« 宮本武蔵・般若坂の決斗 | トップページ | エイプ100、インプレッション »

エイプ100・納車

エイプ100、ツーリングメモ、NO,1

2009年、8月29日(土)

Dscf0017_medium_4 ←クリックすると拡大します。

本日、注文していたホンダ・エイプ100-タイプDをバイク屋に受け取りに行く。湿度が増し、蒸し暑い午後。ヘルメットを片手に15分ほどお店までウォーキング。

納車はわざわざバイク屋まで足を運ぶまでもなく、向こうから軽トラに乗せ、自宅まで来てくれるのだが、そうすると近所の人に見られ、少々恥ずかしいので自ら店まで取りに行くことにした。

代金は現金で支払う。値引きは5パーセントであるが、ネットで調べると、全国どこでもこれくらいのものだった。

このエイプ100というバイク。サイズは50CCの原付と変わらないコンパクトなもの。しかし排気容量は99CCであり、そのパワーは、ほぼ原チャリ・バイクの2倍ある。従って、速度は60キロ以上余裕で出せるのだ。これなら国道を車の流に乗って伴走できる。

原チャリ(49CC未満)は最高速度30キロであるが、このバイクは、その速度規制にも引っ掛からない。つまり法定最高速度の60キロをおおっぴらに出せる。

にもかかわらず、諸経費・税金は原付である。故に50CC以上124CC未満は、ちょっと美味しいカテゴリーである。

お店で一通り説明を受け、エイプを発進。約20年前、自動二輪中型の免許を取り、ずっとペーパーライダーで、原付のホンダ・ゴリラのみのバイク経験だったが、これで原付以上のバイクを初体験する。

このバイク。馬力は6.3馬力であるが、排気容量のわりにローパワーなのは、平成19年度の排気ガス規制により、排気マフラーに浄化装置などが追加されパワーダウンしたため。本来なら、9馬力は出でもいいはずなのだが、お役人は、こんな小さなエンジンから手っ取り早く行政処置を行ったようだ。これはちょっとした小市民へのイジメである。

とはいえ、今まで乗っていたゴリラ・2.6馬力の2倍以上のパワーとトルクであり、体感的には軽自動車の加速に近い。走り出して、このパワーと加速の制御にまごついた。300メートルほど走って、一時停止のところで、ローギアに入らず初エンスト。キックして再スタート。このバイクにはセルスターターは無い。このキックスターターは、当然のことながら、ゴリラのキックより遥かに重い。

調子に乗ったところで、国道41号線に入る。時速45キロがやっとのゴリラでは遠慮するところであるが、4速ギアで上り坂を余裕で50キロ走行。気持ちが良い。ここは法定速度40キロの道。車に煽られることもない。これはうれしいことである。

初ツーリング目的地は高山市・朝日町カクレハ高原。大規模林道を利用し、美女峠を越えてから、朝日町市街を通り、ここからの道は2車線のだだっ広い道が連なり、しかも車はほとんど走っていないという快適な道。ゴリラでさえも、気持ちの良い道である。

ほんとうに気持ちの良い時間。至福の時間と空間。最高速度は70キロ出た。バイクでは初体験の速度。

単気筒エンジンのリズムも良い。エンジンブレーキもよく効く。(単気筒のため)、またディスクブレーキの効きも気持ちが良い。パイクを操る楽しさは、前・後輪のブレーキングにも存在する。

カクレハ高原・キャンプ場からは、林道を登り、乗鞍青年の家方面に行けるのだが、一部ダートになっていて、せっかくの新車が汚れるので、引き返す。

戻った美女高原の池で記念撮影。

Dscf0019_medium_2

そこから再び大規模林道のゴキゲンなコーナリングを楽しみ、高山市・丹生川町まで走る。このあたりはゴリラで30キロ、40キロ走行でチンタラ走りしている、お馴染みのエリアだが、エイプならスイスイ。アッと言う間に国府町まで来てしまった。

国府の寺で一休み。エイプのシートは堅く、30分でケツが痛くなる。痛みがピークになったころが休み時で、丁度、体を休めるにも都合がいいと解釈する。ここで記念撮影。

Dscf0020_medium 気が付くと2時間以上も走っている。少々疲れた。高山市内の我が家に戻ることとする。途中、上野農道で、散水車が水を撒いていった箇所に遭遇。300メートルばかし、泥で汚れた道を走ったが、タイヤからの泥ハネでバイク本体と自分の体の前面は泥の水玉模様に覆われる。

エイプのフロントフェンダーは飾りだけのものであり、ドロハネには役立たずというのが、ネットでも知れ渡っている常識である。これは何とかせねば。さっそく、フェンダーをタイヤまで下げるキットを予約した。その効果を期待する。

|

« 宮本武蔵・般若坂の決斗 | トップページ | エイプ100、インプレッション »

原付2種ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

わぁ~、かっこいい!バイク買うなんて聞いてなかったぞ~^^;
画像もアップしたのですね♪エイプ100と景色がしっくり溶け合って美しいです。
>近所の人に見られ、少々恥ずかしいので・・・
まぁ、スタンリーさんったら、照れ屋さんなのですねぇ。
エイプ100は馬力があって、スピードも出るから、クマさんに出会っても逃げ切れますね。バイクはエンジンの上に乗ってる感じなのでしょうから、スピードが出ると爽快なのでは?燃費はどれくらいなのですか?ゴリラさんはどうしたのですか?(質問ばかりでスミマせん)

投稿: マーちゃん | 2009年8月30日 (日) 22時18分

マーちゃん。おはようございます。
エイプはちょっとヤンキーっぽいですね。これで私もチョイ悪オヤジになれます。ほんとうはXR100モタードが欲しかったのですが、生産終了で在庫がありませんでした。
弟のゴリラ君は元気です。もう2万キロになりました。これはこれで楽しいですね。そう。スピードはゴリラのほぼ倍でますので、林道でもクマちゃんを振り切れます。バイクは猿人(エンジン)に乗っかっていますね。コーナーリングのバンクは飛行機感覚です。クルマとは違う世界で爽快です。燃費は40キロ/リッターというところでしょうか。タンクが5.5リッターなのでスタンドが休みの多い日曜日はヒヤヒヤします。
ブログは、ようやく出歯亀・・・じゃなくてデジカメを購入して画像アップできるようになりました。でも無料プログなので、この表示が限界のようです。「日本元気劇場」の三笠の写真をお楽しみに。

投稿: スタンリー | 2009年8月31日 (月) 10時30分

いいですね。
もうすぐお仲間です。
カラーも一緒みたいです。
よろしくね。
エイプご一行ツーリングとか楽しそう。

投稿: | 2012年2月 4日 (土) 20時24分

残念ながらエイプは手放しましたが、いまだにあの素晴らしい旋回性能と抜群のディスクブレーキ性能を夢見ます。

投稿: アラン・墨 | 2012年2月 4日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/31167788

この記事へのトラックバック一覧です: エイプ100・納車:

« 宮本武蔵・般若坂の決斗 | トップページ | エイプ100、インプレッション »