« 蜘蛛女 | トップページ | 「ベストハウス」の嫌な音 »

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ DVD 風の谷のナウシカ

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本テレビは簡単に視聴率がとれるためだろうか、ジブリ作品を毎年繰り返し放映している。

しかも「さあ、お待ちかねの宮崎作品ですよ」という、まるで初めて放送するかのように、前宣伝では感じてしまうのだが、少なくとも新聞のテレビ欄には再放送の(再)をつけるべきだ。

いまさら、と言ったら失礼だが、ジブリ作品はわざわざテレビの前に集合して見るまでもなく、レンタル屋に何十巻と並んでいて、200円くらいの出費で好きな時にCM無しの、しかももっと鮮明な映像が観られる。

それにどの家庭でも、宮崎作品のアニメはとっくの昔に録画して保存してあるだろう。 民放の安直な番組編成に疑問を感じる。

さて、今回の「風の谷のナウシカ」の視聴率はどのくらいだったのだろうか。フライデーナイトに再びテレビの前に鎮座し、もう古典となったこのアニメを、コマーシャルを我慢しながら観た奇特な方は何人いたのだろうか。

実は私がそうだった。

特にこの作品は宮崎作品の中でも、好きなものではなかったのだが、テレビ画面にしては、あまりにもデジタルリマスターされた映像と色がすばらしかったので、つい終わりまで見てしまった。

この映画は「スターウォーズ」のように、長大なストーリーの一エピソードらしいのだが、私は詳しいことは知らない。個人的には、あの化け物のキョシンヘイが世界を破壊していた時代の話も知りたいものだ。

私の好きな魅力的なシーンはやはり、腐海の描写で、月並みな表現ではSFにおけるセンス・オブ・ワンダーと言える。 雲海の下での立体的な構造、しかももう一つ下界があるという二段構造。 そこを大型の昆虫が縦横に飛んだり、フワフワ浮いている描写は、宮崎演出の「落っこちそうな」感覚と相まって、いつもゾクゾクしてしまう。

その中でも、腐海に不時着した少年に、ワラジムシのでかいようなヤツの大群が飛びかかって襲うところ。 

その少年を、ナウシカがジェットグライダー(名前を忘れた)で救出し、巨大空飛ぶムカデに襲われるところがもっとも好きなシーンである。

ちなみに私はムカデが大嫌いで、空港にある、コンテナをたくさん牽引して走っている車両を見ただけで、ムカデを想像しゾッとするくらいだ。

まだまだ魅力的なシーンがある。戦車のメカ、そのキャタピラの動き。

ナウシカのジェットグライダーの排気口からの飛行機雲・・・排気口の少し後ろから湧き出して発生している。

「未来少年コナン」で登場したギガントに似た巨体飛行物体の描写と、その不時着シーン。夜間飛行時の光のシルエット・・・「未知との遭遇」のマザーシップを思わせる。

キョシンヘイの塊の描写、不完全で出現したドロドロの体形・・・あのドロドロのすばらしいアニメートは「もののけ姫」や「千と千尋」でもお馴染み。

声優の家弓氏が吹き替えている軍人参謀のなげやりな態度。

きりがない。まだいっぱいある。でもこのへんで終わり。

逆に恥ずかしいシーン。

それは宮崎アニメに登場する少女たちがよく行うアクション、両腕を水平に伸ばし、手を垂直に立てるしぐさで、旅客機の主翼の先端についているウィングレットのようなカッコウをするのが私にはハズカシイ。

・・・これはドクタースランプ・アラレちゃんのアクションでもあるが、アラレちゃんがやるにはカワイイのだが、可憐な少女が、あえて可憐なしぐさをするのは見ていてハズカシイ。

目しいのオババの演技・セリフもオーバーアクションぎみで、少しハズカシカッタ。

一つ気が付いたこと。

ユーチューブで観ることができる英語版では、ユパの声をTV「スタートレック・TNG」でピカード艦長を演じたパトリック・スチュアートが吹き替えている。

そのピカードの日本語吹き替えをしたのは声優の麦人氏だが、「風の谷のナウシカ」ではベジテ市長の声を担当している。 そのベジテ市長の英語版吹き替えは、「スターウォーズ」のルーク、マーク・ハミルが担当している。

英語版での「ナウシカ」の発音は「ナゥセェカ」と聞こえた。

最後に前々からズーッと気になっていたこと。

誰か教えてくださらぬか。ナウシカのワンピースの下は、何もはいていないのだろうか。

|

« 蜘蛛女 | トップページ | 「ベストハウス」の嫌な音 »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

ドキッ、私も奇特なひとりです(笑)。宮崎作品は日本テレビ以外では観たことがありません。これって、日本テレビの思うツボでしょうね。wowowでは放送されていないのかも・・・?レンタルは返さなければいけないというプレッシャーに押しつぶされそうになるので、利用出来ない体質なのです。日テレを頼りにしています(汗)。
で、昨日の放送を見て思ったことは、ナウシカはミニスカートで飛行機に乗っていたでしょ?あれがね~、とっても不自然な感じがしました(笑)。でも可愛いから許すとしましょう。

投稿: マーちゃん | 2008年6月 7日 (土) 23時32分

マーちゃん。こんばんは。
あーそうですか。ごらんになりましたか。
私はベットでひじ掛け頭で観ました。腕が疲れました。笑
レンタルはそうですね。よく返却を忘れて、何万円もの超過金を取られる悪夢を見ます。sweat01
ナウシカの飛行姿はカワイク、カッコいいですが、体が冷えませんかね。
風の谷の住人はみんな防寒ずきんをかぶっていますよね。
あそこは寒いはずですがノーパンとは。笑

投稿: スタンリー | 2008年6月 8日 (日) 00時00分

ユーチューブでも見られるんだ、へぇ。
吹き替えの件、面白かったです、いろんな繋がりがあるんですね。
ワンピースの下?穿いてない筈ないでしょ(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年6月 8日 (日) 00時10分

ナウシカ私もちらっと見ましたよ〜!たまたまチャンネル変えたらやっていて、そんなつもりじゃなかったのに、ついつい最後まで見てしまう。
見た事あっても、見てしまう。そこが宮崎アニメの凄さと強さなんでしょうかねえ、、、。日本人の心を、ぐっとつかんでる何かがあるのかな〜っていつも感心しちゃいます。

実は私も宮崎アニメ、英語吹き替え版が好きですっ。翻訳も声も、毎度毎度よく出来てるな〜と更に感心。ゲド戦記も賛否両論でしたが、私は良かったと思いました!(息子さんの作品ですが)今年の作品も映画館でみたいですね。

しばらく忙しくて映画をみる時間がとれなかったけど、最近復活して、いろいろみるようになりました。映画ってやっぱりいいですね〜〜。自分が感想を書くのは好きじゃないんだけど、皆さんの論評を読むのが大好きっ。またお邪魔しますね〜〜。いろいろ書いて下さいね。

今夜はいやにぐったりしてると思ったら、日本バレーを応援し、続いて全仏オープンテニスのANAちゃんを応援し、自分がやってる訳でもないのに力入り過ぎ、、、。やっぱ映画とかの方がみた後楽ですね、、、。

また遊びに来ま〜す!!

投稿: ソフィー | 2008年6月 8日 (日) 01時34分

パルさん。おはようございます。
ユーチューブでは、全編通しで載せると問題があるようで、
10分くらいに分割してあります。一度ごらんください。
「となりのトトロ」の英語版ではダコタ・ファニングの姉妹がさつきとメイを吹き替えています。これもユーチューブで見られます。

ナウシカはなにか穿いているはずですが、アイマイにしてありますね。殿方には気になるのです。笑い

投稿: スタンリー | 2008年6月 8日 (日) 07時47分

ソフィーさん。おはようございます。
そうなんですね。宮崎作品は何度もみているのですが、必ずお気に入りのシーンがあるので、ついつい観てしまいます。
私は「カリオストロ」と「ラピュタ」は特にそうです。
英語吹き替え版は音楽も少し違っていておもしろいですね。
海賊版ではひどい翻訳もありますが。
「ゲド」は観ていませんが、話題になっているのでぜひ観たいですね。
バレーボールは見逃してしまいました。仰るとおり、後が疲れますので。笑

投稿: スタンリー | 2008年6月 8日 (日) 07時55分

大きな声では言えないのですが、宮崎さんの監督作品は
実は一度も観た事が無いという、非国民・国賊・売国奴です。苦笑
宮崎さん関わられた作品は、「長靴をはいた猫」や「パンダコパンダ」など
大好きでしたので、絶対好きなはずなのですが、昔、「トトロ」で
寝てしまった苦い過去があり、それ以来縁遠くなっております。
今度トラウマを払拭するためにも挑戦します!punch

投稿: ぱんだうさぎ | 2008年6月10日 (火) 21時22分

ぱんだうさぎさん。こんばんは。
私も映画では、超有名であるばかりに、反発してあえて観ていない作品がたくさんあります。
「風と共に去りぬ」、「カサブランカ」、等〃。
宮崎関連では実は「ハイジ」は全く一回も見ていません。
当時、高校生のときで、ヒゲをはやした男子高校生ヤローの観るものではない、と自認していたからです。笑
「コナン」のときも裏の「ぴったしカンカン」を当時観ていました。
再放送で面白さを知りました。

投稿: スタンリー | 2008年6月10日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/21482046

この記事へのトラックバック一覧です: 風の谷のナウシカ:

» Star Trek 2.0 [Digital Life Everyday :デジタルライフ・エブリデイ]
2008年6月21日(土)23時 おかだだれだです。2007年は何でも2.0がついていた。。。。。そして、Star Trek 2.0 G4TV かぁ その昔やっていた、ZDnet や TechTV のその後ですな。http://www.g4tv.com/ [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 01時54分

« 蜘蛛女 | トップページ | 「ベストハウス」の嫌な音 »