« 「こんにちは」旅客機 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その1 »

刑事

 刑事 刑事
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

洋画メモ、NO,71、NHKBS

1959年、イタリア、スタンダード、白黒、118分

監督- ピエトロ・ジェルミ

出演- ピエトロ・ジェルミ、クラウディア・カルディナーレ

--------------------------------------------

出だしの歌が印象にある。どこかで聞いた歌、名曲。

「アモーレ、アモーレ、アモーレ」という始めのメロディーは、黒沢年男が歌った「たまには娼婦のように・・・」のモチーフに似ている。

画質が素晴らしい。最近の映画のよう。50年前のイタリアの風俗に目を奪われる。それは撮影・構図がいいためでもある。

ジェルミの映画を観るのは「鉄道員」から2作目だが、早口のイタリア語がなじめず、映画に集中できなかったので、なんとも批評しがたい。また観直したい。

イタリア映画は基本的にセリフの録音はアフレコであるということを、トリュフォー作品「アメリカの夜」のエピソードで知ったが、この映画は、特にセリフの声がスタジオのマイク録音であることがよく分かる。

それは、多人数の会話シーンが多い映画なのだが、その人の立ち位置の違いによる声の強弱がまったくと言っていいほど無く、みんな一定の平坦な音声に聴こえ、会話に立体感が無いからである。

つまり、何人かの役者さんが部屋の隅にいても、カメラの近くにいても、前を向いても、後ろを向いて喋っても、みんな同じ音圧なんである。

ここに集中できない違和感の一因がある。

私は全シーンがアフレコなのはどうもなじめない。せめて室内では同時録音が好ましいと思う。撮影時に役者やスタッフに、セリフ運びや録音に失敗できないという緊張感が発生するが、そういうことも、いい映画を作る要因になると思う。

あの当時のサングラスがどうも好きじゃないなー。トニー谷がつけていたようなやつ。

|

« 「こんにちは」旅客機 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その1 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

BSで放送されていましたね。てっきりフランス映画だと思ってパスしたのですが、イタリア映画でしたか。録画すれば良かった・・・です。昔のイタリア映画は好きなんです。(詳しくはないですけれど)
以前、フェリーニの『道』を取り上げた拙記事へのコメントで、スタンリーさんがアンソニー・クインの声はアフレコでは?とおっしゃっていたのを思いだしました。イタリア映画の特長のひとつなのですね。

投稿: マーちゃん | 2009年7月 7日 (火) 21時30分

マーちゃん。ふたたび、オコンバンハ。
サイザンス。イタリア映画です。BSはまたシャーシャーとした顔で何度も再放送しますから、いつかごらんください。ほんとうにイタリア映画の匂いがプンプンしている映画です。サスペンスですが、笑えるシーンもあります。「道」の出演者は仰るとおり全部アフレコだと思います。クインのしゃべるイタリア語は本人のようですが、ベースハートはイタリア人の吹き替えだと思います。実際の本人はもっと低い声です。

投稿: スタンリー | 2009年7月 7日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/30449572

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事:

« 「こんにちは」旅客機 | トップページ | 楢峠から飛騨市・宮川町「うつぼ」へ、その1 »