« 決戦の大空へ | トップページ | 上海陸戦隊 »

L change the WorLd

L change the WorLd complete set[DVD3枚組] DVD L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦画メモ、NO,40、DVDレンタル

2008年、ワーナー配給、128分

監督- 中田秀夫

主演- 松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、鶴見真辰吾、南原清隆

高嶋政伸、藤村俊二

--------------------------------------------

Lファン、松山ケンイチ・ファンの為の映画。

今回はエルは走ったり、飛んだり、子供と接触したりする。これもファンへのサービス。

人物の説明が子役から犯人組織まで、みんな不十分。 ワタリの配下であるらしい工藤夕貴の動機と行動もよく分からぬ。 あのウィリスで人類を粛清させるというが、別の博士が、エルのヒントがあったとはいえ、借り物の研究室で、あっという間に抗ウィルス剤を作ってしまった。 もろい計画、もろい脚本だといえる。

福田(娘)がいつの間にか居なくなり、工藤の前に現れる。 復讐するためと分かるが、子供が大人に、面と向って刃物を振りかざし殺傷できるだろうか。

結局、これはどういうことなのか、次はどうなるか、次はどうなるかとダラダラと映画を観続けても十分納得いかず、いつのまにやら終わっていた。

航空ファンとしてまた笑ってしまう描写があった。

747ジャンボを犯人はエンジンスタートのスイッチ一つを入れ、いきなりパワーレバーを動かして移動させる。

実際のエンジン始動は、そんな自動車のエンジンキーを捻るように簡単ではない。 一番右端の第4エンジンからひとつひとつスタートさせていかなければならない。 そしてすべてのエンジンがアイドル回転するにはけっこう時間がかかる。それにパーキングブレーキをリリースしなければ動かない。

こんなことは航空ファンでなくとも、空港のブリッジで見送りした経験のある人ならみんな知っている。 ごまかしてはいけない。それとも最初からエンジンがかかっていたのだろうか。グランドスタッフが機体の下に居るというのに。

松山ケンイチへのインタビューからは、どうも私には、彼はエルの役はもうコリゴリという感じを受ける。

ユーチューブでアメリカのファンが、この映画の前作をアメリカ映画でリメークしたらどの俳優をキャスティングさせるかというお遊びの画面があった。

そこで、エルやライト、ミサ役にした若手俳優は私はサッパリ知らぬが、八神総一郎はゲーリー・オールドマンかリーアム・ニーソン。・・・となっていて私の想像と全く一致していて笑った。

  

|

« 決戦の大空へ | トップページ | 上海陸戦隊 »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

DVDをレンタルされたのですか?つい先日、TV放送があったばかりですが・・・。TV版だとCMが入ったり、カットされる部分があるからですか?
私はTVで最初の方だけ観ていたのですが、だんだんとストーリーについていけなくなって、PCのアルバム整理をしながら、チラチラとテレビ画面を見ていました。派手なシーンで始まったので面白そうな予感はしたのですが。
>人物の説明が子役から犯人組織まで、みんな不十分。
そうですかぁ、やっぱり(笑)。私の頭が固くて理解できないのかと思っていました。

投稿: マーちゃん | 2009年1月31日 (土) 21時25分

マーちゃん、こんばんは。
そうなんです。テレビで放送しましたがやっぱりCMがうざくてレンタル借りて観ました。
再び考えてみればなぜ、タイの村で感染がはじまったのでしょうか。その説明があったかどうだったか忘れました。笑
仰るとおり、アメリカ映画みたいに派手なシーンなんですがね。
中田監督は東大出の頭脳派監督ですが、どうも今回は空回りしています。と言っても彼の映画は「リング2」しか観ていなかったのですが。
予算もタイロケで使いすぎ。もっとエルの頭脳シーンを観たかったですね。
私は頭が悪いので、ちゃんと細かく説明してくれないと先に進まないんです。あの男の子も訳わからないですね。

投稿: スタンリー | 2009年1月31日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/27634199

この記事へのトラックバック一覧です: L change the WorLd:

« 決戦の大空へ | トップページ | 上海陸戦隊 »