« KLX125、総括 | トップページ | KLX125にゲルザブ »

オートバイの条件

Dscf0034_medium_3

 オートバイという和製英語が気に入っている。

 バイクと言うと、マウンテンバイクも含めるので紛らわしい。英語圏人にはモーターサイクルと言わねば通用しないが、日本語でこれを言うと長すぎる。

 結局、スニーカーのことを「ズック」、パンツのことを「ズボン」と言ってしまう昭和30年代生まれの人間には「オートバイ」が一番シックリする。 尚、韓国の人もオートバイと言うのを聞いたことがある。日本から輸入した言葉をそのまま使っているのだろう。

 但し、私が「単車」と言うことはめったにない。この言葉を使うのは本田宗一郎さんの世代ではなかろうか。サイドカー付きを「側車」と言ったことの名残でこう言うらしいが、古めかしい言い方だ。 タイヤは二本あるので「単」という字に抵抗がある。だから「単車」にピッタリ合うのは「ワンダースリー」に出てきた一輪車の乗り物がそうではないだろうか。

 尚、三輪車、トライクというものには私はサッパリ興味がない。あんな中途半端な乗り物は嫌い。

さて、そのオートバイを私が選ぶにあたって、いくつかの条件をメモする。

①、空冷エンジンであること

 つまり、エンジンに冷却フィンが無ければダメ。水冷のツルッとした表面のエンジンなど見ていて面白くもない。それにヒコーキ好きとしては、旧日本軍の戦闘機の大半は空冷エンジンであったことが私の好みと一致する。ゼロ戦の14気筒空冷エンジンのフォルムなど美しいものだ。この星型7気筒エンジンを二つ重ねたものは、冷却的には空冷Vツインエンジンに等しい。空冷エンジンには、この空気を流す流体力学メカの面白さがある。(環境保全対策的に空冷は不利だとしても)

②、エンジンが見えること

 その美しい空冷エンジンがどこからでも眺められなければならない。つまり、カウルしてあるレーサー、スーパースポーツはダメ。いくらバカッ速くても、風圧を避けてくれても、これだけは譲れない。つまりネイキッドというやつが良い。

③、ニーグリップできること

 大型二輪の講習を受けて、ニーグリップによるコントロールの楽しさ、安全性を知ってしまった。 よってスクーターはパス。 足を楽ちん・ステップに乗っけて走るツアラー、アメリカンもパス。こう言ったら怒られるだろうが、どうもこれらのオートバイのライディングスタイルを見るとマジメに運転しているように見えない。

④、排気音が静かであること

 最近のオートバイに対する厳しい環境規定に私は大賛成。ウルサイの大嫌い。たとえ排気音を1デシベル下げるのに1馬力パワーがダウンしてもOK。

 オートバイはロールスロイス・シルバーゴーストのように静々と走り去るのがカッコイイ。改造ハーレーの爆音走行など、人の迷惑も顧みないエゴライダーは頭が悪く見え、同じライダーとしてハズカシイ。

⑤、ハーレーダビットソンでないこと

 これだけ沢山走っていると、乗りたくもない。私は多くの人が同じ行動をすることに反発するタイプ。 それに改造爆音ハーレー軍団・・・(彼等はオモチャみたいなハーフヘルメットしかつけておらず、頭脳レベルもそのヘルメットのようにチープで幼稚なのだろう。よく大型二輪が取れたものだ)・・・や、無許可の青パトランプをつけて走るCHIPモドキ・ハーレーは見るのも嫌。 これらのバイクを不覚にも目にしたときの私の顔は、まるで汚いものを見てしまったかのような表情。

 ただし、大型二輪の一発試験が合格率5パーセントの時代。(現在でも試験場で取るのは難しい) ハーレーとハーレー乗りはカッコよく見えた。彼等は一人で、実にジェントルに走っていたものだ。 

 いや、今でも無改造のハーレーで、静かに優雅に一人で走っているライダーはカッコイイ。(皮ジャンにチャラチャラ飾りを腰につけている姿は醜悪だけど)

 尚、自動車学校で大型二輪が取得できるようになったのは、元はと言えばハーレーというバイクがあったおかげであり、その点はこのオートパイに足を向けて寝れないのである。

・・・・ と、いうことで、私の条件にかなうオートバイで、最近出たものというと ・・・

Dscf0001_medium_3

 ホンダCB1100 ・・・ この偉大なるオヤジ・オートバイをよくぞ出してくれたものだ。

 オヤジも昔は少年だった。 少年はCB750・ナナハンにあこがれたものだ。

ナナハンのコンセプトを踏襲するCB1100。 少年の夢を叶うべく、注文してしまった。 

 

 

|

« KLX125、総括 | トップページ | KLX125にゲルザブ »

CB1100」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
やりましたね。
CB1100いいな~~
納車されたら見せてくださいね!!

こっちはHF機も買えません!!!

投稿: JR2MYY | 2010年5月24日 (月) 07時04分

 お空の上でもご無沙汰しています。
 22日の書きっぷりは、オートバイに全くの素人でも興味が湧きました。
 
 早速CB1100のサイト(価格)を見ちゃいました。
 納車されたら、慣らし運転でマイシャックにQSYして見せて下さい。

投稿: JA2PTQ | 2010年5月24日 (月) 20時02分

myyさん。こんばんは。
とうとう注文しちゃいました。
おそらく、これが人生最後のオモチャ買いかもしれません。
大型は維持費が高いので3年後の車検には手放すかも?。
納車は7月下旬ごろだと予想しています。
大型取って、ぜひ試乗してみてください。

投稿: アラン・墨 | 2010年5月24日 (月) 23時07分

PTQさん。初コメントありがとうございます。
ムセンのほうはご無沙汰していますが、空のコンディションはまずまずのようですね。
私の稚拙な記事を読んでいただいて恐縮です。
最近のライダーも無線と同じく、若い人が少なくなり、オヤジばかりですね。年齢層が一致しています。笑
いずれシャックやアンテナをマジマジと見にお伺いさせていただきます。もし古いラジオ雑誌をお持ちでしたら、これも拝見させてください。

投稿: アラン・墨 | 2010年5月24日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/34824980

この記事へのトラックバック一覧です: オートバイの条件:

« KLX125、総括 | トップページ | KLX125にゲルザブ »