« この声、苦手です。 | トップページ | 「2001年宇宙の旅」のミス、再び »

KLX125でダート走る

 2010年10月18日、富山県利賀村、山の神峠をKLX125で越えた。

 この峠の下には2車線の快適な新山の神トンネルがあるのだが、国道156号線にて白川村に戻ろうと、たまたまツーリングマップを検索していたおり、トンネルの上に旧道の峠道があるのを発見し、面白そうなのでチャレンジしてみた次第。その旧道はトンネル入り口すぐ左にあった。

結果は以下の通り。

Dscf0018_medium

初めてKLX125をドロだらけにしてしまった。

 峠道は車一台がやっとの道で、登りは舗装路であったが、大雨で流れた岩石がゴロゴロ状態。それでもスリムなKLXでヒョイヒョイと避けて進んだ。これがまた楽しいが、やはり熊ちゃんとの遭遇にはチキンになっていて、クラクションを鳴らしまくって登る。まあ、たとえいたとしても熊は耳がいいのでエンジン音で逃げているはずだが。

 水が流れている箇所がけっこうあったが、車体やライディグ・シューズを濡らしたくないので、そういう部分では一本橋走行の超微速度で走る。この走行スタイルはいつものことで変わらない。(CB1100でもこうすることがある。あの美しい車体を汚したくないのです。)

 15分ほど登ると、峠の頂上に達し、古い旧トンネルに遭遇した。全長は100メートルくらいだろうか、心霊番組に出てきそうなヤツでちょっと不気味だが、出口が見えるので不安はない。ただし、出口付近にドロが堆積している様子が分かる。意を決して進むがやっぱり5メートルほどマディであった。

Dscf1114

 (峠コレクションより)

 で、とうとうタイヤとフェンダーはドロだらけにしてしまった。こんなに汚したのは初めての経験。ここまで来ると戻りたくないですからね。シューズも少し汚れてしまった。本格的オフロードライダーにはなんでもないことでしょうが。

 さて、トンネル出口は右と左のダートに分かれているが、左の道をあてずっぽうに選んで走る。どちらの道も下っていくので、いずれ主要な道に通じるはずだ。ここからは舗装路ではなく、ワダチがかろうじて分かる草ボウボウの道。しかも途中、1メートル近い岩石も道の半分をふさいでいた。したがってジムニー・クラスの小型四駆でも走行不可能です。ご注意を。

 これほど荒れているダート走行も初体験。KLX125には全く問題がないが、こんなところでエンジントラブル、パンクを想像すると、またチキンになる。ずーっと走ったあげく、行き止まりということもありうるのでこれも不安であった。

 15分ほど下った結果も以下の通り。

Dscf0014_medium

 無事、反対側の新トンネルの本道に合流する峠道入り口にたどりついた。写真では楽勝のダートに見えるけど、ここだけのもので、90パーセントはもっとハードです。

 この峠道はオフロード・ライダーにも忘れ去られた存在ではないだろうか。利賀村自体、迷子になりそうな複雑な峠とトリッキーな道が縦横にあるので、ライダーには未踏の道が多く、探す楽しみの多いところだと思う。

 2009年12月に手に入れたKLX125は、現在、走行距離7200キロを超えた。リアタイヤは6000キロでスリ減り、交換した。フロントタイヤはあと2000キロは大丈夫だろう。燃費は最低で42キロ、最高で50キロくらい。

 日が短くなって、帰宅前の1時間は夜間走行となった。今回の走行距離は197キロで最長ツーリング。くたびれた。肩が凝った。

 そこでライト走行初体験のインプレッション。

 ロービームの明るさは、例えると、30年前の軽自動車のライトを片目にした程度のもの。

 ハイビームもしかり。 まあ、なんとか夜も走れるかな。ただし、時速60キロ以上は出したくない。

 ハイビームのインジケーター、青色LEDが目に眩しい。これは問題。

Dscf0019_medium

  

 

|

« この声、苦手です。 | トップページ | 「2001年宇宙の旅」のミス、再び »

原付2種ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

良い経験されましたね。
個人的には胸わき踊るといった感じがします。
もしかしてKLXは新車だったのでしょうか?
だとすれば今回のチャレンジは結構ショックなものでしょうね。
気持ちよく分かります。

私のセローは中古で1993年式ですが、やはり最初ダメージを与えるまでは気を使って乗ったのを覚えています。

でも慣れるともういけいけどんどんですね。

ただ最近は身体が付いていかないので無理なことはしないで林道を走るのがせいぜいです。

丸太越えとか階段登りは致しません。

KLXこれからも楽しみですね。

最近オフを走る人はめっきり減っているように思います。私もその一人かもしれませんが...。

でも、オフはオンに無い楽しさがある。これは間違いない。

ただ一つ注意点!
オフは一人で行かない方がよい。
と、言うことです。

私の悲惨な経験からの教訓となってます。

今後もオフのアップ、楽しみにしています。

投稿: saka | 2010年10月22日 (金) 22時10分

sakaさん。コメント頂いている同じ時間に、ワタクシめもsakaさんのブログに訪問しておりました。波長が合っていますね。笑
KLXは購入して10ヶ月になります。その前はエイプ100でしたが、カワサキがもっと早く発売していればエイプなど買っていませんでした。下取りを含めても、結局、この2台でセローが買える資金を投入してしまったのです。トホホ。
私は腕がないので、極力無茶なことはしませんね。新車だからということもありますが、コケたくない、バイクを壊したくない、汚したくない、3ナイ運動に徹しています。笑
オフのソロは注意。・・・忠告ありがとうございます。身にしみて感じます。携帯も通じないので無線機がいるかなーと思ってしまいます。バイク仲間もいるのですが、結局、気を使うので一人で出かけてしまいますね。

投稿: アラン・墨 | 2010年10月22日 (金) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/37306975

この記事へのトラックバック一覧です: KLX125でダート走る:

« この声、苦手です。 | トップページ | 「2001年宇宙の旅」のミス、再び »