« 「ゴッドファーザー」のイメージ音楽 | トップページ | スティング »

ニューヨーク証券取引所の不可解

誰が為に鐘は鳴る DVD 誰が為に鐘は鳴る

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

株価が大暴落しているが、以前から不思議に思っていることがある。

それはニューヨーク証券取引所での、あの大引けでの鐘を鳴らす儀式である。

あのオペラの桟敷席みたいなテラスで、数人の育ちのよさそうな人々が、正面のカメラ目線で相対し、その中の代表が鐘をカンカンと鳴らしている風景をニュースで散々見せ付けられる。

たぶんあの連中は取引所の職員ではなく、招待されたゲストなんであろうが、彼ら彼女らを見ていると、どうも不可解だ。そして不愉快だ

それは平均株価が暴落してもニコニコと笑っているからである。

ムチャクチャ大暴落しても、みんなオメデタイ、記念写真ヅラしてカメラ目線で笑っていやがる。

「笑っている場合ではないでしょうが!!!」、あんたがた。!!!

気の毒そうな顔で、鐘鳴らしなさいしないさいってーの。

ヤンキーの証券マンさんも、あれを見てよく我慢できるものだ。

|

« 「ゴッドファーザー」のイメージ音楽 | トップページ | スティング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

画像が「誰が為に鐘は鳴る」なんですね。株価が大変なことになっていますが、おめでたく鐘を鳴らしている人もいるのですね。私は1株も持っていないので、実感がないのですけれど、いずれは実態経済に影響が出てくるでしょうね。
よくわからないのですが、今が底値だとしたら、買い時なのでしょうか?皆が売ろうとするから株価が下がる・・・という単純な仕組みではないのでしょうね。

投稿: マーちゃん | 2008年10月10日 (金) 22時16分

マーちゃん。おはようございます。
株はそうですね。落ち着いてから買ったほうがいいですね。
私は現在持っていません。先週からいやな予感がしたので、
売り逃げしました。来週が底値となるでしょう。買い時になります。
あの笑って鐘を鳴らしている人は経済のことが全く分からない人なんだと思います。
ただ、カメラに写るのが嬉しいという人たちでしょう。
株は心理学です。仰るとおり群集心理ですね。
狼狽売りと言う言葉があります。人間の悲しき性ですね。

投稿: スタンリー | 2008年10月11日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/24412890

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク証券取引所の不可解:

« 「ゴッドファーザー」のイメージ音楽 | トップページ | スティング »