« 深く静かに潜航せよ | トップページ | 仁義なき戦い・代理戦争 »

633爆撃隊

633爆撃隊 [DVD] DVD 633爆撃隊 [DVD]

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特撮メモ、NO,25、DVDレンタル

1964年、MGMイングランド、シネスコサイズ、カラー、95分

原題- 633 Squadron.    squadronとは大隊、飛行隊のこと。

監督- ウォルター・グローマン、 撮影- エドワード・スケイフ

音楽- ロン・グッドウィン、 特撮- トム・ハワード

出演- クリフ・ロバートソン、 ジョージ・チャキリス、 マリア・ペルシー

----------------------------------------

トム・ハワードというイギリスの特撮マンは「2001年宇宙の旅」にクレジットされている。 やはりミニチュア特撮のスペシャリストであろう。詳しくはわからない。

この映画もイギリスのモスキート爆撃機の実写映像が見られて、ヒコーキファンにはうれしい。あの飛行機は機体のほとんどが木製というのがファンの間では有名である。

大変軽快な飛行機で、映画の中では295ノットの速度を出しているが、時速にすれば530キロというところだ。これはゼロ戦21型の最大速度に近い。

話の内容はフィクションではなかろうか。爆弾10発で岩盤を崩し、ドイツ軍燃料工場を破壊するというもの。 狭いフィヨルドを低空飛行して目標を攻撃するというのは「スターウォーズ」のデススター破壊攻撃の原型かもしれない。 またこの手のフライトシュミレーションゲームがたくさんある。

その攻撃シーンは実写もあるが、飛行模擬訓練と実際の攻撃シーンはミニチュア特撮が使われている。

ミニチュア飛行機はワイヤーワークによるが、岩山につけられたバッテン印に爆弾を命中させる模擬訓練は実写映像と見間違えるほどだ。2秒程度の飛行機がターンする僅かなカットなのでボロが出ていない。 うまいシーンである。

フィヨルドの飛行シーンと岩盤の攻撃シーンではハイスピート撮影されておらず、爆弾が破裂したり、モスキートが自爆するカットはチョコマカしていてミニチュア然としている。スピード感をねらったものだろうが、まるで円谷特撮のようであっけなく、オモチャ然だ。

ただしどのミニチュア撮影のシーンもオープンで撮影されていて、太陽光による撮影が実写に近い効果をあげ、それをカバーしている

岩盤が崩れ、工場が破壊されるシーンはちゃんとハイスピード撮影。 ミニチュアが小さいがまずまずの映像。

こうしてふりかえると、全体的に円谷特撮に近い。ただ円谷特撮ではこういうシーンでもオープンでなくスタジオでやってしまうので、人工照明がミニチュアモデルに反射して質感をプラモデルのようにさせてしまう。

やっぱりミニチュア特撮は、昼のシーンにおいては、出来る限りオープンで自然光で撮影するに限る。 露出がやっかいかもしれないが。

この映画、脚本がすべて不完全燃焼の気がする。ジョージ・チャキリス卒いる対空放火破壊メンバーが、なぜドイツ軍の待ち伏せ攻撃を受けたのかが全く説明がなされていない。

「大脱走」でマックイーンと組んだアイリッシュのちっさいオッサンが出演している。やっぱり英語がなまっている。 日本だと由利徹だろうか。

テーマ音楽がすばらしい。 

どこかで聞いた有名なテーマ。

|

« 深く静かに潜航せよ | トップページ | 仁義なき戦い・代理戦争 »

特撮メモ」カテゴリの記事

コメント

とっても興味をそそられるタイトルです。爆撃隊ですか・・・。爆撃シーンは多いですか?
木製飛行機だと軽いけれど強度が弱いので、スピードが出ないようなイメージがありますが、295ノットの速度とは凄いですね!たしか第一次世界大戦の時の複葉機は木製ですよね??翼も金属じゃなかった?ような・・・・。モスキート爆撃機は第一次世界大戦で使用していたものを改良した飛行機でしょうか?もしかしたら、私、トンチンカンな質問しているかも(汗)。

投稿: マーちゃん | 2008年12月20日 (土) 19時32分

マーちゃん。こんばんは。
このイギリスの633爆撃隊は実際にありました。
機体を木製にしたのはイギリスの家具製造産業を維持するためでもあったそうです。
このモスキートは現代でも通用するデザインですね。カッコイイです。第一次大戦のものよりずっと近代的です。
双発のヒコーキです。
スピードは600キロ以上出たようです。高性能ですね。
でもやっばり燃えやすいでしょうね。
映画では炎上シーンがたくさんありました。
爆撃シーンの特撮は短いですね。

投稿: スタンリー | 2008年12月20日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/26325313

この記事へのトラックバック一覧です: 633爆撃隊:

« 深く静かに潜航せよ | トップページ | 仁義なき戦い・代理戦争 »