« 渚にて | トップページ | ハッピーフライト »

エアポート‘80

【送料無料選択可】洋画/エアポート'80 [初回限定生産/廉価版] 【送料無料選択可】洋画/エアポート'80 [初回限定生産/廉価版]
販売元:Neowing
Neowingで詳細を確認する

洋画メモ、NO,74、DVDレンタル

1979年、ユニバーサル、シネスコサイズ、123分

原題- The Concorde ...Airport ‘79

監督- デビット・ロールウェル・リッチ、撮影- フィリップ・ラスロップ、音楽- ラロ・シフリン

出演- アラン・ドロン、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ワグナー、シルビア・クリステル、ジョージ・ケネディ

--------------------------------------------

エアポートシリーズ、最終回のもの。日本では公開が1980年なので、「エアポート‘79」とはしなかった。原題どおりでよいのに日本の配給会社はショーモナイ気配りをする。オープニングタイトルで、デカデカと「‘79」と出ているではないか。

今回、コンコルド旅客機は3回も危機にさらされ、それなりにハラハラ・ドキドキを楽しめる。ただし、ヒコーキファンにはツッコミドコロがあるが、それはのちほど列記。

そのヒコーキファンにはコンコルドの実写映像が観られて嬉しい。特にアルプスの谷間を飛行する実写は美しい。燃料投棄している映像も珍しい。

機内の撮影も、客室などは実機が使われているように感じたが、コックピットの撮影では、カメラが真正面から据えてあり、その位置から検討すると、やっぱり作り物のようだ。計器類は詳しく見せなかったが、操縦桿の形はあの通り。

飛行中の映像は、ミサイルとのシーンでは、ミニチュアを合成処理しているが、今のレべルと比較すると稚拙である。

ただし、コンコルドが海面スレスレより上昇するカット、および、空港に緊急着陸するシーン、雪原に胴体着陸するシーンはミニチュア特撮であり、そのレベルは高い。日本のミニチュア特撮だったら、もっとオモチャ然となっているだろう。

いつも思うのだが、向こうの名も知れぬ特撮マンがいい仕事をしている。滑走路のウェザリングや照明など、ちょっとデレク・メディングスの特撮に近い。

コンコルドが離陸、ローテーションする真下にスタントマンがいて、ジェット噴射を受けて滑走路を転がっている。私は、これは合成処理の映像ではなく、実際のスタントアクションと見た。決死の撮影。

ドロンとクリステルがホテルの一室で、二人きりで英語で会話している。フランス語でないと変だ。

映画の冒頭、コクピットのコ・パイ役で、テレビ「コンバット」のケイリー(ケイジ)を演じたピエール・ジャルベールを発見した。

撮影で使われた実機は、2000年に墜落した機体だということだ。

------------------------------------------

・ コンコルド反対派が熱気球を飛ばし、着陸を妨害する。風まかせの気球で、滑走路上空まで到達することは不可能だろう。管制官が直前まで気づかないのもズッコケル。

・ カメラによる追尾の新型誘導ミサイルが、なかなかコンコルドに当たらない。そのカメラ誘導でロックオンするミサイルが、いつの間にやら赤外線追尾ミサイルになっている。このメカはベトナム戦争時代の古い方式のもの。

・ コンコルドがマッハ1の速度で飛行中、パイロットがコックピットの窓を開け、手を出して照明弾を発射している。 実際は手を出した瞬間、強烈な風圧で手首がもげてしまうだろう。銃も吹っ飛ぶ。

・ コンコルドのパイロットが、後方に位置している戦闘機のミサイル発射を、すぐさま察知する。バックミラーもないがどうやって見つけるのだろうか。

・ コンコルドがモスクワへ飛行するとなると、大陸の上空を飛ばなければならないが、そうなると音速以下の速度で飛行しなければならないだろう。マッハ2の速度はソニックブームの被害が少ない洋上のみで可能。

洋上におけるコンコルドのソニックブーム音の映像 ・・・ http://www.youtube.com/watch?v=oMOyeuDKAlg

・ コンコルドがロールするシーンが何度もあるが、やってやれないことはないだろう。ボーイング707のテスト飛行では、実際にエルロンロールが行われている。 ただし、コンコルドの大型デルタ翼機では、姿勢の修復が難しいかもしれない。

|

« 渚にて | トップページ | ハッピーフライト »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

さすが、お詳しいですねぇ。
私は実写とミニチュア特撮の区別がつきませんでした(汗)。アルプスの谷間を飛行するシーンは実写でしたか・・・・。
ジョージ・ケネディがコックピットの窓を開け、手を出すシーンは、私も無理だろう・・・と思いましたが、映画としては見せ場ですね。
タイトルはエアポート80よりも79の方が絶対、良かったと思います!

投稿: マーちゃん | 2009年8月 7日 (金) 09時24分

マーちゃん。こんにちは。
アルプスの映像は素敵でしたね。でもあの飛行機は騒音がすごいので、登山者には迷惑だったでしょう。
音速飛行中、窓から手を出すなんて、できっこないでよね。窓も開くかどうか。観客をナメとるのね。それに照明弾の火なんて小さいですからミサイルをゴマかせないです。仰るとおり、タイトルは79でも全然おかしくないですね。80にしたのは意味不明です。

投稿: スタンリー | 2009年8月 7日 (金) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/30858416

この記事へのトラックバック一覧です: エアポート‘80:

« 渚にて | トップページ | ハッピーフライト »