« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

KLX125、総括

原付2種ツーリングメモ

Dscf0006_medium

 2009年12月、発売早々、手に入れたカワサキKLX125は2010年4月末で走行距離2300キロを超え、ようやく走りもスタビライズした。

 安定した気分で走れるようになったと自覚したのは、例のフロントホイールから発生していた「ピヨピヨ・ピー」のヒヨコ音が無事おさまったのと、同じくチェーン・ガイドローラーから発生していた雑音がかなり減少したためだ。

 「ピヨピヨ・ピー」音については、ちょっとしたゴタゴタがあった。

 この音は1ヶ月点検くらいの時期から、最初は時速15キロくらいの極低速域から、本当にヒヨコが泣く程度のもので、時速40キロ以上ではたいして気にならない音量であったが、2月に入ってからは、30キロから40キロ台にかけて「ピヨピヨ」音から、「ぐっさん」のモノマネでお馴染みの、夏の蝉・ヒグラシのような「ツィ・ツィ・ツィ・・・・」音に変わり、それがまた結構大きな音で聴こえるようになってしまった。 どのくらい大きな音かというと、道の駅に入ると廻りの人に気づかれ恥ずかしいくらいの音量。

 我慢の限界になったところで、例のリコールがきた。これはある程度(新製品でありカワサキだから)ありうることとして予想していたので、別に気にしなかったが、リコール処理のついでに、このヒヨコ現象を修理するよう、男爵氏に頼んでおいた。

 ところが、リコールが終わりバイクが還って来た段階で、男爵氏は、原因はディスクローターとブレーキパッドが擦れる音で「しょうがない」ことだと言う。 私は事前に彼に、「ネットを検索すると、ニンジャやKSR110でも発生している現象で、ホイールの軸や速度感知のローター部分に注油すれば直るらしい」と、一応情報を与えたにもかかわらず。

 「ま、しばらく走っていれば音も減少すると思うので、様子をみてください」・・・ということで、お人好の私は頷いてしまったのだが、いっこうに音の発生は収まらなかった。

 これはもう徹底的にやるしかないと、カワサキ本社に問い合わせたところ、ホイール軸に注油しても、部品にキズがあって音が発生してる場合は部品交換するしかないと言われ、意を決して再び男爵氏にバイクを持って行ったのである。自分では直せないからだ。

Dscf0002_medium

 バイク店にて、ここに及んでも男爵氏は「だからブレーキローターからの音ですよ」と、不機嫌な顔でフロントを持ち上げ、手でタイヤをスルスルと回し、音が出るか確認した。 当然、ブレーキから音は発生しないので、男爵氏にバイクで走ってもらうことにし、ようやく彼にヒグラシ音を確認してもらえたというしだい。 男爵氏・・・「そうそう、夏のヒグラシのような音でしたね」・・・

 世話かけやがって全く。 その後ホイールをはずし、グリスアップしたら音はピタリと収まった。男爵氏は、お手間かけて申し訳なかったと平謝りし、頼みもしない洗車までやってくれた。料金はクレームなので要らないという。

 以上が「ヒヨコ」音「ヒグラシ」音の顛末記。

 チェーンとガイドローラーの「ジャワ・ジャワ」音は、これもチェーンとローラーの注油により、感覚では当初の五分の一くらいにまで治まった。ただし、時速40キロくらいでマッタリ走ると相変わらず「ツェン・ツェン」というチェーンの当たる音が耳に入る。 

 これはKLX125のエンジン音があまりにも静か過ぎることにもよる。・・・・ この静かさは、私がこのバイクでもっとも気に入っている部分でもあるのだが、もし2ストエンジンだったら、ウルサイ6月蝿のエンジン音でこの雑音はかき消され、全く気にならなかっただろう。

 そしてまた、硬く細いシートのこと。 暖かくなり、バイクも静かで安定して走れるようになったことによる幸福感で、1時間走っていてもケツの痛みをあまり感じなくなった。脳内で発生する麻薬物質による麻酔効果だろう。

 燃費は最高で50.4キロ/リッター。平均でも48キロ。長い登りの峠があるツーリングでは40キロとなった。(土肥中なので、信号での発進・停止や渋滞に巻き込まれない)

 軽いバイクのためか、強風ではヨロけて怖いことがある。 

 このバイクで川原の土手をノンビリ走ると、この世のすべての嫌なことを忘れる。

追記: シフトフィーリングが納車時より良くなった。各ギアで小気味良く「カチャッ」と入る。ただし、トップギアの5速だけは時々入れた手応え(足応え)の薄いことがある。

追記: 5月8日、走行距離3150キロに達したところで、再び前輪でピーヨコちゃんが生まれ、夏にはまだ早いがヒグラシ蝉も鳴き始めた。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

サイン

サイン コレクターズ・エディション サイン コレクターズ・エディション
販売元:イーベストCD・DVD館
イーベストCD・DVD館で詳細を確認する

洋画メモ、NO,82、NHKBS

2002年、ブエナビスタ、107分、ビスタサイズ

監督- M・ナイト・シャマラン、 撮影- タク・フジモト、 音楽- ジェームズ・ニュートン・ハワード、

出演- メル・ギブソン、ホアキン・フェニックス、ローリー・カルキン、アビゲイル・ブレスリン

--------------------------------------------

 シャマラン監督の作品を観るのは「シックス・センス」よりこれで2作目だが、この作品も登場人物に幽霊がいるように感じる。 妻を事故で亡くしたメル・ギブソンがその幽霊のようで、最初から存在が薄いというか、現世にいる市民に見えない。

 「マッド・マックス」や「リーサル・ウェアポン」のような元気さはない。ボソボソとつぶやくような話方で、彼のこういう演技を見るのは初めてだ。

 ところで、ギブソンは、私は、今までずーっとオーストラリア人だとばかり思っていたが、そうではなく、子供時代から学生時代までオーストラリアで過ごしただけの、生粋のアメリカ人であることを最近になって知った。どうりでオーストラリア訛りの英語を喋らない訳だ。

 二人の子役、特に、恐らく5歳くらいであろう、女の子の自然な演技が見ものだった。

 私にはラストは大いに不満であった。ツッコミ所・満載の映画ではないか。

 なぜ、エイリアンは丸腰なのだろうか。フェニックスの振るバットを避けもせず、ただ、突っ立ってなすがままに打たれてしまう。 ただ毒ガス?をちょっと手から噴射するだけ。

 重力をコントロールし、遥か彼方の異星から時空を超えてやってくる乗り物を製造する文明を持っているというのに、一撃で殺傷する強力な武器を持っていないのだ。

 あっけないエイリアンの運命、エンディングも、ちょっとウェルズの「宇宙戦争」から頂いている感が否めない。

 撮影と色合いは良い。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くたびれた!大型二輪教習

ありがとう。指導員の方々、そしてCB750よ。おまえにはもう会えないんだな。

Dscf0005_medium

 本日、2010年4月20日、教習所での大型二輪の卒検に補習もなく一発合格した。

 最初の教習は4月10日土曜日に2時間を受け、次ぎの教習の月曜は天気予報により雨が降ると予想し、冷たい雨の中をカッパを着て受けたくないのであらかじめキャンセル。実際に予想通りの大雨だった。

 以後、13日から16日までの4日間は毎日2時間の教習を受け、17日、19日は1時間の教習とした。20日卒検の前の日をブランクにしたくないためだ。

 それにしても、4日間、毎日2時間の教習というのは、50オヤジにはたいそうカラダにコタエマシタ。

 午後2時から4時までの時間であるが、1時間終了時点で、クラッチを握る左手はガクガクになり、2時間分終わったころには、体も目も頭も「ボワー」っとなり、足から融けていくような感覚になった。

 所詮、遊びの免許なので急ぐ必要は無く、毎日1時間ずつ受けるべきでした。全国の中高年で受けようと計画している方は、そうしたほうが良いと思います。

 教習内容についてはネットで検索するとザクザクと体験記が出てくるので省略。

 普通自動二輪を持っている教習生の大型二輪教習体験というのは、だいたいネットで載っている通りどれも似通ったものであります。

 ただ、私の場合、昨年からゴリラ、エイプ100、KLX125と、燃料タンクを抱え、ニーグリップできるバイクに乗り継いできたことが、多少ブラスに寄与したかもしれない。

 また、運動神経は悪いけど、スキーの腕前はプロ並だった父親から受けついた、バランス感覚のDNAも作用したかもしれない。自慢じゃないけど私、椅子を傾け、2本脚だけですわり、長時間パランスを維持できます。

 全教習12時間を7日間で補習もなく終え、一発合格できたのは、なによりも指導員の適切なアドバイスのおかげです。私の悪いクセを直していただきました。私のKLX125乗りも大分上手になりました。

 特に勉強になったのはリアブレーキの使い方。これには目からウロコでした。

 最後に検定時のコツを。・・・・ま、これも数多の体験記にあるとおりですが。・・・

 ストップウォッチで審査される箇所、スラローム・一本橋・波状路は開き直って減点覚悟でやること。100点満点を求めようとすると、バイロン転倒、脱輪で即アウトの確率が高くなります。 またそれが気になって、その他の科目まで硬くなり、つまらないところで減点されます。 70点でも合格は合格なので、あの三つは減点作戦でいきましょう。

追記: 私の一本橋の結果は10秒に達していません。 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「1941」

1941 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] DVD 1941 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

販売元:UPJ/ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

- 墨氏の愛した特撮、NO,5

ミニチュア特撮史上、究極のビル群演出と航空機の操演。

 スピルバーグの映画「1941」は1979年公開であるが、当時、映画館で観たとき、この映画のミニチュア撮影の出来のよさには腰を抜かしてしまったものだ。

 あの、夜の照明の中で霧に霞んで林立するロスのビル街は、ミニチュア特撮・ミニチュアの概念を超えるもので、もう芸術というありきたりな言葉でも表現しきれない、究極のスモールスケール・モデルと言っていいと思う。

 もし、航空機がそのビル街の中をロールしながら飛行するという、絶対実写では不可能なシーンが無ければ、観客は絶対、ホンモノと見て疑わないだろう。ロスのどこか古い町並みで撮影したものだと見てとるだろう。いや、ひょっとして、今だすべて実写だと認識している人も居るかもしれない。

Dscf0003_medium Dscf0005_medium

 ・・・・  ダグラス・トランブルの言葉、「ミニチュアに遠近感を与える為にはセットにスモークを焚かなければならない」・・・ というセオリーを忠実に守った撮影。

 ビルの一つ一つの窓は明るさに微妙な差をつけさせ、あたかもカーテンやブラインドを下ろしているような、生活感を出す工夫がされている。 これが日本の特撮だと、ミニチュアの窓はすべて同じスリガラスをはめ込み、モデルの中央にランプを置くだけという手抜き処理が成される。これでは箱を並べただけにしか見えない。つまり子供騙しである。

Dscf0006_medium Dscf0004_medium

 飛行機の背面飛行や360度回転のエルロンロールは、モデルに3本のワイヤーを通し、引っ張りながらセットの両端にある回転ドラムをシンクロさせ廻すことにより撮影する。タイミングが難しい。モデルの飛行シーンは目を凝らして何度観ても、ワイヤーを見つけることは出来ない。これらの操演はA.D.フラワーズが担当した。彼は20世紀フォックスでもL.B.アボットと組んで特撮をやって来たベテラン。

 電飾の下の道路で、車のドライバー目線になって進む映像はカメラに台車をつけて撮影したのだろう。あるいはシュノーケルカメラを使ったか。・・・(このカメラのリゾリューションは通常のカメラより劣るのではないだろうか) 

 私は初見の時、この映像は完全に実写だと思っていた。映像は実際に車に乗っているかように微妙に振動し、前方の交差点を横切る車もリアル。

 道路はわざと霧で濡れた状態にしてあり、その路面に反射する光線によりディテールと道路の遠近感を強調している。隅々まで芸が細かい。 尚、一部カット、道路上に小さな兵士たちがハメコミ合成されている。

Dscf0013_medium Dscf0014_medium

 遊園地のミニチュアの出来もパイロシーンも素晴らしい。台から離れても、何故か電飾も消えず転がっていく観覧車のシーンは、この映画で唯一、私が大爆笑したところだが、転がる車輪の下には、ちゃんと砕け飛び散る破片やホコリの描写がされていて、この細かさ、ホンモノに見せる気配りに脱帽。リアルに見えるからこそ爆笑してしまうシーン。 

 同じく、水面に滑落するカットでは、絶妙なタイミングの爆薬による水柱で吹き上がる水しぶきを演出。マイリマシタ。

 ミニチュア制作は「未知との遭遇」でマザーシップを制作したグレック・ジーン。彼はロスのミニチュア市街の制作に2年間を費やした。それをやらせる制作側も彼にも脱帽。(中央の東洋系の人)

Dscf0016_medium

 私にとって、「1941」より以降の、東宝系・ゴジラ映画などで描写されるビル群のミニチュア特撮は、この映画によってすべて陳腐化したと言える。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

命に別状はなかった?

HONDA CB1100のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/モーターサイクルシリーズ vol) Book HONDA CB1100のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/モーターサイクルシリーズ vol)

販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メチャクチャ欲しい

 ここ3週間ほど天候が不順でバイクに乗れず、まったく調子が悪い。

 今や私にとってオートバイは生きる活力の元になっているので、3月に入ってからの2月初旬並の寒波到来や、寒冷前線停滞による長雨によってバイクに跨れないという状況が3週間も続いたことには心身ともにダレてしまった。

 家にいても映画も観る気がせず、ピアノもまったく弾く気が起こらない。今はダラダラとテレビジョンに付き合っているだけ。

 テレビ番組ではフィクションはほとんど観ず、事実映像を好んで観ているが、民放でのCMの音の喧しさにはいつも辟易していて、最近は特にそれを感じるようになった。幸い、リモコンに瞬時に音を消し去るミュートの機能があるので助かっているが、ボタンを押す前の一瞬だけどうしても耳に入るので、これだけは避けようも無く不愉快だ。

 そのミュートのボタンを押すCMというのはニッサン・セレナの「あきらめないで~」という歌のあるもの・・・・あのいきなり始まるガナッている歌の喧しさにはまいる ・・・ や、ベネッセのCMなどだが、以前はアイシンの子供がエンジニアになっているCMも音楽のドラムの音が喧しく、即座にミュートボタンを押したものだ。

 番組の事実映像、ノンフィクションでは、今のような番組編成の変わり目によく「見たこともない!世界衝撃映像」というのを特集する。 

 「見たこともない」というのは全くのウソで、流される映像の50パーセントは既に他局の特集でやったものか、ニュースの世界こぼれ話コーナーで放送されたもの、あるいはネットで評判になった映像ばかりであり、そういう情報収集能力の無い、番組のプロデューサーとディレクターだけが見たこともなかったということなのだろう。

 さて、その見た映像ばかりの番組を暇にまかせて付き合っていると、毎回気になって仕方が無いことがある。

 例えば、盛大なカークラッシュがあり、ドライバーはどうなったかとヒヤヒヤさせる映像では、たいてい「その後、病院に運ばれたが、幸い命に別状はなかった」というナレーションが入ることだ。

 これほど無責任な言葉は無いのではないか。 

 命に別状は無い・一命をとりとめた・・・とはどういうことだろうか。 一生意識が戻らない植物人間になっても「一命をとりとめた」状態であるし、両手・両足切断になっても、半身不随の車椅子生活になっても、「命に別状は無い」ということである。 これが幸いだろうか。

 しかも、収集したその映像資料のVTRヘッダーラベルには、そういう安否情報までちゃんと記録されているだろうか。恐らくあるまい。台本作家の想像・デッチアゲだろう。

ディレクターさんよ。台本作家さんよ。ちゃんと取材してその後の状況を詳しく説明してください。子供だましのイイカゲンなナレーションをしてはいけない。映像とナレーションに責任をもってやってください。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »