« あにいもうと | トップページ | ニュー・シネマ・パラダイス »

ETC1000円・高速道ドライブ記

東海・北陸 ひとりで泊まれるやすらぎの宿 Book 東海・北陸 ひとりで泊まれるやすらぎの宿

著者:レブン
販売元:メイツ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

拙ブログの記事が300本になった。 始めてからほぼ2年、まあ、よくショーモナイ記事を書いてきたものだ。過去の記事を再読すると、語彙のなさ、文法間違いで顔が赤くなる。 原稿料をもらっているわけではないので、相変わらず無責任でやっているし、これからもそうだと思うが。ただし明らかな間違いは直しております。

ということで、なんの関連もないが、300本記念ということで、本日長距離ドライブを敢行した。 休日のETC・高速料金が、どこまで行っても1000円だということなので、料金所の掲示板で「1000円」とディスプレイされるのが見たくて実験してみた。

ただし、目的地がない。 どこかで出て、観光し、同じ道を引き返すのではなく、繋がっている道を選び、ぐるっと廻ってきて、再び同じ料金所に帰ってくる方法。

ただ、走るのみ。なんという酔狂。 つまり、通行料金は、1000円しか使わないというわけ。

--------------------------------------------

・ 本日2009年4月12日、午前10時、我が土田舎の東海北陸道・飛騨清見ICに入る。郡上八幡まで時速90キロ走行。以後100キロ。一部、対面交通なので怖い。居眠り運転が突っ込んできたら一巻の終わり。その対向車線の高山・白川村・富山方面は凄い交通量。ただし渋滞なし。

・ 午前10時50分、関SAで一服、タダのお茶を飲む。フロントガラスの虫の激突した跡を掃除する。混んでいない。普通。

・ 午前11時30分、一宮JCTより名神高速に入り大阪方面へ。 養老SAまでは混雑、時速80キロ。関が原に合戦の幟が立ててある。腹がへっているが、ここのSAは込むのでパスする。

・ 午後0時、米原JCTより北陸自動車道へ。 すいている。 100キロ走行。ほとんどの車が抜いていく。 恐らく130キロくらい出している。 STUPID。 車は100キロ超えてから空気抵抗が一段と増し、燃料をガブ飲みする。危険性も増す。運転ストレスも増す。取り締まりに合う確立も増す。どうせどこかのSAで休み、時間を費やす。 結局、移動時間はたいして変わらないのにリスクの多い行為。 日本人の大半は高速道に入ると頭が悪くなる。

高速道を得意がってスポーツ車でメッチャ飛ばすヤツもSTUPID。高速道でスピートを出すには、なんらドライブテクニックは必要ない。 日産GT-Rを使い、アクセルペタルを踏み続ければ、70の婆ちゃんでも300キロ出せる。(リミッターが外してあれば)

・ 長浜を過ぎ、琵琶湖の横を北上する。ここからは初めての道、湖は全く見えぬ。結構トンネル多し。

・ 午後2時30分、磯の香りがしてくる。ようやく日本海の見える尼御前SAでメシ。ここは石川県か。てんぷらソバ定食945円。時間がずれているためか混んでいない。普通。

・ 午後3時30分、金沢を通過し、富山県に入る。観光バスが追い越していく。最近はバスも結構飛ばす。小矢部・砺波JCTより東海北陸道へ南下。もう自分の庭。

・ 午後4時ごろ、城端SAで一服。広大なエリア。ソフトクリーム300円。自販機コーヒー200円。フリークライミングの施設がある。

・ 午後4時30分、白川村通過、全長10.7キロのトンネルに入る。時速80キロ、全国で2番目に長いトンネル。 トンネルを出ると300メートルばかで、また長いトンネルに入る。そういうトンネルと隙間がいくつもあり、いっそのこと、空いている部分も土で盛って繋げてしまえば日本一のトンネルになるのに。

・ 午後5時、飛騨清見ICに戻った。全長約500キロ、休息時間をぬいて、約6時間の走行であった。たいして疲れなし。

-----------------------------------------

ということで、一筆書き走行が無事完了した。

高速道を一度も出ず、再び、入ったのと同じ料金所に来ることは、ひょっとしてETCのシステムにエラーが発生し、ゲートが開かないのではと心配したが、その通りになった。

係員にカードを渡し、しばし別の場所で待たされた。こういうことは特別割引が効かず、全行程の通常料金を請求されたらどうしようと危惧したが、戻ってきた係員は1000円でよいという。ほっとした。 

・ 距離: 498キロ(自動車道内)

・ 燃費: 12.25キロ/リッター、 一般道の最良燃費は18キロ。

・ 燃料代: 約4500円

・ 飲み食い: 約1500円

・ 通行料: 1000円

ただ、料金1000円という表示が見たいがために、高速道を一日かけてひとりで走り、貴重な資源をムダ使いし、CO2を撒き散らすという、こういうバカけた酔狂をしでかす私こそ、日本人の中で一番STUPID。しかも、結局、表示は見られなかった。

追記: 酔狂というのは飲酒運転という意味ではありません。同じルートの周回走行で、掲示板が0円になったというトラブルがあったそうです。

|

« あにいもうと | トップページ | ニュー・シネマ・パラダイス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

300本、おめでとうございますsun
スタンリーさんの文章は味わいがあって素敵ですよ~。

ETC割を利用されたのですね!500キロを1000円で6時間走った知恵と体力に万歳scissors相当、お得なドライブでしたね。ニュースでは料金所の1000円表示を見ましたが、私はまだ経験なし・・・です。
渋滞を懸念して休日の高速利用は避けていました。混雑していても80キロで走れるのでしたら、そこそこ良い流れなのではないでしょうか・・・。修理に出している車が戻ってくれば、私も1000円表示を拝みたいなぁ(笑)。
私の家からだと東名高速が便利なのですが、名神ぐらい混んでいそうな気がします。関ヶ原や琵琶湖付近は古戦場が多いので行ってみたいなぁ。世界遺産の白川郷も見たいし・・・・。きっと大型連休に入れば大混雑するのでしょうね。

私は運転が下手なので高速では車間距離を十分にとりつつ、左車線をチンタラ走っています。その私が10年くらい前、一般車道を30キロオーバーで走り一発免停になったことがあります(汗)。私はSTUPIDです。

投稿: マーちんゃ | 2009年4月13日 (月) 00時54分

マーちゃん。おはようございます。
お言葉ありがとうございます。私は特に何年記念とか何回記念という趣味はないのですが、何とか続けてこられました。改めて感謝いたします。

ETCの取り付け車は今後も増えていきますので、ひょっとしたら今のうちが走りやすいかも知れません。意外と普通に流れています。でもGWは大混雑でしょうね。休日に高速道下の一般国道を走ると、メッチャすいておりました。ドライブは国道が穴場です。
東名では名古屋手前が混んでいますね。あのあたりは車間距離も取らず走行していて、怖いところです。 車間距離は時間にして2秒間が原則ですね。日本人はこれができないのです。

30キロオーバーですか。私は一昨年46キロで同じく赤キップくらいました。罰金8万円でした。トホホ。前科者であります。
車が早く直ってくるといいですね。私も新車が欲しいです。

投稿: スタンリー | 2009年4月13日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/29089199

この記事へのトラックバック一覧です: ETC1000円・高速道ドライブ記:

« あにいもうと | トップページ | ニュー・シネマ・パラダイス »