« エイプ100・納車 | トップページ | ゴリラ、2万キロ突破 »

エイプ100、インプレッション

エイプ100・ツーリングメモ、NO,2

2009年、9月1日(火)

納車の慣らし運転で、300キロ走ってのエイプ100・タイプDの印象をメモする。

・デザイン

Dscf0017_medium

私はエンジンの見えるネイキッド・タイプのバイクが好きで、エイプはその範疇にはいるが、この下に曲げられ、後ろで跳ね上げるマフラーは、ちょっと悪ガキ改造っぽく嫌だった。XR100モタードのようなタイプがお好みである。しかし、実物を見るとそれほど気にならなくなった。その他は昔のCB50のようにスリムでいい。

・エンジン

Dscf0027_medium この黒い物体がナゾだった。フィンとフィンの間にがっちりはめ込んであり、触ると明らかにゴム。熱で溶けそうで、しかも冷却を妨げるうえにエンジンの美しさをスポイルするので当初外したが、ホンダに問い合わせると振動・騒音を除去するインシュレーターとのこと。高温に耐えられるゴムだという。再び取り付けたが、カッコワルイナー。

慣らし運転ではエンジンの回転をあまり上げられず、5速のトップギアで時速70キロまでしか出していないが、メーターの許容速度を見ると、4速では70キロまで、トップギアの5速では90キロまで出せるようである。

ただし、5速の70キロからの加速はなかなか困難で、特に向かい風がある場合や、僅かな上り坂でも、80キロ以上は無理だと思われる。恐らく90キロの速度は下り坂でのみ可能だろう。根本的に制限速度で走るバイクであり、車の流れに乗って走るのが丁度良い。

しかし、かっての私もそうだが、世間のドライバーの3人に1人は、制限速度50キロの道を70キロ以上で走ろうとする。そういう輩が後ろに迫ってくると、このバイクではチト厳しい。私も国道で幅寄せされイジメられた。パイクの大きさが原付並みであることも煽られる一因だろう。

尚、5速では30キロの低速走行も可能で、そこからの加速も容易い。その時のエンジン音は「ペコ・ペコ・ペコ・・・・」とカワイイ音を立てるが、50キロ以上では頼もしい音となる。60キロ以上ではヘルメットの風きり音のため、エンジン音はほとんど分からない。単気筒エンジンの振動を気にする人もいるが、単コロの楽しさを味わうバイクでもあるので、そういう方は4気筒のCB400にでも乗ってください。50キロを超えれば振動は気にならない。

・装備

Dscf0021_medium

メーター周り。チッコクかわいいメーターだが見難い。オドメーターはなんと4桁しかない。メーターはハンドルに対して僅かな傾きがあり、シッカリと止められていないようで、手でひねると水平になるのだが、走行の振動でまた傾いてしまう。気になるレベルではないが。メーターの照明は青色でいい雰囲気。

Dscf0025_medium

ハンドルは幅広で、縮小ハンドルに改造する人も多いようだか、私は全然気にならなかった。かえって大型バイクを操っているようで気分がいい。

Dscf0029_small大不評の硬いシート。10分でケツが痛くなる。マゾッ気のある人にはいいだろうが、ほとんどのエイプ・ファンは他メーカーのカスタム・シートと交換してしまう。1万円近い出費となる。

Dscf0022_medium

大不評のフロント・フェンダー。こんな高い位置にあるため、水ハネには役立たず。路面が濡れていれば、50メートル走っても、バイクとライダーは水玉模様で覆われる。早速、フェンダーをタイヤまで下げるキットを予約した。8000円の追加出費。

・ブレーキ

  Dscf0026_medium        

フロント・リアとも、ディスクブレーキの効きは最高のフィーリング。長い九十九折りの下り坂でも不安感が全く無い。ドラムブレーキ仕様のエイプもあるが、値段はアップしても絶対にタイプDをお勧めする。下りのコーナーリングの楽しさといったらない。

・総合インプレッション

排気容量の割りに値段の高いバイクである。そのくせ、永年、言われ続けてきたフェンダーとシートの不評が全く反映されていない。ホンダの良心を疑うがその部分が改良されていれば90点。もう2馬力パワーアップしていれば100点満点。

でもバイク人生を始めるにはモッテコイのバイク。いいサスで乗り心地もよく(シートの堅さを忘れれば)、オフもオンもこなせ、軽く扱いやすい。維持費も安い。セカンドバイクとしてもお勧めする。車のめったに走らない峠道はこのバイクにとって天国。ヒラリ・ヒラリと車体を操って最高の気分である。

追記:燃費はまだ計測していないが、カタログ数値では55キロ/リッター。しかし実際に走行した感じでは40キロというところ。タンクが5.5リッターしか入らない(原付ゴリラは9リッター入るというのに)ので、200キロ走行あたりで給油しなければならない。

|

« エイプ100・納車 | トップページ | ゴリラ、2万キロ突破 »

原付2種ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

パーツのひとつ、ひとつにこだわりがあるのですね。全体的にスリムでおしゃれなバイクですね。フェンダーはたしかにこの位置だと、水ハネ防止にはなりづらいとは思いますが、カッコイイと思います。機能かデザインかというところでしょうか。
ヘルメットはエンジン音が聞こえないような仕様なのですね。私が被っていたのは、安いちゃっちいヘルメントだったので、音はよく聞こえました(汗)。
ハンドルは幅広の方がカッコイイです!縮小ハンドルはスクーターみたいですもの。シートは座布団をくくりつけてみたらどうでしょう?そんなのカッコ悪いか・・・。

投稿: マーちゃん | 2009年9月 2日 (水) 12時37分

マーちゃん。こんにちは。
エイプはカスタムパーツがものすごくあります。ユーザーは、オリジナルでは不満のようで、どんどん改造しているようです。でも、私はエンジンやマフラーの改造はしません。ただ、フェンダーとシートだけは替えます。
ヘルメットは、ほんとうはアライ製のフルフェスがベストですが、高いので中級クラスのものをしています。風きり音がすごいですね。私も狭いハンドルは嫌いです。ハーレーなど変な改造ハンドルのがありますね。疲れるだけですよね。

投稿: スタンリー | 2009年9月 2日 (水) 13時42分

マーちゃん。その通り。happy01
実際にシートの上に座布団状のものを取り付け解決している人がいます。また、同じように上に乗っける、エイプ用のマットが販売されています。それにしても世話の焼けるシートです。

投稿: スタンリー | 2009年9月 2日 (水) 20時18分

この3月でリーマン生活終了
山里の実家に帰り林道ツーリングなどしたいと思い
バイクを探していました、身長158㎝胴長短足の
自分に合う100㏄クラスのバイクを探していましたら
見つけることはできたのですが、すでに生産終了
XR100モタードなど
根気よく探したらエイㇷ゚100に出会いました
タイヤも太くて砂利道や林道などには良いみたい
ですがマフラーの位置や形状が気に入りません
せめてXR100モタードのような位置や形状なら
即買いなんですが
スピードも出しません景色を見ながら少しきつそうな
山道を登ってくれれば、それで良いんです

投稿: タケ | 2012年3月 4日 (日) 03時43分

タケさん。ようこそ。
エイプはいいですね。高いですけれど。
カスタマイズする人はスゴイお金を掛けていますが、オリジナルでも十分です。
ただ、フェンダーを下げるキットとシールチェーンに交換することをお勧めします。チェーンはすぐ伸びて、その都度調整が面倒です。。
エイプのオフロード走破能力は大たものです。軽いので行き詰ってもヨイショと方向転換ができますので、思い切って山奥まで進めます。
モタード100は私も欲しかったのですが、中古市場でも人気があるので手に入りにくいようですね。
ぜひバイクライフを楽しんでください。

投稿: アラン・墨 | 2012年3月 4日 (日) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/31203006

この記事へのトラックバック一覧です: エイプ100、インプレッション:

« エイプ100・納車 | トップページ | ゴリラ、2万キロ突破 »