« 「へんな体験記」のなぞ | トップページ | 皇帝円舞曲 »

買ったレコード

スパイ大作戦 シーズン2(日本語完全版) DVD スパイ大作戦 シーズン2(日本語完全版)

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2007/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供のころ、家に電蓄があったのだが、自分でレコードを買うようになったのは小学校6年生からだ。

記憶の限り記してみると・・・・

★最初に買ったものは「スパイ大作戦」。 大平透さんによる、「なお、このテープは自動的に消滅する」という例のナレーションが最初に入っていて、あのテーマが流れる。レコードの演奏はテレビで流れるものと少し違っていて、オーケストレーションが凝っていた。B面は「筋書きはこうだ」という曲で、番組中に流れる音楽、バーニーが現場で作業しているときなどに聞こえる曲だった。

昭和45年当時のドーナツ盤の値段は大体、450円くらいだった。

★その次は「走れコータロー」を買った。競馬中継のセリフが面白くて。でも覚えられなかった。B面がいい曲だったのだが、思い出せない。

★同じころ、「マンダム・男の世界」を買う。ジェリー・ウォレスの歌だが大ヒットしていた。ジャケットの写真はチャールズ・ブロンソンがアメリカの荒野に佇んでいるものだった。B面は「彼女の誇り」という、これもいい曲だった。

それから中学校にかけて順次記すると。

★「白い恋人たち」、フランシス・レイのあの曲。三拍子とハモンドオルガンが素敵だった。札幌オリンピックの影響でラジオなどに流れていて気に入ったのだろう。B面が記憶にない。

★「飛び出せ青春」のテーマ、青い三角定規の歌。最近、再結成の話がありましたが、なにかモメごとがあったみたいですね。これのB面も記憶にない。いい歌だったと思う。

★「出発の歌」、上条恒彦の歌でこれも当時ヒットていた。上条は「木枯らし紋次郎」のテーマで有名になり、続いてこのヒットとなった。これのB面もいい歌だった。が、記憶にない。

★映画「続・夜の大捜査線」のテーマ。映画は観ていないけど、この曲の出だしのカッコイイこと。

★「黒いジャガー」、これも結構ヒットしていた。エレキの奏法。「クォッ・クォッ・クォッケ・ケケケ」というのが面白くて。アーティストは誰だったっけなー。映画音楽なんですが。

--- アイザック・ヘイズ、「黒いジャガー」(「シャフト」) ---

http://jp.youtube.com/watch?v=tZzBrxj-Gjo

★シカゴの「クエスチョンズ・67,68」。これも大ヒットしていた。シカゴはこの後もいい曲を連作していた。今は彼らもエレーじいちゃんでしょうな。

★初めてアルバイトして買ったのが、初めてのLPで、「クインシー・ジョーンズ」のアルバム。テレビ「アイアンサイド」のテーマが入っているヤツ。このアルバムの中の2曲が後に、テレビ「ウィーク・エンダー」に使われていた。

「ドッタラッツ・ラッター・・・新聞によりますと」が「アイアンサイド」で、番組のエンディングの曲は「WHAT‘S GOING ON」だっただろうか。この歌もいいね。

と。以上。忘れないうちにメモしておいた。レコードはどこかにあると思う。

当時ヒットしていたものではカーペンターズやミッシェル・ポルナレフなどもあったが、さらにレコードを買う余裕がなかった。ラジオ放送で我慢していた。

クラッシックはショパンやモーツァルトを聞き始めていたが、たいていの作曲家のレコードは家にあったので買うこともなかった。

|

« 「へんな体験記」のなぞ | トップページ | 皇帝円舞曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
電蓄ってプレイヤーのことですよね?レトロな響きですねぇ。
スタンリーさんが挙げてらっしゃる曲、全て懐かしいです。
我が家に電蓄が来たのも、私が小学生の時でした。
使い方がわからなくて、皆で頭を抱えた記憶があります。
ドーナツ版をかける時に使うアレ(名前がわかりません)のことを
針入れだと思い込んでいて・・・・
ポルナレフ、いましたねぇ。30年ぶりに名前を聞きましたよー(笑)

投稿: マーちゃん | 2008年6月29日 (日) 10時38分

マーちゃん。いつもありがとうございます。
昔のプレーヤーは真空管を使っていたので、電蓄という表現がピッタリだと思います。結構いい音していましたね。16回転や78回転のスイッチもあって、いたずらしましね。
ドーナツ盤にとりつけるアレ、なんていうんでしょうか。アダプター?。笑
ポルナレフの「シェリーに口づけ」はコマーシャルでしょっちゅうやっていますね。クールな歌ですね。
カーペンターズの歌は、「イエスタディワンスモア」など今聞くとジーンときちゃいます。

投稿: スタンリー | 2008年6月29日 (日) 11時43分

懐かしい曲のオンパレードですね。
スパイ大作戦、これは当時ハラハラしながら見てました。
皆個性的な配役で「ミッション・イン・ポッシブル」はあれに比べると痛快さが足りない気がしました。

投稿: バルおばさん | 2008年6月29日 (日) 20時26分

パルさん。こんばんは。
スパイ大作戦はあの当時一番好きな番組でした。
何曜日だったか忘れましたが、始まる夜9時が待ち遠しくて。
仰るとおり、メンバーの役柄がはっきりして、メリハリがありました。
MIFはトム・クルーズだけが活躍していましたからね。
シカケもハイテクすぎてついていけませんでした。
トンネルの中をヘリコプターがTGVを追いかけるなんてアリエネー。

投稿: スタンリー | 2008年6月29日 (日) 21時08分

「マンダム・男の世界」は私にとっても必修アイテム(笑)でした。
どれも懐かしいですね~。
私が、最初に自分で買ったのはなんでしたか。。。
千賀かほるサンの「真夜中のギター」だったか。。
それとも「キャプテンウルトラ」の主題歌だったか。。
キャプテンウルトラと言うとみんなに笑われますが、
冨田勲氏の血湧き肉踊るこのテーマ曲は好きでした。。^^
この役以外はほとんど悪役のキャプテンもカッコよかったです。

投稿: ぱんだうさぎ | 2008年6月29日 (日) 23時26分

パンダうさぎさん。おはようございます。
「男の世界」はぱんださんの宝物でしょうね。
このレコードはけっこう値段が上がっているのではないでしょうか。
富田さんの「キャプテンウルトラ」も印象に残っていますね。
オープニングのトランペットがいいですね
あの当時の番組の音楽は富田さんが結構活躍していますね。
「今日の料理」の包丁をまな板に叩く擬音の曲とか、「新日本紀行」のズンコンカンコン・ズゴズコのリズムの曲なんかも。
「ジャングル大帝」の曲も最初のトランペットがいいな。
あ 「真夜中のギター」も今聞くとジーンときます。

投稿: スタンリー | 2008年6月30日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/21950675

この記事へのトラックバック一覧です: 買ったレコード:

« 「へんな体験記」のなぞ | トップページ | 皇帝円舞曲 »