« CB1100、納車 | トップページ | CB1100インプレ続き »

CB1100インプレ

CB1100、NO,2
Dscf0009_medium

 2010年7月28日午後3時、雨も治まってきたので、バイク店で進水式を終え発進。 3ヶ月前、教習車のナナハン乗車以来の大型二輪乗りだが、動かしてまったく不安が無い。低速でも超安定している。身長171センチの人間が跨った感想は他のインプレで散々書かれている通りなので省略。 数十メートル走ったところで一時停止の標識がある。

・エンジン、ミッション

 停止したところで、3速に入れてトロトロ走っていたギアのシフトダウンが出来ない。ニュートラルにも入らない。これはエイプ100の納車時でも経験したことであり、この現象はホンダ車特有のものなのだろうか。カワサキKLX125の納車では最初からスコスコとギアが入りニュートラルも楽に出せたものだが。

 他の試乗インプレを見ると気持ちがいいくらいギアが入ると記載されているが、あれは慣らしこまれた車輌での話ではないだろうか。 まあ、恐らく300キロくらい走り慣らせば、しだいに入るようになると思う。 しばらくは停止前にダブルクラッチでシフトダウンしなければならない。

 エンジンの回転数は5速トップギアでは時速60キロで2000回転ピッタリ。約90キロでは3000回転。 500キロ走行まではこのくらいに抑えて走ったほうがよさそうだが、この範囲の走行でも実に気持ちがいい。

 法定速度60キロの国道を65キロで走行中、トラックに煽られたが、トップギアのままアクセル一ひねりであっという間に後方に追いやった。これがリッターバイクの醍醐味。 ただし、基本的に私は、家が道端に建っている道路やレーダーのありそうな道では制限速度か、せいぜいブラス10キロまでしかスピードを出さない。

 そのトップギアでは時速35キロくらい、約1200回転からでもスナッチせず十分加速ができる。たいへんラクチン。オートマのようにズボラ運転も可能。 もし9000回転まで廻せば200キロを越すのだろうか。それはカウルが無いので実現性は乏しいが恐ろしいことだ。私の場合、恐らく5000回転までで十分だろう。

・エンジン音。

 ホンダ氏はFIエンジンであっても、キャブレター式のフィーリングを出したと語っていたが、自分には中型以上のマルチエンジンのバイクを乗りこなしてきた経験が無いので比較しようがない。ただ、1500回転から2500回転までのエンジン音はどこかで聞いた記憶がある。

 それはセスナ・軽飛行機のエンジン音。

 こんな感じの音だと思っていただければよい。私は良い音だとも悪い音だとも思わないが、ホンダ氏(テストライダー)がビデオで語っているようにシリンダーの一つ一つが爆発している感じというのは言いえて妙だ。 尚、セスナの小型機も空冷エンジンだ。

・放熱

 夏真っ盛りということもあり、両膝が暑い。ただし、我慢できないほどではない。私の感覚では左ひざが右より暑く感じた。これはひざ下より前方にあるエンジン下廻り部分の表面積が右側より多い?・・・ためではないだろうか。

Dscf0011_medium

 厚手のパンツにニーシン・プロテクターを着けていても暑い。ということは晩秋のツーリングではヒーター代わりになるということか。

 尚、トラックの後方を走ると、走行風がスポイルされる為か、特に暑く感じる。信号待ちなどで暑いのは、どの水冷・空冷バイクでも同じだろう。

・シート

 一時間乗りっぱなしでの感覚では尻が痛いということはなかった。可も無く不可も無いというところ。ただし、このシート。店で外して見せてもらったところ、随分と薄く安っぽく感じた。昔のCBナナハンのようなモコモコ・フカフカのにしてもらいたい。これはデザイン上の問題や個人差もあるのでなんとも言えないが。

 私が乗ってきたバイクは今回のCBに加えてホンダ・ゴリラ、エイプ100、カワサキKLX125だが、その中で最も乗り心地が良く、長時間疲れないシートのバイクはゴリラだった。あれもモコモコ・フカフカしたシートである。

・ハンドリング

 コーナーは良く廻る。KLX125と比較して。

 初めての18インチタイヤのオンロード・バイクであり、しかも17インチタイヤのバイクに乗ったことがないので比較しようがない。

・ブレーキ

 普通。 ブレーキパッドが慣れていないうちは効きが悪いとの評価を耳にしたが、60キロから70キロで流している分には必要十分だった。車校のCB750と変わらぬ。

・ABS

 コンバインドABSの説明が渡された取り説には一切無かった。

 ターマックの広場で時速50キロからの急制動を試した。 聞きかじった知識では、リアブレーキのみをフル制動すれば前輪のブレーキも同時に作動するという。試してみたが、マズマズの制動距離で停止した。しかし、これはスゴイという感がしない。

 次ぎに、フロントブレーキを7割くらい、リアはフル制動というやり方。これがバツグンに効いた。リアタイヤも全くロックしない。これがコンバインドABSの性能と、やり方と理解した。

 つまり、直線路でのパニックでは後輪ブレーキを思いっきりフル制動し、前輪ブレーキもセオリーどおりにかければよい訳だ。(障害物回避操作でのフロントブレーキ操作はマズイが)

 これを知っているのといないのでは大きな違いがあるが、取り扱い説明書にはこういう大事なことが一切、記載されていなかった。これでは私のようなアワテ者はリアブレーキのみですべて事足りると勘違いする恐れがあると思う。

 尚、ホンダのホームページには丁寧な説明がある。それによると、リアブレーキのみ・フル制動では、停止直前にフロントにも僅かに制動がかかるということだ。これはABS仕様のみにある3つのピストンキャリパーのうち一つだけ働かせるということらしい。

 納車早々、フル制動の実験をして良かった。このシカケを頭に叩き込んだほうがいいのだが、イザというとき、ちゃんと右足が働くだろか。

 この実験は低ミューの砂地や濡れた路面でも経験してみたい。

 他の部分、燃費など細かい感想については次回。

 それにしても、納車から160キロ走行して、実に楽しかった。

ホンダ氏の言っているとおり、私の顔は走行中、スマイル・スマイル。

オートバイから降りてもスマイル。

しかも疲れていない。

 

 

|

« CB1100、納車 | トップページ | CB1100インプレ続き »

CB1100」カテゴリの記事

コメント

まさにスマイルバイク。欲しいです!!

投稿: 名無し | 2010年9月14日 (火) 00時26分

燃料タンク増量タイプが出たら買いましょう。

投稿: | 2010年9月14日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/35964523

この記事へのトラックバック一覧です: CB1100インプレ:

« CB1100、納車 | トップページ | CB1100インプレ続き »