« トイ・ストーリー2 | トップページ | 633爆撃隊 »

深く静かに潜航せよ

深く静かに潜航せよ [DVD] DVD 深く静かに潜航せよ [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特撮メモ、NO,24、DVD、レンタル

1958年、MGM、スタンダード、白黒、93分、画質良

原題- Run Silent Run Deep.

監督- ロバート・ワイズ、 撮影- ラッセル・ハーマン

音楽- フランツ・ワックスマン、 特撮- ハワード・ライデッカー

出演- クラーク・ゲーブル、バート・ランカスター、ジャック・ウォーデン

-----------------------------------------

特撮マンのハワード・ライデッカーという名前を知ったのはアーウィン・アレン作品からであり、1960年代後半からの「原子力潜水艦シービュー号」や「宇宙族ロビンソン」などで、L.B・アボットと共に特撮に係っているということを中学生時代に何かの資料で憶えた。

この人の詳しい資料が見つからないが、ワイヤーワークが得意らしい。得に水中におけるミニチュアの操演、例えば魚雷の走行などは彼によるものだろう。

さて、この映画、潜水艦の実写映像はもちろんあるが、バトルシーン、水中シーンはすべてミニチュアワークである。

これがまた見事につきる。ミニチュアはかなり小さく、2メートル前後のものであるが、例によってアメリカのミニチュア特撮のハイスピード撮影が適切で、すべてのカットは恐らく5倍ほどの高速度撮影で、大変、実際のスケール感がともない迫力がある。

また魚雷攻撃による船の爆破のパイロが素晴らしく、炎と煙と飛び散る破片の演出は私の観た映画の中では「トラ・トラ・トラ」に匹敵するかそれ以上だ。

日本の輸送船が爆破されるミニチュアのクローズアップが特に見事だが、駆逐艦の後方を進む輸送船のカットは、白波の演出がなされていて、それはなにか洗剤の細かい泡のようなものだった。水の表現というのは特撮マンにとって悩みの種なのだが、このシーンは特撮ファンでなければ実写だと思うだろう。すばらしい効果をあげている。

追記: 再度見直しての分析では、輸送船と駆逐艦の爆発カットでのミニチュアは5メートルから10メートルくらいのラージスケールのものが使われている。

海上における魚雷の軌跡の演出には、ドライアイスかエアの入ったボックスをワイヤーで引っ張っているように見えた。

カメラアングルは海上スレスレであり、潜望鏡目線である。大変実写感をともなう。これが飛行機目線になるとミニチュア感が出てしまう。日本の特撮がよくやる間違いのひとつである。

海上のバックの空はカキワリであり、プールを使っているが恐らく東宝のプールより大きく奥行き感がある。あるいは撮影がいいので大きく感じるのかもしれない。船の煙突の煙がなびく演出も良い。

カキワリの空の絵はうまいと思う。いつも感じるのだが、日本の映画、特に東宝のカキワリバックやマット画の絵があまりにもお粗末なので。

水中撮影における爆雷の炸裂がいつも変わらず迫力がある。あの爆雷はどうなっているのだろうか。大きさは単一乾電池くらいのものだろうが、中に水と反応すると爆発するナトリウムでも入っているのだろうか。

いつも思うのだが、どうして1940年代からの今日までのアメリカのミニチュア特撮はあんなにウマイのだろうか。

当時の円谷英二はこれらの映画を観てどう思っていたか知りたいものだが、恐らく、ハイスピート撮影のために、潤沢にフィルムが使用できるアメリカの撮影環境には羨望していたかもしれない。

映画の中身はゲーブル艦長が、かって攻撃され沈められた、宿敵の日本の駆逐艦を「白鯨」のごとく追いかける話。 展開にメリハリがなく物足りない。

東洋人が何人か出演していて、例のようにおかしな日本語をしゃべっているが、日本の潜水艦の艦長だけがしっかりした日本語で演技もうまかった。

劇中聴こえるモールス符号はいったい何だったのだろうか。

|

« トイ・ストーリー2 | トップページ | 633爆撃隊 »

特撮メモ」カテゴリの記事

コメント

これ、DVDを持っていますよ~。とても50年前に作られたと思えない映画です!私なんて、全部、実写だと思ってました(笑)。水中で爆雷が炸裂するシーンさえも・・・・。花火のような、原爆のキノコ雲のような、不思議な映像ですよね。あと、飛行機からの爆弾が、艦すれすれに落下してくるシーンも迫力がありますね。今まではこうした映画は「ほぉ~」と驚くだけで深読みせずに観ていたのですが、スタンリーさんの解説のおかげで、カラクリがわかるようになり、楽しみ方が増えました。

投稿: マーちゃん | 2008年12月18日 (木) 21時07分

マーちゃん。こんばんは。
おお。DVDもってらっしゃいますか。さすが。
ワンコインと違ってMGMなので画質がよかったですね。

水中の爆発は面白いですね。バンと気泡が膨らんですぐ閉じます。水上ではこれがボンと少し盛り上がり、その後ザバーンと水が跳ねますね。
飛行機から爆弾2個落ちてきますが、これが特撮なのか実写なのか判断が迷います。私はほぼ実写と思っています。
そうですか、全部実写と見えましたか。
特撮マンはその言葉がうれしいんです。

投稿: スタンリー | 2008年12月18日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/26282182

この記事へのトラックバック一覧です: 深く静かに潜航せよ:

« トイ・ストーリー2 | トップページ | 633爆撃隊 »