« 刑事 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その2 »

楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その1

ゴリラ・ツーリングメモ、NO,3

2009年7月12日(日)

検索してみると、飛騨市河合町から富山、「風の盆」で有名な八尾町に通じる国道471号線は「酷道」という呼び方でマニアに有名らしい。ひどい道という比喩であろう。

私は以前、20年ほど前に、この国道を飛騨市河合町から入り、楢峠から左に分岐して、水無川方面林道へ進み、水無ダムを経由して、演劇で有名な利賀村にゴリラでツーリングした経験がある。たしかにこちらの林道は、大きな石ころが散乱し、道の一部が小川になっている箇所もあり、オフロードバイクか、スズキジムニーでなければ進めない道であった。この道は国道472号線というのかどうか記憶がアイマイだが、これぞ「酷道」と呼ぶべき道だった。

また、峠から右の本道471号線を、車で八尾町まてドライブしたこともあるが、この道は、ずっーと完璧に舗装された、下りの快適な道路だった記憶がある。こちらは「酷道」といえるほどでもなかったはずだ。

さて、今回は、その過去の記憶の追想・再確認のため、八尾町方向へのツーリング決行。ただし、楢峠から471号線をしばらく行ったところで右に折れ、二つ屋から林道に入り、万波高原へ向う計画。実はこの逆のルートを10年ほど前に車でチャレンジしたのだが、高原の林道からが、普通乗用車には走破不可能な荒れた道だったため、断念した経験がある。そのリベンジという意味もある

ということで、消化不良だった林道を、車より、いや、オフロードバイクよりフットワークの軽いゴリラで走破しようと思い立った。

まず、私の住んでいる、土肥中、日本一面積の大きい市から、飛騨市河合町までの道のりが第一関門である。国道41号線を利用すれば、車なら30分で道の471号線入り口に到着するのだが、原付ゴリラで国道を走るのは自殺行為に等しい。せいぜい時速45キロが限界のゴリラでは、車の流れに乗ることは不可能である。 後ろからダンプなど迫ってきようものなら生きた心地がしない。

これは車を運転する自分の立場からも、原付バイクという存在が、実にウザイものであるか十分理解していることにもよる。したがって、止む終えず国道を走るときは、できる限り路側帯内か、白線に沿って走るように心がけているが、そのラインが道路脇ギリギリのところは、ほんとうに死ぬほどコワイ。また車が自分を避けて、大きくセンターラインから反対車線にふくらんで追い越していくときは、本当にスマナイと思い、恐縮して、ますますハンドルを握る手が堅くなってしまうもので、実に窮屈だ。

従って第一級国道は避け、裏道を進む。裏道とは「飛騨りんご」などを栽培している高山市国府町から、古川町田園地帯の農道である。この動線は、ほんとうにノンビリしていて、原付バイク専用と言ってよい道である。といっても車も通るので油断は出来ず、常にバックミラーを確認して走る。バックミラーは原付バイクの命といってもいい。

飛騨市古川町から河合町を経由し、富山に抜ける便利な国道があるが、これも避けたいので、古川町・野口、「桃源郷温泉」から河合町・角川へ大廻りのルートを選んだ。この道は私のお気に入りの道で、プロのチームも合宿に使う立派なサッカーグランドを抜けていく2車線の道は、めったに車も通らず、また「湯峰」トンネルを出た後、角川への経路もずっと田舎道の下りなので、実に快適。

角川から国道360号線を上り、楢峠の入り口に到着。ここは7年ほど前、大水害が発生したところであり、林道に沿う谷の防災工事が完璧に成されている場所でもある。

長くなってしまったので、以後、「その2」に続き。

|

« 刑事 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その2 »

ゴリラ・ツーリングメモ」カテゴリの記事

コメント

梅雨明けしましたか?こちらは梅雨明け宣言はまだですが、夏の太陽がギラギラしています。ツーリングには良い季節ですね。
私も昔、原付に乗っていました。といっても、足を揃えて乗るタイプのものでした(汗)。
>バックミラーは原付バイクの命
ところで、自転車にミラーがないのはどうしてでしょうね。国道をヘルメットをかぶって猛スピードで走っている自転車がいるでしょ。あれこそ、怖いです。強風が吹いたら、よろけて車に接触するのでは・・・と思ってしまいます。
水無ダム(笑)って、水はあるんでしょ?

投稿: マーちゃん | 2009年7月13日 (月) 23時18分

マーちゃん。こんばんは。
こちらはまだ梅雨明けしていませんが、今日は32度まで上昇しました。雨降りのほうが、私は涼しいので好きです。でもそうなると外出できませんね。ツーリングも。
自転車のツーリングではどうなんでしょうか。小さいバックミラーがあるかもしれません。昔のヨーロッパの戦闘機には小さなミラーがついていました。F1レースカーにも小さいのが付いていますね。私は自転車用のヘルメットに疑問を感じます。あの形で頭を保護できるのでしょうか。足をそろえて乗るバイクではヤマハのバッソルがありましたね。ベスパも流行りましたね。懐かしい。今、大型二輪でもスクーターがありますが、私はあのタイプは苦手です。

投稿: スタンリー | 2009年7月14日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/30530888

この記事へのトラックバック一覧です: 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その1:

« 刑事 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その2 »