶ谷・林道走る »

CB1100グリップヒーター点火

CB1100、NO,10

Dscf0003_medium

(2010年11月11日、国道158、松ノ木峠をちょっと越えた、標高1080メートルにて)

 しだいにバイクシーズンもタソガレてきた。道路に雪が積もってはもうオシマイ。

 特にCB1100・・・オートバイは圧雪路を走れないのはもちろんであるが、たとえ雪が融けてアスファルトが見える路面でも走りたくない。融けた水が跳ねてバイクが汚れるからである。

 昨年12月23日にカワサキKLX125を手に入れたが、真冬のシーズンでも、新車を走らせにゃソンと、これだけは日当たりの良い雪の融けたドライの道を選んで走ったものだが、CBイレブンではモッタイなくてそんな気も起こらないだろう。

 ということで、12月から4月までは男爵店でCBの任意保険を停止してもらう予定。ただし、バッテリーの充電のため、完全にドライ道が続いていればチョイ乗りをするかもしれない。(20分程度ではかえってバッテリーを消耗させてしまうかもしれないが)

 さて、オプションで取り付けたCB1100のグリップヒーターを使うようになってきた。この新型はCB1100で初めて採用されたもので、VFR1200にも適合されるものという。

 どこかのサイトで説明を見たが、握り部分の太さはオリジナルの直径と変わらないという。また、指先がつかむ部分では手のひら部分より温度が高くなるよう設計されているという。     

 それに消費電力は24ワットとウインカーの点灯程度のものらしい。私は両方で60ワットくらい消費するのではと想像していたので驚いた。これならバッテリー上がりの心配は少ない。

 これを初めてスイッチオンしたときはちょっとワクワクしたが、ボタンのランプが点灯しても全く暖かくならなかった。男爵にバイクごと運んでもらいクレーム処理をしたが、原因はテープで巻いた部分にあるソケットが半分外れていたという。部品交換も無いので24時間でバイクは還って来た。

 さて、そのインプレ。・・・・熱い。 

 コマンドはHI・MID・LOWと三段階で設定できるが、最低のLOWに切り替えても、気温10度以上で時速60-70キロ走行のコンディションでは、大げさに表現すると低温火傷しそうに感じた。ただし、手にはめていたグローブは夏用の薄いものだったせいかもしれない。私にはLOWのレベルでは時速80キロ以上で程よく感じた。

 コマンドの設定はボタン一つをプッシュすることで、(1秒押して電源オン-HI)→(1秒押してMID)→(1秒押してLOW)→(1秒押して電源オフ)というサイクル。だからLOWにするには3回一秒以上押さなければならないので、多少面倒に感じた。尚、エンジンを切るとヒーターもキャンセルされるので、発進するたびにボタンを押さなければならない。

 グリップヒーターというものは、恐らく高速道路を100キロで走る計算で設計されているのだろう。 市街地をトロトロ走行する際は摂氏0度でない限り、誰しも熱く感じると思う。はめているグローブの種類にもよるけれど。

 握っている手が暖かい・熱いだけでも随分と体がほぐれ、硬くならないものだ。取り付けてよかった。

Dscf0002_medium

(松ノ木峠の横には東海北陸道があり、高速道路としては日本一標高の高い1085メートルを車が走る。最近パーキングエリアが出来た。)

 

|

« KLX125でガレ道走る | トップページ | 宮谷-明ヶ谷・林道走る »

CB1100」カテゴリの記事

コメント

アランさん、今晩は(^^♪
グリップヒータ私もつけましたが、冬のライダには必需品です。そう思いませんか?

グリップヒータ使ってこの冬を乗り切りたいと個人的には思っていますが、雪が降っちゃおしまいですねぇ。それにしても驚きです。もう雪が目に見える形で存在しているとは。

雪が降る可能性のある中でのCBはちょっと怖いですね。確かにKLXが良いですね。

CBはしばらく冬眠ですね。
その際にはバッテリをはずしておいて置くのが良いかもしれませんね。

そうすれば乗車前につなぐだけで一発指導できるのでは...。

投稿: saka | 2010年11月11日 (木) 23時28分

sakaさん。こんばんは。
仰るとおり、グリップヒーターは必需品ですね。これにグリップガードをつければもっといいのでしょうか。
今年の2月、ホカロンの腕廻りに巻くタイプのものを試しにつけてみましたが、サッパリ効きませんでした。笑
岡山県は太平洋側はあまり雪が降らないようでウラヤマシイ。こちらは一晩で50センチ積もることもあります。でも郵便配達のカブライダーはスタッドレスタイヤにチェーンをつけて仕事をしています。プロはすごい。
あ、バッテリーですが、ゴリラははずしますがKLXはつけたままにします。CBは倉庫に休眠ですが、これもやっぱり仰るとおり外そうかなー。

投稿: アラン・墨 | 2010年11月12日 (金) 21時27分

アランさん今晩は(^^♪
岡山は一年を通しても雪は殆ど降りませんね。
実は私が子供の頃は一年に一度くらいは積もることもあったのですが、最近では積もることは殆どありません。

これも地球温暖化の影響でしょうか?

岡山は雪が降らないからこそ、もしも奇跡的に積もったときには数センチの雪でも交通網がガタガタになり大混乱状態になります。

慣れていないから仕方ないかもしれません。

投稿: saka | 2010年11月12日 (金) 22時22分

sakaさん。おはようございます。
岡山では積雪はほとんど無いのですね。
重ね重ねウラヤマシーー。
雪なんて雪見酒するくらい積もればいいんですよ、後、スキー場か田畑くらいにちょっと降れば。
こちら雪国では雪というのは子供はさておき大人にとってはヤッカイモノです。
毎朝、家の前の除雪・・・市民の暗黙のマナーです。屋根の雪下ろし・・・降ろさないと上から押されて戸が開かなくなる。等々。考えるとまったく憂鬱です。
でも、市民の車の雪上運転は慣れたものですよ。私もカウンターをあてながらドリフトさせることがあります。危険回避のテクに使っています。
ニュースで、都会の人が数センチの雪でアタフタしているのを見ると失礼ですが笑ってしまいます。

投稿: アラン・墨 | 2010年11月13日 (土) 09時26分

アランさん、今晩は(^^♪
冬のバッテリー対策としてこんな情報があるらしいよ。リンク貼っておきますね。

http://blog.goo.ne.jp/dream-kirishima/d/20101122

興味があればどうぞ参考にしてください。

投稿: saka | 2010年11月22日 (月) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/37626619

この記事へのトラックバック一覧です: CB1100グリップヒーター点火:

« KLX125でガレ道走る | トップページ | 宮谷-明ヶ谷・林道走る »