« 「バイオハザード」・日曜洋画劇場のやり方 | トップページ | CB1100で芋を焼く »

トイ・ストーリー

トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD] DVD トイ・ストーリー スペシャル・エディション [DVD]

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2010/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

洋画メモ、NO,86、DVD

1995年、ピクサー、ウォルト・ディズニー・スタジオ配給

監督- ジョン・ラセター、音楽- ランディ・ニューマン

出演- トム・ハンクス、ティム・アレン、ドン・リックルズ

--------------------------------------------

 「トイストーリー・3」の予告をネットで観て、その描写力に感嘆し、どのように進化していったかを見極めるため、改めて過去のシリーズを確認してみようとDVDを購入した。

 レンタル店でストーリー1と2を同時に借りようとしても、10巻以上並んでいるケースは何時行ってもどちらかが空っぽの状態で、業を煮やして買ってしまった。

 このシリーズは今までテレビ放送で観てきたが、16インチのアナログテレビをベットで寝そべって観ていたので何とも評価できなかった。

 それにテレビ放送の日本語吹き替え版では、唐沢のウッディの声は良いとして、本人には悪いけれどバズ役の所ジョージの吹き替えた声に以前から抵抗を感じていて、かねてから原語で観たいと思っていたのだ。それで今回はDVDの音声を英語版にして再見した。

 バズの声はやっぱり所ジョージの軽く抑揚の無い声より、ティム・アレンのほうが演技力があり、たくましく感じた。一方、トム・ハンクスの声はベテランだけあって耳に心地よい。

 この映画は1994年頃制作されていて、すでに16年を経過しているが、CGの処理は素晴らしい。現在でも鑑賞に全く問題がないが、ただし、オモチャより人間の描写に問題点を残していて、皮膚がビニールのように見えてしまっている。また、人間の子供や犬が走っている動画は完璧とは言えない。

 それに、樹木や草などが風でなびくなどの動きが無く、室外でのバックは時間が凍結したように見えて生きていない。しかしこれは次回作で改善されていたと思う。

 歯に矯正具を入れた悪ガキ、シドが元気1杯で面白い。彼の存在でオモチャを大事にしなさいというメッセージが込められている。

 バズがチープな台湾製であるというシーンがあり、あの国にちょっと失礼ではないか。

 ウッディとバズがラジコンに乗ってトラックに追いつこうとするシーンでは、傍らを走っている車のエンブレムにニッサンのブランド、インフィニティのマークが一瞬写るカットがあった。これはバスのセリフ「To Infinity and Beyond」を引っ掛けたものか。

 

|

« 「バイオハザード」・日曜洋画劇場のやり方 | トップページ | CB1100で芋を焼く »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/36917179

この記事へのトラックバック一覧です: トイ・ストーリー:

« 「バイオハザード」・日曜洋画劇場のやり方 | トップページ | CB1100で芋を焼く »