« 日本海大海戦・海ゆかば | トップページ | L change the WorLd »

決戦の大空へ

決戦の大空へ [DVD] DVD 決戦の大空へ [DVD]

販売元:東宝
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦画メモ、NO,39、DVDレンタル

1943年、東宝、スタンダード、白黒、91分

監督- 渡辺邦男、 脚本- 八住利雄、 撮影- 河原喜久三

音楽- 伊藤昇

出演- ・・・・ 私の知っている人のみ ・・・ 

原節子、 高田稔、 英百合子、 清水将夫、 進藤英太郎、 河野秋武

・予科練習生の一員として、木村功が出演している、セリフもある。当時二十歳だがこの時代の彼が「七人の侍」の勝四郎を演じればベストキャストだろう。

・予科練習生のリーダー的ひとりは、「銀嶺の果て」で強盗団を推理する山男として出演している。なんという俳優さんか分からぬ。

-------------------------------------------

あの当時のプロパガンダ映画の常として、俳優・スタッフのクレジットが一切ない。 フィルムがもったいないということなのであろう。「撃ちてし止まん」の標語がデカデカと出て始まる。

内容は、まったく予科練はいいとこですよ、みなさん入りましょうという海軍省のコマーシャル。

画質・音質はフィルムの保存状態が良かったためか、戦後の東宝映画よりよっぽど良い。 映画のオープニングタイトルは「決戦の大空へ」と左から右へと読み、戦後の読み方と同じで、「へ空大の戦決」ではなく意外だった。これはどういうことだろうか。

戦後間もない頃、ラジオ番組のアナウンサー(NHK)が「夜のタンゴ」という曲名を「ゴンタの夜」と紹介してしまったというエピソードがある。 権太が夜這いでもする曲になってしまった。

魚雷を抱えて空母に突っ込んだ航空兵の犠牲精神、攻撃精神、滅私殉国を讃えるシーンあり。 しかしベテランの航空兵を育てるのにどれだけの費用と期間がかかるか、その一人の戦死がその後の航空兵力としてどれほどの損失であるか、もう昭和18年の海軍さんは分かっちゃいない。

原節子の家にピアノがあった。あの当時は家一軒買えるシロモノではなかったか、「ぜいたくは敵だ」ではなく「ぜいたくは素敵だ」である。 ピアノというものは金属だらけだが、当時、国へ金属供出はされなかったものだろうか。

原節子はピアノが弾けないとみえて「若鷲の唄」の伴奏シーンでは弾いているところを写さなかった。 黒澤の「我が青春に悔いなし」では「展覧会の絵」の弾き真似を披露してくれたものだが。

高田稔さんが練習生の班長として出番が多い。凛々しい軍人の似合う人だ。 彼は戦後、出世して、宇宙人の侵略を阻止する地球防衛軍の司令官や、怪獣邀撃作戦の自衛隊指揮官となった。

ほとんどの空撮映像はヒコーキファン垂涎のものだが、一部カットに円谷英二のミニチュア映像がある。 ただしスタジオ然としていて質が悪い。

東宝「ハワイ・マレー沖海戦」もそうだが、同じ時期に製作されたアメリカ映画「東京上空30秒」と比較すれば特撮には雲泥の差がある。

|

« 日本海大海戦・海ゆかば | トップページ | L change the WorLd »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

戦争真っ只中に作られた映画なのですね。
予科練の「若鷹の歌」は「日本のいちばん長い日」でも使われていましたが、こちらが本家本元なのでしょうね。当時、飛行機乗りは少年たちのあこがれだったと思います。終戦まじかになると、未熟なパイロットたちが特攻隊として飛び立っていきますね。この映画が作られた時にすでに「魚雷を抱えて空母に突っ込んだ航空兵の犠牲精神」が賛美されているとは・・・・。登場する飛行機は3人乗りですか?

投稿: マーちゃん | 2009年1月29日 (木) 11時19分

マーちゃん。こんばんは。
予科練の唄、そうでした。そうでした。
「日本の一番長い日」では伊等雄之助さんが飛行機を見送っているときにみんな歌っていましたね。
この唄は「決戦の大空へ」で当時大ヒットしたということです。
陸軍は「加藤隼航空隊」の唄がヒットしていますね。やっぱりライバル意識ですかね。
「ハワイ・マレー沖海戦」でも舞台の土浦の兵舎が撮影に使われていたようです。食事のシーンの撮影は全く同じなのです。班長に河野秋武さんがいますが両方に出演しています。姉妹編なのですね。原節子さんも同じ出演です。
この頃はまだ神風特攻隊はなかったですよね。しだいに兵隊を消耗品として扱うようになっていきます。
出てくる飛行機は練習機ですので前後タンデムの二人乗り複葉機です。海軍なので水上艇でありました。
天気晴朗なれど浪高し。一二○八ニイタカヤマノボレ。

投稿: スタンリー | 2009年1月29日 (木) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/27552891

この記事へのトラックバック一覧です: 決戦の大空へ:

« 日本海大海戦・海ゆかば | トップページ | L change the WorLd »