« 少年忍者風のフジ丸 | トップページ | 「素晴らしき日曜日」のナゾ »

好きなCM・「スズキパレット」

スズキ・パレットのホームページ

http://www.suzuki.co.jp/dom4/senden/index.htm

------------------------------------------

視聴者のテレビコマーシャルの好感度ナンバー1・2に、トミー・リー・ジョーンズのBOSSとソフトバンクのホワイト犬編が選ばれたそうですが、私の好きなコマーシャルはスズキ・バレットのチャップリン編です。

なぜ好きかというと、チャップリン演ずる人物(映画の中での彼の役名はなんだったか記憶にない)を観ると心理的に落ち着くからです。

彼は少なくともスクリーン上では、絶対悪い人ではない。

しかし、トミー・リー・ジョーンズの宇宙人は地球人を調査しに来ているのだが、ひょっとして侵略の準備をしているかもしれない。イイヤツという保障はないのです。

またソフトバンクのワンちゃんも、以前は星一徹の声、加藤精三氏が吹き替えていて、あの声で、犬なんぞにガンコ親父の声で怒鳴られているのは、あまりいい気分ではなかったですね。

だからやっぱりチャップリンのほうが安心なのです。

それにしても日本ほどチャップリンを愛している国はないのではないか。これはひとえに淀川長治さんの名解説の影響だと思います。 淀川さん本人が、およそ日本人に嫌われていないということもあり、結局、彼の話術によりチャップリンにも好感をもってしまうのです。淀川さんに洗脳されているのです。

しかし、彼は外国では結構嫌われているところもあるのではないでしょうか。また、あの押し売りのペーソスがイヤだという人は日本人にもいるかもしれません。プライベートでは女性関係など、ちょっとエキセントリックな人だったので。

とはいえ、あのスズギのコマーシャルは一番好きです。

でも、またチャップリンをコマーシャルに引っ張り出してきたと、逆に不快に感ずる方もいるでしょうね。

あのCMの音楽は、「そりすべり」や「トランペット吹きの休日」、「タイプライター」のルロイ・アンダーソンで、弦楽器をつかったライトでリズムカルな曲は明るいですね、しかもノイジーではありません。音量も控えめに感じます。

それに、このCMは、その高感度のベスト20にも入っておらず、ヘソ曲がりのアマノジャクである私は、ますます気に入っているのです。

反対に嫌いなコマーシャルというと、某結婚式場のCMで、「ただ・ただ大好き抱きしめたい」と歌を繰り返し、エレキをぞんざいにジャンジャンと弾いている女性のもので、画面の構図も不安定で、下手な歌を繰り返すことが耳障りでウルサク、大変私のカンに障ります。 

このコマーシャルだけは、いつもリモコンのミュートのボタンを押してしまいます。

・・・ただし、中部地方のみのCMかもしれません。

|

« 少年忍者風のフジ丸 | トップページ | 「素晴らしき日曜日」のナゾ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「スズキパレット」のCMは安心して見ていられますね。
これが高感度のベスト20に入っていないのは意外です。
チャップリン嫌いが外国で多いのは、社会風刺をあざといと感じる人がいるからでしょうね。(私は淀川さんに洗脳されたので好きです)
トミー・リー・ジョーンズのCMが1位ですか。エイリアンね(笑)
結婚式場は、もしかしたら中部限定かもしれませんね。
私はキンチョー「コックローチ」のシリーズが好きです。

投稿: マーちゃん | 2008年5月26日 (月) 10時50分

ちょっとご無沙汰です。皆さん良くご存知でびっくりします。私はどこの会社か商品か忘れましたが学芸会で息子(幼稚園かな?)が懸命に羽を振って踊っているのを父親が感極まって何だったかなオスカーものだとか感激しているシーン。まあ率直な話、親バカはろくなのいませんが。逆に最悪なのが有名男優女優使って「雑踏の中を歩きながら」携帯で話すソフトバンク。公共マナーがどうじゃらこうじゃら言いながらアン・モラル。そもそも歩きながら話さなければならないほど日本は好景気ではないよ(笑)。
そう言えば「2001年宇宙の旅」製作??周年記念と称して東京・築地にある東劇で来月2?日から始まりますよ。上映方式は知りませんが。詳しくは松竹のホームページをご覧になって下さい。マニアがいるから連日満員の可能性は大ですね。

投稿: ロンリー・マン | 2008年5月26日 (月) 12時37分

マーちゃん。こんばんは。
キンチョーのCMはユニークですね。私も好きです。
さっき、ちょうど「がんばりやー、カノカッチャン」の加藤嘉さんが出演しているシーンを思い出していたところです。
チャップリンの映画は私も不快に感ずるところは無いですね。アメリカでは昔、映画スタジオでも煙たがられたみたいですが。
「モダンタイムズ」なんかは、当時のフォードの会社などは怒ったでしょうね。
結婚式場のCMはこちら限定のようですね。

投稿: スタンリー | 2008年5月26日 (月) 19時18分

ロンリー・マンさん。こんばんは。
ああ ハンディーカメラのCMですね。あれも楽しいですね。
ビデオカメラは学芸会か運動会か入学式くらいにしか使いませんね。笑
携帯のCMはステディカムの追っかけ撮影がおもしろいですが、日本人には似合わないですね。
「2001」が上映されますか。するとフィルムの上映方法がどうなっているか興味深々ですね。70ミリは今の映画館では不可能ということですし、シネラマもできませんね。
今の映画はDVD用にハイビジョンサイズなので、そのサイズに合わせてあるのでしょうか。

投稿: スタンリー | 2008年5月26日 (月) 19時28分

はじめまして!!パレットのCMについて検索していたら、こちらにたどり着きました。実は私もパレットのCMが大好き!チャップリンも映画も好きではありますが、だからという訳ではなく、最近の車のCMは、タレントor海外の絶景or普通の家族系ばかり、、。そんなところに非常にシンプルではありますが、メッセージやコンセプトが分かりやすく、何より、耳につかないPOPな音楽と、可愛らしいキャラクターの動きに惚れました。是非是非続編に期待しつつ、テレビCM、これからも楽しみたいと思います!またお邪魔しますね〜〜。

投稿: ソフィー | 2008年5月31日 (土) 16時29分

ソフィーさん。ようこそ。
このコマーシャルがお好きとのこと、同じ気持ちの方がいて、ほっとします。
最近の車のCMは仰るとおりですね。昔のホンダのCMにはなかなかいいものがありましたが。
パレットのCMはほんとうにシンプルでわかりやすいですね。
音楽もリズムカルでストリングの音がクールです。
放浪の紳士チャップリンがパレットを寝ぐらにしそうで、彼のスリムで身軽な感じが車のイメージにぴったりです。
稚拙なプログですがこれかもおいでください。

投稿: スタンリー | 2008年5月31日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/21169013

この記事へのトラックバック一覧です: 好きなCM・「スズキパレット」:

« 少年忍者風のフジ丸 | トップページ | 「素晴らしき日曜日」のナゾ »